シンプルな絵本ほど大人へのメッセージ性が強い

毎年アメリカで最も優れた絵本として表彰されるコールデコット賞を1969年に受賞して以来、その後も数回にわたりコールデコットのオナー賞(次点)を受賞しているユリ・シュルヴィッツ。

そのコールデコット・オナー賞の受賞作である SNOW という絵本。

日本でも『ゆき』というタイトルで出版されていますが、さくまゆみこ氏の翻訳がとっても良いです(^^

シンプルなストーリーで文字も少ないけれど、使用している語彙は、敢えて小さな子どもレベルに落としていない。

そんな絵本が、英語の絵本には多いような気がしますが、だからこそ大人が読んでも面白いのでしょうね。

この作品も、そんな絵本です。

ユリ・シュルヴィッツは、絵本の真髄とも言える「少ない言葉で深い世界観を語る」ことを貫いている絵本をたくさん生み出しています。

最近の絵本作家さんは、言葉を無駄に多く使用しているところが残念に思うことがあります。

絵が力強かったり、誰が見ても素敵な絵だったりして、絵の技術やセンスで魅了してくれるのですが、「ことば」よりもむしろ「絵」を専門としている絵本作家が多いからか、絵の中ですでに多くのことを語っているので、どちらかというと言葉は敢えて少ないくらいの方がバランスが良い。

言葉を厳選しているからこそ、シンプルでも奥の深い世界を表現できるのですね。

この絵本を最近、ある生徒さんと一緒に読んだのですが、読み終わってその子が一言。

「大人は間違ってたね」

そうなのです。

この絵本に登場する大人は、子どもの言うことに耳をかさず、「そんなわけない」「こっちが正しい」と主張しますが、最終的には子どもの思いが実現します。

ユリ・シュルヴィッツの絵本は、メッセージ性の高いものが多く、大人にも、とても深いメッセージを投げかけているように思えます。

時には周りに迎合せず、自分を信じる力、自分を肯定する大切さ。

大人も自分自身の中に存在する「小さな子ども」が伝えてきてくれることに耳を傾けていきたいですね。

良い絵本は、大人の心にも響くものです。

様々な意味で分断された世界を生きる現代の私たち。

狭い感情に囚われず、物事を俯瞰して見る力を養い、

何事にも揺らがず、自分の軸をしっかり持ち続けることが

少々、困難な今の時代だからこそ、

深く響くメッセージ*

絵本のロングセラー、現代のベストセラー

日本語と英語の絵本を比較していて思うことなのですが、英語の絵本業界においては、新たな新人作家がどんどん評価されていき、次々と新刊を出版する機会に恵まれます。

一方、日本語の絵本は、書店の絵本コーナーを見ていると一目瞭然ですが、昔ながらのロングセラーが圧倒的な割合を占めます。

日本のお父さんやお母さんは総じて、ご自身が子どもの頃に読んだ絵本をお子さんに与える傾向がありませんか?

書店もその方が売れるから、そういう戦略に徹するのでしょうね。

日本の場合、ロングセラーと新書の割合は、大体8:2が普通だと聞いたことがあります。

最近は、若いお父さんやお母さんも食の大切さを気にかけ、お子さんに与える食材やその安全性に目を向け、食育が盛んですが、それと同等に、お子さんに与える絵本もそこまで意識してみませんか?

当たり前とされている価値観を少し疑ってみるくらいの、ある種の冒険心がある方が絵本選びも楽しいですね。

大胆に聞こえるかもしれませんが、昔からのロングセラーは、今の時代の価値観に果たしてどれだけ沿っているのでしょうか?

もちろんロングセラーと呼ばれる作品は、ロングセラーに値するだけの価値があるからこそ長く売れるのでしょう。

しかし消費者の意識が変わってこそ、新人作家の発掘も活発になり、新しい新鮮な作風やテーマが生まれるのでは?

その点、海外で年々、出版される絵本はそういう意味では、とても循環が良いなぁと感じます。

本屋さんの選書を見ていても、昔ながらのロングセラー以上に近年新たに出版された作品の数々が売り場面積を占めます。

例えば、日本語にも翻訳されているものの中でも、マーカス・フィスターの代表作「にじいろのさかな」や、コールデコット・オナー賞の受賞作イアン・ファルコナーの「オリビア」、実力派絵本作家ピーター・レイノルズの「てん」などは、日本人にも広く馴染みのある作品だと思います。

どれも日本でいう、いわば、かがくいひろしの「だるまさん」シリーズに匹敵するような人気ですね。

上に挙げた絵本は、すべて谷川俊太郎氏が日本語に翻訳しており、これも決して偶然ではありませんね。

日本の絵本界の巨匠、谷川俊太郎が、翻訳を通して日本人にも英語絵本の魅力を紹介する幅広い活動は実に素晴らしい。

絵本のロングセラーに敬意を払いつつも、

日本の絵本業界でも、英語の絵本市場と同様、新たな風を吹き込む

次世代のかがくいジュニアの活躍を大いに応援していきたいですね(^^♪

YouTube 読み聞かせは誰のため?

先日、ブログ記事のために調べものをしていた最中、ある英語絵本の、とある読み聞かせ動画に、たまたま遭遇しました。

まず、読み聞かせとして、絵本を丸々一冊、内容を全て紹介してしまうのは、著作権に触れるのではないか?という素朴な疑問が湧いてくるのですが、この手の動画数の多さには驚きました(^▽^;)

しかし、それ以上にショックだったのが、

あぁ~~~(・・;)

この読み聞かせでは、この絵本の良さは全く伝わらない~~~(´_`。)

と感じてしまったこと(゚ー゚;

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

同時に、昔、ある生徒さんのお母さんと交わした会話を思い出しました。

10数年も前の話ですが、米サンディエゴに住んでいた頃、小さな英語教室を自宅で開いていました。

英語の読み聞かせも毎回行っていましたが、当時、通ってくれていた生徒さんの中に、お母さんは日本人、お父さんはアメリカ人、という男の子がいました。

お父さんはアメリカ人なので、当然、家で読み聞かせはできるだろうと思っていた私ですが、

お母さんが「でも、全然上手じゃないんです(><;)」と話していたのが、とても印象的だったのです。

英語ができるのに、上手に読み聞かせができない、なんてことがあるのだろうか?!と実は、当時、不思議に思ったものです。

すっかり忘れていたことでしたが、先日、とてもがっかりな(ノ_-。)読み聞かせ動画を目の当たりにして、その会話が蘇ってきました。

だいぶ前の出来事ですが、10数年経った今、それを振り返って改めて思うことは、それまで私の周りには、読み聞かせがとても上手な先生たちが集まっていたのだなぁという新たな発見(‐^▽^‐)

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

昔の思い出と共に、英語ができる=読み聞かせが上手、では決してない!!という衝撃の事実を今更ながら、YouTube を通して今回、痛感してしまいました。

そもそも大人はなぜ読み聞かせをするのでしょう?

子どもにその絵本の良さを伝えるためではないでしょうか?

となれば、その良さが伝わらないようでは、もはや子どものための読み聞かせどころか、大人の自己満足に終始してしまっているのでは非常に残念です(><;)

子どもが主役であるはずなのに、それこそ本末転倒ですね(_ _。)

お父さんお母さんの中には、英語での読み聞かせは難しいため、YouTube も含め、市販の音声教材に頼った読み聞かせを行っている方もいらっしゃるかもしれません。

そうであれば、せめてご自分の感覚に響く読み聞かせを厳選してほしいと思います。

作者がその作品に込めた想いが汲み取れる読み聞かせを、是非意識してみてほしいですね☆

なぜ、その作品に繰り返し出てくる表現があるのか?

韻を踏む文章は、大げさなくらい強調して読んでみるとか、

とてもシンプルなことですが、絵本好きであれば、英語力の有無に関わらず、心に響く箇所が子どもにも是非、伝わるようにv(^-^)v

手軽さでYouTube 読み聞かせを利用しているのであれば、一度それを見直し、その絵本の魅力を伝えられる読み聞かせをどのようにご自身でもできるか、少し工夫してみる、という努力も価値がありそうです(^O^)

フェイクニュースに惑わされないよう、発信元も確認しつつ情報をしっかり「読む」力が求められる時。

絵本の読み聞かせも手軽さで選んでしまうのと、自分が心から良いと思える読み聞かせ法で子どもに絵本の魅力を伝えるのとでは、子どもに最終的に伝わるものが必然的に変わってくると思いませんか?

情報過多の時代、手当たり次第に与えるのではなく、ご自身の感覚を軸に子どもに与えるものを厳選してみるのも、今の時代だからこそ、大きな意味を持つのかもしれません★

意味を伴ってこその英語力☆

子どもは、大人と比べ、耳で覚えた英語をすぐにアウトプットできることがあります。

なので、耳で聞いた英語の歌を、簡単に歌えるようになる子もいます。

それを聞いて、お父さんお母さんは大喜びでしょう。

でも、ここで要注意なのは、大抵の場合、意味を伴っていないこともある、ということ。

上手に歌えているようでも、意味を理解していないのは、長期的に考えるとリスクです。

これが積み重なり、徐々に蓄積されると、後々、大きな困難に直面することになりかねません。

一見、流暢に話せるようだけど、実は内容を伴っていない、というようなことですね。

矛盾するようですが、表面上は話せると思われるので、問題が発覚しにくい、という難しい側面があります。

たかがお歌ですが、されどお歌♪

では、耳で聞いてすぐに英語を覚えてしまう子に意味をしっかり教えるって、どうしたら?と思われた方もいらっしゃると思います(・・;)

そこでお勧めなのは、英語の歌を子どもに教える際、ただ音を聞かせるだけではなく、絵本と組み合わせてみることですv(^-^)v

Old MadDonald Had a Farm by Gris Grimly

この絵本は、Old MacDonald Had a Farm の歌詞が一冊の本にまとまっています。

つまり、歌を知らない人は、一冊の絵本として読んで終わり、かもしれませんが、

この一冊で、歌詞の内容を絵で確認することで、子どもがこの歌を歌えるようになる頃には、どういう内容の歌なのか、子どもなりに理解して歌っていることになりますねo(〃^▽^〃)o

The Itsy Bitsy Spider by Iza Trapani

こちらのThe Itsy Bitsy Spider の歌には、waterspout という「雨どい」という言葉が出てきます。

多分、耳で覚えただけでは、子どもはwaterspout の意味も分からないでしょうし、その言葉自体、知らないので、waterspout を適切に発音できることも多分、ありません。

でも、お話を読むと、絵がヒントとなり、歌詞と絵がつながります。

こうして理解力と共に、語彙を増やしていけると良いですね。

意味をきちんと理解した上で、言葉を使わないと、言葉だけが一人歩きし、しかも意味を伴わないので、そこから更に広がりも見せません。

Wheels on the Bus by Sylvie Wickstrom

Wheels on the Bus など、英語でお馴染みの歌が、絵本になっているものが、他にも幾つかありますので、歌と絵本をセットで使用されると、新たな単語も間違いなく定着していきます。

♪♪♪ 是非、試してみてください ♪♪♪

真の意味で、本物の英語力を身につけようと思ったら、

最初から、中身のある語学にこだわりたいですね☆

しっかり意味を伴ってこそ、語学力は生きてくるものです★

ドクター・スース

英語の絵本が、素直に、すんなりと、日本人にもその良さが伝わる時は良いのですが、なかなか最初からその良さが伝わりにくい絵本の中でも、Dr. Seuss(ドクター・スース) の絵本はダントツなのではないでしょうか?

正直、親も子どもも「おもしろい!」という状態に達するのに時間がかかる絵本だと思います。

一旦、面白いと思えるようになると、本当に面白いのですが。

これも、やはりディスコースが違うからなのです。

日本語と英語とでは、笑いのセンスが違う、と良く言いますが、これもディスコースの違いからくるものo(^-^)o

お子さんがインター校にしばらく在籍すると、ドクター・スースの類の本を楽しく読めるようになるのは、学校の使用言語である英語のディスコースに慣れてきた証です。

ディスコースを学ぶ

Dr. Seuss の絵本は、ページ数があるので、読み聞かせに適しているか?という問題がありますが、I Can Read It All By Myself – Beginner Books シリーズであれば、リーディングを一人で楽しめるようになった小さなお子さんが、少しずつ自分で読み進めるという楽しみ方は、とても有効です。

手始めに、Green Eggs and Ham は、特にお薦めです。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ドクター・スースの執筆は多岐にわたり、活動がとても幅広いです。

中には、子ども向けというよりも、メッセージ性が強くて、奥深い作品も多々あります。

アメリカでは、大学に進学する子や、これから就職して社会に出ようとしている若者にもよく贈られる本として、ドクター・スースの Oh, the Places You’ll Go! という絵本があります。

独特の絵で、様々な場面をユーモアたっぷりに描かれた、ドクター・スースの応援歌のよう♪

新しい世界に旅立つと、

楽しいこと、新鮮なことも沢山あるけど、

それだけではない。

楽しくない、大変なことも待ち受けている。

思わぬ状況に出くわすかもしれない。

心が折れそうになるかもしれない。スランプにだって陥る。

先が見えず、迷うことだって。

自信をなくして、独りぼっちになることも。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

でも大丈夫。君なら大丈夫。

向き合う勇気をもって。

そこから成長して新たな自分が見出せるかもしれない。

それは人生の新たな冒険。

辛くて暗い出来事も経験したからこそ、見えてくる景色もある☆

ここシンガポールでは、夏が移動の時期。

お別れや新たな出発の季節ですが、応援してあげたい

あの人に贈ってみてはいかがですか?

リーダーズで読み聞かせはNG

絵本というジャンルとよく混同されやすいのがリーダーズと呼ばれる本ですね。

なぜか区別されずに使用されすぎている感がありますが、使用目的が根本的に異なります。

リーダーズは、その名の通り、リーディングを目的に作られています。

子どもが一人で本を読めるようになるよう、語彙数やその難易度が、細かくレベル分けされています。

なので、内容よりも、語彙の選択や、時制などの文法項目が、むしろ重視されます。

そのため、ストーリー自体が無味乾燥になりがちだったり、子どもの興味をひくものよりも、子どもが順を追って読めるものに展開されているので、絵本のように、独特の面白さは見られません。

リーダーズを使用されるのであれば、リーダーズ本来の目的での使用をお勧めします。

リーダーズは大抵、巻末にレベルが明記されていたり、そのシリーズ全体のレベル別の作品が紹介されているものが多く、絵本と区別するのも容易でしょう。

絵本は、

純粋にストーリーを楽しみたい☆子どもの想像力を刺激したい★

感性豊かな作品に触れさせたい★想像力豊かに育ってほしい☆

というお父さんお母さんの思いを満たしてくれます♪

リーディング目的のリーダーズとは区別して使用していきたいですね。

英語の絵本読み聞かせのお悩み

以前、英語の読み聞かせに関するご質問を受けたことがあります。

お子さんが幼稚園から借りてくる英語の絵本を、家で読み聞かせてあげるのだが、ご本人はあまり上手に読めないことを気にされ、それでお子さんもお話をあまり良く理解していないのでは?と思ってしまい、どうするのが良いのか?というご相談でした。

多くの方が、同じようなお悩みをお持ちなのではないでしょうか?

まず、ここでご注目いただきたいのは、お母さんの「英語で読み聞かせたい」という思いに対して、お子さんも同じように思っているかどうか、という点です。

結局のところ、お父さんお母さんの英語力や英語に対する自信と、お子さんの英語力のバランスが、なによりも重要になってきます。

例えば、お子さんの英語力に関わらず、お母さんが英語に自信をお持ちであれば、親子で英語の絵本を楽しむことはできるので、何も問題はありませんね。

同じように、親は英語があまり得意ではないけれど、お子さんがまだ英語があまりできない時点では、双方があまり努力をしなくても、読み聞かせを楽しいものにすることはできるでしょう。

ただ、お子さんがローカル校やインター校に通い、英語がどんどん上達してくると、親子間で英語力に差がでてきてしまい、その場合、バランスを考慮する必要があります。

これは、読み聞かせに限ったことではなく、ご家庭での英語の使用量に関しても同じです。

私が専門とするバイリンガル教育は、意外と誤解されがちなのですが、何よりも母語を大事にする教育アプローチです。

子どもの第2言語の上達は、母語の基礎がどれだけしっかりしているかで比例します。

なので、お子さんがどんどん英語ができるようになり、お母さんの英語力が追いついていけなくなった時こそ、今度は日本語の読み聞かせに、是非、力を入れてほしいのです。

親が日本人同士のご家庭の場合、お子さんがどんなに英語ができるようになっても、それが母語になることはありません。

ということは、英語が上達すればするほど、今度はご家庭での母語教育が大切になってくるのです。

今せっかくシンガポールにいるので、頑張って英語で読み聞かせをしたい!というお気持ちは理解できますが、今シンガポールにいるからこそ、ご家庭での母語教育の重要性、そしてそれを与えられるのはお母さんであり、お父さんであることも心に留めておいて下さいね。

まさに、親が子どもに与えてあげられる大切なギフトなのです♪

【英語絵本ワークショップ】読み聞かせ以上の価値に目を向けて

英語の絵本の良さをお伝えしたい、英語の絵本をもっと身近に感じてほしい、という思いから、英語の絵本のワークショップを開催しました。

まず、ご紹介したのはGood Night, Gorilla (文・絵、共にPeggy Rathmann) 。

この絵本は、ストーリーはとてもシンプルで可愛らしいのですが、どのページにも、子どもの心を上手く引き付ける仕掛けが絵の隅々に見られ、著者の絵心が何とも素敵です。

いわゆる仕掛け絵本ではないのですが、子どもの好奇心がかきたてられる、そこが魅力の一冊です♪

絵本を子どもに読む大人は、どうしても文字の方に気を取られ、なかなか気付かないことも多く、お子さんに指摘されてはじめて気付いた!という点も多い、大人としても発見の大きい作品です。

是非お子さんと一緒に楽しんでみて下さい。

子どもの視点が大人と如何に違うか、驚かされます。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚

次に、Mrs. McNosh Hangs Up Her Wash (文Sarah Weeks / 絵Nadine Bernard Wetcott) をご紹介。

McNoshとWashをかけてるところから始まり、She hangs up the dresses… she hangs up the underwear… と次々に衣類を干していったかと思いきや、She gets a wrong number and hangs up the phoneという具合に、hang upの意味も拡大していき、何でもかんでもお洗濯物として干してしまうMrs. McNoshが最後に干してしまったものとは?!

良い絵本には、シンプルだけど、しっかりしたストーリーライン(日本語でいう起承転結ですね)や、子どもに訴える力のある絵など、文と絵の絶妙なバランスがあるわけですが(文章で語りすぎても良くないし、絵が主張しすぎても良くない)、そのたくさんある良い要素を「読み聞かせ」という形だけにこだわるがために、読み聞かせだけに終わってしまっている場合が多いように思いますが、その絵本の良さを子どもが内面化し、繰り返し絵本を自ら手に取る行為にこそ、読み聞かせの真の価値があるように思います。

子どもも、ただ読んでもらう、ということに終始せず、絵本の良さを引き出したアクティビティなどを通して、さらに絵本の内容を自分の中に取り込むという経験を通じて、想像力を膨らませ、豊かな感性が育まれていくのでしょう。

当日は、そういうことを意図して、参加者には、ワークに取り組んでもらいました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に、お父さんお母さんたちに読んでもらいたい一冊としてLeo the Late Bloomer (文Robert Kraus / 絵Jose Aruego) をご紹介しました。

遅咲きのレオ君のことが、心配で心配で仕方がないレオ君パパを横目に、どっしりと構え、でも優しく見守るレオ君ママの姿勢は見習いたいですね (*^o^*)

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚

ワークショップ終了後、「英語の絵本を選ぶ視点が変わった」という感想や、「もっと想像力豊かに子どもと接し、絵本を読んであげたい」という意見もあり、「読み聞かせというと、読んで「聞かせる」を中心に考えていたが、子どもたちと制作もして、より絵本を楽しみたい」という声が嬉しかったです。

また、1歳のお子さんをお持ちのお母さんから質問を受けましたが、「子どもがいつもページを先に進めてしまい、本をちゃんと最後まで読み終えることができないが、それでも良いのか?」ということでしたが、お子さんの年齢を考えると、今は、絵本を手に取ること自体に意味があります。

当日、その方がちょうどお持ちだった絵本は、触感が楽しめる、さわって楽しむ仕掛け絵本だったのですが、それでしたら、「お母さんが読む」よりも、「お子さんがさわる」ことに意味がありますので、五感をフルに活用して絵本を楽しむ、ということを何よりも大事にしたいですね☆

そして、「Readers(リーダーズ)と絵本 (Picture book) の違いが理解できた」というコメントもいただき、とても重要なのですが、これを語り始めるとちょっと長くなるので、これはまた別の機会に譲りますね(^∇^)