「未分類」カテゴリーアーカイブ

シナスタジア

はじめまして、Learning stage所属講師の小柳美恵子です。

 

前々回、音には色があるというお話がありましたが、世の中にはシナスタジア(共感覚)という感覚を持っている人がいるそうです。シナスタジアというのは、ある刺激に対して、通常の感覚だけでなく、異なる種類の感覚が無意識に引き起こされる、特殊な知覚現象のことです。シナスタジアを持つ人は、文字や音に色を感じたり、形に味を感じるようです。「黄色い声」などの比喩表現とは違って、本当にそこにあるように感じるのだそうです。作曲家リストは、オーケストラに「そこはもっと青色を強く」という指示を出していたという記録が残っています。

 

昨年シンガポール・アート・ミュージアムで開かれていたSENSORIUM360°展では、香りを音楽で表現した作品が展示されていました。Goldie Pobladorというフィリピン生まれの女性アーティストによる、臭覚と聴覚が引き起こす感情や記憶をテーマにした作品です。私達はある音楽を聞いて、特定の人や場所を思い出したりすることがありますが、それと同じように、ある香りから思い出がよみがえったりすることもあるものです。これはシナスタジアではなく普通の感覚ですが、ある音楽を聞くことによって匂いを感じる人がいるそうで、このアーティストもそういうシナスタジアを持っているのか、数種類の香りを曲にして発表していました。

 

その作品に出会ってから、いろんなシナスタジアを持った人がいることを知りました。例えば、「クラシック音楽を聞くとチーズの匂いがする」、「遮断機の音は炎天下に放置された車内の匂い」とか、「自転車の急ブレーキの音はゴーヤの味がする」「足音は甘い味」←こちらは匂いではなく味ですね。いろいろ検索していたら、シナスタジアを持つ人が作品として表現した画像を見つけました。ラフマニノフ作曲”ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18より第一楽章Moderato”を聴いているときに感じる色とのことです。音楽を聴いて目の前に勝手に色が現れるって素敵ですね。シナスタジアを持つ人にまだ直に出会ったことはありませんが、直接お話を伺ってみたいものです。

 

 

ピアノの鍵盤が97鍵!!??

今回も楽器トピックスです。
”ピアノの鍵盤は全部でいくつでしょう?”
ご存知の方も多いと思いますが、そうです、”88鍵”です。
でも88鍵より多い鍵盤があるピアノも少数であるものの存在します。

im1CA390016

ベーゼンドルファー社のいわゆる”ベーゼンドルファー・インペリアル”と呼ばれるこのコンサートグランドピアノは88鍵盤の通常のピアノよりも低いほうに9個多く存在し、写真のように白鍵が黒く塗られています。
もちろんちゃんと音が出る鍵盤ですが、ではこの余分な(失礼!)鍵盤を使用して弾く楽曲はあるのか、そのような曲をかいた作曲家はいるのか?だとしたらどんな曲??

実はこの鍵盤は弾くための鍵盤ではないのです。
長い弦をさらに張ることで他の音が振え、より豊かな響きが得られるように作られたものだそうです。

黒く塗られているのは”ここから先は弾いちゃだめよ~、触っちゃだめよ~”と余分な鍵盤さんが親切に仰ってくれているということか?(笑)
それでも鍵盤が多い分普通のピアノサイズとも異なっていますし、紛らわしいのは間違いないです。

その訳は私のちょっと苦い経験から・・・

このインペリアルはコンサート会場でも滅多にみられない珍しいタイプのグランドピアノですが、なぜか大阪の某区民ホールにありました。
以前この会場を使って生徒さんの発表会を開催した時に、ある生徒が弾き始めの位置に戸惑ってしまい、1オクターブ下の鍵盤から弾き始めて最後までそのまま弾いてしまいました。

なんだかいつもより”低い”曲になってしまい、お客様も若干”???”と気づかれていました。
リハーサルの時間がとれなくぶっつけ本番でこのピアノ、かわいそうなことをしましたね、だいぶ前の話ですが今でも某区民センターにはこのインペリアルが置いてあるのだろうか?と少し気になっています。

もし弾く機会があったら必ず弾き始めの位置を確認、座る位置も調整して・・・と思いつつその件以来実際にインペリアルはみたこともありません。お値段も相当なものですから。(なのでなぜ区民ホールにあったのか、今でも謎です・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せの黄色いピアノ

はじめまして、Learning Stage所属講師の内田明日香です。
よろしくお願い致します。

さて、皆さんは”ピアノの色”といえばまずほとんど最初に”黒”を思い浮かべるのではないでしょうか。
その次は茶系、ワインレッドなど、あとご家庭には少ないかもしれませんが、レストランやホテルなどではよく白いピアノを見かけます。

それらのほかにちょっとめずらしい色のピアノを紹介しましょう。

Ye

1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災から今年で20年。
当時大阪に住んでいた私も早朝の激しい揺れと、余震におびえる恐怖は今でも覚えており、それよりも何よりも甚大な被害があった神戸のことを知り、ショックでした。

その震災の被災者や病気の人を励ますことを目的に作った市民団体が資金を募り、特注で作ったのがこの”幸せの黄色いピアノ”
兵庫県芦屋市の病院に始まりいくつかの病院にも寄贈され、この楽器を使った院内コンサートが今でもずっと開催されています。

病院に行くということは様々な事情をかかえ暗い気持ちになることもありますが、この鮮やかな黄色のピアノをみて心が温かくなって、そしてピアノの美しい音”色”を聞いて前向きに元気になられた方も多いようですよ。

IMG_0209
あと番外編?!

この真っ赤なピアノ、徳島県のリゾートホテル”ルネッサンスリゾート鳴門”へ数年前に旅行で行った際にロビーで発見!

少し弾かせてもらいましたが、良い音が出ていましたよ。実は外見のインパクトだけで音はどうなのか・・・・と最初は疑っていたのです(笑)

自宅に置いてあると仰々しいでしょうが、ホール等で黒い衣装を着て弾いてみると結構カッコいいのでは?!
と個人的には思いました。

音にも”色”があります。
ピアノは様々な”色”を表現できる素敵な楽器ですよ。

 

 

 

 

 

ホームページを公開しました

新年明けましておめでとうございます。
2015年の幕開けと同時にLearning stage もスタート致しました。
生徒さん、講師の方々双方に音楽を楽しく学ぶStageをご提供させて頂きたいと心から願い、頑張っていきます。

Learning Stageスタートに際し、ご協力を頂いた方々に、深くお礼を申し上げます。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

須永菜穂子