英語多読のコツ③ チャンクで語彙力を高めよう

チャンク (Chunk) という英語をご存知でしょうか?

辞書を引くと「大きなかたまり」という意味が出てきます。

単語を一つひとつ丁寧に意味を調べ、覚えていくのは、

語彙力を高めていく上で必要な作業ですが、

多読を目的とした読書の場合、または、分からない単語が多い場合、

幾つかの英単語を一つの意味のあるかたまりとして捉えるスキルは、

chunking チャンキング(チャンク化) learn in chunks チャンクで覚える

という方法で呼ばれます。

例えば、フェアリーシリーズの第3巻 Saffron the Yellow Fairy で具体的に見てみましょう。

“It’s a bee!” she gasped. “Run!” Kirsty cried.

………

“I wonder who lives here?” Kirsty panted.

………

Rachel and Kirsty looked at each other in dismay.

………

“Saffron, you have to come with us!” Rachel burst out.

………

Rachel shivered as something soft and cold brushed against her cheek.

青字の部分は、どのページにも必ず1回か2回は出てくるという類の単語ですが、

これをチャンキングしてみると、こんな感じです。

頻出単語をフィーリングで分けました。

上記の青字で示した単語は、右側のリストに多く当てはまる表現ですね。

意味を正確に把握するというよりも、その単語をイメージする力が、

チャンキングによって鍛えられます。

次に、こんなパッセージでは、

She reached into her pocket and took out her bag. It was glowing with a soft, silver light. When she opened it a cloud of glitter shot up into the air. Kirsty slipped her hand into the bag. “There’s something here.” She drew out a tiny, shining needle, threaded with a fine silk.

こんなチャンキングができます。

どれもキラキラというイメージを持つ単語ばかりですキラキラ

このように、チャンキングを有効に活用することによって、

言葉の持つイメージを意識しながら読書が進められるようになります。

 

広い視点から英語を見る。

是非、意識してみてくださいね。

英語多読のコツ②

英語多読の最初の難関は、語彙力をどう伸ばすか、ということだと思います。

語彙が不足していては、読書は持続できませんが、一字一句、意味をその都度、辞書で調べていては、全く先に進めず、もどかしい。

そのためには、語彙力を増やす努力も大事ですが、それにはコツも必要です。

語彙力強化につながるコツを上手に取り入れながら、リーディングを少しずつ進めていくと、1冊読み終えるのも、実はそんなに大変ではありません。

単語を覚えるコツが身につくと、語彙の推測力も上がり、英語で読む力や速さに直結していきます。

流れ星Homophones(同音異義語)

例えば、crowd(人混み)という単語が出てきた場合、たいていの子は、cloud(雲)を思い浮かべます。

この英単語は、厳密には、同音ではありませんが、カタカナにすると、どうしても同音に聞こえてしまい、混同してしまいがちです。

他にも、for/four, road/rode, two/too, week/weak, stair/stare, by/bye, right/write, meet/meat など、色々あります。

同音異義語は、どちらの単語も同時に覚えてしまうと一石二鳥ですピンク音符

流れ星Preffix/Suffix(接頭辞・接尾辞)

例えば、magic→magical, sand→sandy, excite→excitement, color→colorful, pain→painless などは、base word(語幹)+suffix(接尾辞)と覚えましょう。

特に-fulや-lessなどは、分かりやすいので、単語の推測にも役立ちます。

Preffix(接頭辞)も、意味が分かれば、語彙力向上に直結します。

DISagree, UNpleasant, REstart, MISunderstand, PREcook などは、preffix(接頭辞)+base word と理解できれば、推測力も向上します。

流れ星Compound words

基本的に、base wordが二つ組み合わさった単語です。

Cupcake, baseball, sailboatなどは、分かりやすいですが、少し長めの単語に直面すると、子どもは瞬間的に難しいと感じてしまうので、例えば、straightforwardという英単語は、分解して、straight+forwardが組み合わさったものと理解すれば、分かりやすいでしょう。

流れ星単語帳の活用

英語力向上に語彙力が欠かせないのは、今も昔も同じです。

ただ、昔はアナログでの単語帳が主流でしたが、今はオリジナルのデジタル単語帳が簡単に作成できますので、是非、活用してみましょう。

生徒さんが実際に使用しているものでご紹介すると、「シンプル単語帳」や「自分で作成する英単語帳」などがありますが、他にもアプリはありますので、ご自身の用途や使いやすさで選んでみると良いです。

ここで役立つのは、本を1冊または1章ごとに、フォルダーにまとめる機能です。

そして単語を入力する際、本のどのページに出てきた単語か、そのページ番号も記入しておくと、後から探しやすいですね。

どれも簡単に単語が登録でき、アプリによって呼び名は異なりますが、クイズ機能や暗記モードを利用すれば、毎日どれだけ単語を覚えたか自己診断ツールにもなる優れものです。

↑ これは、「自分で作成する英単語帳」の暗記モード画面 ↑

子どもたちはゲーム感覚で語彙力が鍛えられ、覚えた単語が一目で分かるため、達成感も得られます。

 

どんな状況であっても、夏休みは子どもにとって常に楽しいもの。

健やかに過ごしつつ、夏休みのお供に、英語の多読ハート

有意義な夏休みを過ごすための、英語多読のコツ①

6月に入り、インター校では、2ヶ月ぶりの分散登校ですが、

学校が再開したものの、早いところでは、明日から夏休みに突入という学校もあります。

インターといえば、夏休みがとても長いですが、今年の夏休みは、一味違うものになりそうですね。

再入国が厳しく制限される中、学校からは、やむを得ない出国以外は極力、控えるよう異例の呼びかけ。

皆さん、近場への旅行も、日本への一時帰国も諦め、今は島内でのステイケーションすら叶いませんね。

そんな、普段とは違う夏休み。

それでも、8月には、新学期が必ず来ます。

引き続きオンライン授業が継続されるかもしれませんが、どのような形であっても、8月には再び英語での授業へスムーズに移行できるようにする。

そんなことをちょっとでも心掛けながら、この時間を大切に過ごしてもらいたい。

こんな思いから、有意義な夏休みを過ごしてもらうために、英語の多読を少しでも後押しできるようなヒントを、今日はシェアしていきます。

英語の本を一人で読んだことがない子に、いきなり一冊渡しても、すぐに読めるものではありません。

しかも、自力で読み終えたとしても、次の一冊へと順調に続き、そこから多読が楽に継続できるとも限りません。

ただ、子ども一人ひとりに合った選書さえ間違えなければ、多読への一歩は、それほど大変なものではないのです。

子ども一人ひとりの英語力も、もちろん重要な判断材料ですが、年齢や好み、性格なども考慮した上で、その子にとってのマイ・ファースト・ブックを厳選してあげることで、多読への道は、ほぼ達成できるといっても過言ではありません。

それだけ選書は大事です。

簡単すぎてもモチベーションが下がりますし、英語を読む力が備わっていても内容が面白くなければ読む気力も維持できません。

インター校に通うお子さんの英語力はケースバイケースなので、一人ひとりが面白いと思える内容を模索しながら、その子の英語力よりも少し上のものを選ぶと良いでしょう。

少しのサポートで楽しく読める程度、その辺りを目指すような感じです。

この夏、英語の多読を試みたいという方は、お子さんと一緒に、最初の一冊に付き合ってあげましょう。

始めから、分からない単語ばかりが並んでいたら、当然、前に進むことはできません。

そこで、英語を読み進めるのに語彙力を向上させ、リーディング力をつけるのに効果的なコツも必要になってきます。

まずは、登場人物をしっかり把握しましょう。

登場人物を把握しながら読み進めるために、登場人物は、出てきた順に、丸で囲んでいきましょう。

誰がどのページで登場したか可視化することで、物語の流れがつかみやすくなります。

小学校低・中学年用の多読リストに掲載したフェアリーシリーズやドラゴンシリーズは、登場人物が限られていますので、多読の一冊目として非常に読みやすく、多読の初心者向けとして最適です。

次に、分からない英単語には必ず下線を引きましょう。

下線が多い場合は、その場で辞書を引き、直接意味を書き込んでいきながら読み進めると良いですが、分からない単語がページ毎に数個程度でしたら、下線は引きつつ、読書は止めず、前に進みましょう。

これを継続することにより、部分的に意味が分からなくても、読み通す力が養われていきます。

シリーズものを読み続けることの利点は、同じ単語や表現が繰り返し出てくるという点です。

当然、頻出単語は、自然と身についていきます。

登場人物は丸で囲み、分からない単語には下線。

とてもシンプルですが、これが習慣化されると、必ず語彙力とリーディング力アップにつながります。

シンプルだからこそ、続けましょう。英語上達に近道はありません。地味ですが、地道にコツコツが、そのうち「こんな本も読めるようになった!」という喜びに通じます。

分からない単語は、そのままにせず、単語帳などにまとめる作業が今度は大事になりますが、それは、次回、さらに語彙力を強化していくコツなどと一緒にご紹介していきます。

 ★ STAY SAFE & HAPPY READING ★ 

 

【英語の多読にお勧め】インター校 中学~高校

インター校 ミドルスクール(中学)以上の読書は、ディストピア小説 (dystopian books)、歴史小説 (historical fiction) や リアリズム小説 (realistic fiction) が中心になるでしょう。

音符ディストピア文学

音符Historical Fiction

音符Realistic Fiction

音符Lord of the Rings シリーズ

高校生だったら、読めるようになっていると良いレベルです。

ミドルスクール以降は、英語の授業で、読む本を課題として指定されるので、家で何を読むか、ということは、小学生ほど重要ではありません。

この時期は、多読よりも、読解に力を入れましょう。

作品を一つひとつ丁寧に読み込み、主人公や登場人物の心情の変化や成長、物語の流れに反映した言動や出来事などに注視し、情景描写から様々な情報を読み取るという、もう一歩踏み込んだ英語力が必要になってきます。

語彙力の維持・向上は必須ですので、自分のニーズに合わせた単語帳作りを習慣化させ、語彙力強化に努めましょう。

学校の課題読書と並行して、趣味としての読書も相乗効果がありますので、趣味としての多読も続けていくと良いでしょう。

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校中~高学年

インターの小学校中学年~高学年のお子さん向け多読お勧めリストです。

下記リストは、一見、レベル設定が高く見えるかもしれません。

しかし、インター校で学ぶお子さんにとって、同級生は、ネイティブスピーカーまたは、同レベルの子がほとんどです。

同学年の子どもたちは、このレベルのものを普段から読んでいることを考えると、自ずとクラス内での学習内容についていくには、この程度の英語力が必要になってくるといえます。

最初は、低学年~中学年程度のものから始め、徐々にリーディング力をつけていくことをお勧めします。

音符Classic Starts シリーズ (名作を子ども向けにアレンジ)

若草物語 (Little Women) や三銃士 (The Three Musketeers) 、チャールズ・ディケンズの大いなる遺産 (Great Expectations) など、55の名作が子ども向けにアレンジされたものです。

音符ハリーポッター シリーズ

音符The Land of Stories シリーズ

音符Percy Jackson シリーズ

音符Keeper of the Lost Cities シリーズ

音符Realistic Fiction 

ミドルスクールに上がると、この手の小説は、たくさん読むことになります。

小学校高学年になったら、ファンタジー以外の小説にも親しんでおくと、ミドルスクールで要求されるレベルを先取りできます。

小説によっては、感情移入しにくい作品もあるかもしれませんが、とにかく沢山読んで、自分の好みの作者や作品を探してみることです。

学校によって、高学年になると、guided reading や book club と称した、少人数で同じ本を読み進め、読解力を強化していくリーディングの時間が導入されていきますが、ほとんどが Realistic Fiction リアリズム小説と呼ばれる作品を読むことになります。

映画化され、ジュリアロバーツが母親役を演じて、話題になりました。

日系人作家シンシア・カドハタによるニューベリー賞受賞作。

 

子どもが、好きな作品に出合い、英語の多読を継続するには、良書との出合いも大切です。

英語の多読が趣味になるには、作品選びも大事なプロセスです。

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校低~中学年☆女子編

小学校低学年~中学年向けのお勧めリストの中でも、特に女の子向けの英語多読お勧めリストです。

王道のThea Stilton シリーズはもちろんのこと、Who is/was~?シリーズにも、女性のロールモデルがたくさんいますので、興味のあるものから読んでみましょう。

この年齢向けに出版されている本の中でも、とりわけ女の子向けのものは、バラエティーに富んでいますので、興味を引くものから始めてみると良いでしょう。

音符Rainbow Magic のフェアリー・シリーズ

一巻ずつ、新しいフェアリー(妖精)が登場し、巻末には、次巻のフェアリーの紹介があり、継続しやすいシリーズなので、多読向きです。

内容もシンプルで、難易度もそれほど高くなく、初めの一冊として試しに読んでみる価値のあるシリーズですハート

 

音符Magic Animal Friends シリーズ

フェアリーシリーズ同様、作者はDaisy Meadows。

 

音符Secret Kingdom シリーズ

ここまでの選書は、本をよく読む子であれば、小学2年生くらいから始めても良いですし、逆に、まだ英語力がそこまでついていない子であれば、小学校高学年であっても、このレベルから始めてみるのが良いでしょう。

音符Jacqueline Harvey

Jacqueline Harvey 作の Alice Miranda シリーズClementine Rose シリーズは、小学校中学年以上のレベルになります。

Alice Miranda シリーズは、ページ数もありますので、上記のフェアリーの本にある程度、慣れてきてから読み始めるのがお勧めです。

Clementine Rose の方が、絵を見ても分かるように、読者層の年齢設定は低いですが、薄い本のわりには、小さな文字がページいっぱいに詰まっていて、フェアリーよりは難易度は上がります。

インター校生であれば、小2くらいでフェアリーを読み始め、小4くらいから Alice Miranda が読めるくらい力がついていると良いでしょう。

オーストラリア在住のJacqueline Harvey は、シンガポールを訪れることもあり、大型書店でサイン会を行ったり、インター校で講演をすることもある作者です。

フェアリーの本であれば、毎日3ページずつ読んでいくと、1冊読み終えるのに1ヶ月かかりませんおねがい

とても読みやすくて、初心者でも、惹きつけられる魅力を持ったシリーズですキラキラ

毎日3ページだったら始められそう、そんな気がしませんか?流れ星

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校低~中学年

インターの小学校低学年~中学年のお子さん向け多読お勧めリストです。

音符Geronimo Stilton シリーズ

Geronimo Stilton シリーズの他に、Geronimo の妹 Thea Stilton シリーズは、主人公が女の子なので、女子にお勧めです。

音符Who is/was ~? シリーズ

Who is/was/were ~?の伝記シリーズの他にも、What is/was ~?や Where is ~?シリーズもあります。

子どもの知的好奇心も満たされ、英語力も確実にアップします。

音符Roald Dahl シリーズ

『チャーリーとチョコレート工場』などの作品が映画化されていたり、『マチルダ』のミュージカルなどで、ロアルド・ダールをご存知の方も多いのではないでしょうか。

英語力がついてきたら、是非、多読のリストに加えてもらいたい作品ばかりです。

読めば読むほど、表現力もついてきますので、小学校中学年以上のお子さんにお勧めです。

作品によっては、本の厚みに怖気づいてしまうかもしれませんが、最初は、ページ数の少ないThe Magic Finger 辺りから始めてみると良いかもしれません。

 

音符Dragon Masters シリーズ

小学校低学年の男の子に人気です。

一度も英語で本を読み終えたことがない子にとって、最初の1冊としてお勧めです。

ストーリーラインがシンプルで、登場人物も少なく、ページ数もそれほどなく、1冊読み終えるという小さな成功体験が、次の2巻も読みたい!という大きな楽しみへとつながっていきます。

英語の本を1冊読み終える → 次が読みたい!

このサイクルが、多読への大事な一歩です。

外出できない時こそ、英語の多読

外出制限が6月1日まで延長され、自宅学習がさらに大事になってきましたね。

家で過ごす時間が増え、外出できないこの時期を、上手に利用して、

オンラインの学習教材を取り入れてみたり、これを機に、本格的に多読に取り組んでみるのもお勧めです。

今だからこそ、多読を始め、習慣化させる良い機会かもしれませんおねがい

 

ピンク音符ピンク音符ピンク音符英語の多読にお勧めピンク音符ピンク音符ピンク音符

【フォニックス ~ リーディング初級レベル】

音符BOB Books (フォニックス)

音符リーダーズ(初歩レベル)

音符I SPY シリーズ

 

【リーディング 中級レベル】

音符National Geographic Kids (リーダーズ)

音符ドクター・スース (Dr. Seuss)

 

【インター校 小学校低学年~中学年レベル】

音符Geronimo Stilton & Who is/was ~? シリーズ

音符Roald Dahl シリーズ

音符Dragon Masters シリーズ

音符女子編

 

【インター校 小学校中学年~高学年レベル】

音符Classic Starts シリーズ (名作を子ども向けにアレンジ)

音符The Land of Stories シリーズ

音符ハリーポッター シリーズ

音符Percy Jackson シリーズ

音符Keeper of the Lost Cities シリーズ

音符Realistic Fiction

 

【インター校 ミドルスクールレベル以上】

音符ディストピア文学

音符Historical Fiction(歴史小説)

音符Realistic Fiction(リアリズム小説)

音符Lord of the Rings シリーズ

 

毎日、数ページ。一冊終わったら、さらにもう一冊。

毎日コツコツが、多読の無理のない最初の一歩です。

外出できない時期だからこそ、オンライン教材

外出制限を受け、シンガポールでは、学校の授業がほぼオンラインへ移行しましたね。

私も、対面での英語レッスンを、全てオンラインレッスンへと切り替えました。

オンラインだから、普段と全く同じ内容とはいきませんが、でも、だからこそ、オンラインでできることを最大限、活用しています。

オンラインだからできることに焦点を当てながら、学習を継続する方法は、ある意味とても新鮮で、生徒たちは意外にも、楽しく学べているようです。

おうちの中であまり変化のない生活だからこそ、この機会にオンライン教材をうまく取り入れてみましょう。

 

ブルー音符ブルー音符ブルー音符お勧め英語オンライン教材ブルー音符ブルー音符ブルー音符

音符気軽に英語に触れられる、ゲーム感覚で利用できる英語学習サイト

むらさき音符 Starfall.com

ブルー音符 Turtlediary.com

むらさき音符 ELL.brainpop.com

ブルー音符 Literacycenter.net

 

音符タブレット等にダウンロードできる英語アプリ(有料のものでも一部無料で利用可)

ブルー音符Khan Academy Kids

むらさき音符Reading Train: Alphabet Books, Songs & Games

ブルー音符ABC Spelling Magic

むらさき音符Play Sight Words: Gr.1&2

ブルー音符Fun English Stories

他にも、ESLやPhonicsで検索してみると、色々と出てきます。無料でも十分活用できます。

 

音符YouTubeを活用

YouTubeで英語の歌に触れ、さらに、それを英語の絵本と組み合わせれば、理解力も伴います。

 

音符リーディング用オンライン教材 Raz-Kids

音符各種オンライン学習教材

 

不自由な日々が続きますが、逆に、今だから出来ることに目を向け、新たな学習形態へのシフトがもたらしてくれる変化をも前向きにとらえていきましょうむらさき音符むらさき音符むらさき音符

英語の読解力強化

インター校で、子どもの英語力を評価する際、まずリーディング力が問われます。

年齢が低ければ、フォニックスを含め、どの程度、読めるか。

なので、フォニックスのルールが一通り身についたら、今度は、たくさん読むことです。

英語の活字に慣れ、とにかく英語の本を次から次へと読む。

まさに、英語学習で最近よく聞く、英語の多読ですね。

ただ、英語で読書を楽しむまでにリーディング力がついたら、次は読解力が問われてきます。

例えば、読んだ本の内容を、自分の言葉で、順序立てて表現できるか。

これも一つのスキルなので、英語がスラスラ読める子でも、なかなか難しいことがあります。

そこでお勧めしたいのは、レベルを少し下げて、読解にフォーカスしてみることです。

Raz-kids というリーディングのオンライン教材があり、主に英語の多読用に利用されている方が多いですが、

私は、ある程度リーディングができる生徒さんには、敢えてレベルを下げて、読解力強化として使用しています。

この教材の優れているところは、大量の本がレベル分けされており、一冊ずつ音声で聞けるリスニング機能がある他、

自分で音読し、それを簡単に録音もできる、ということですが、

それに加え、最後に、それぞれの内容に関する質問を5問ほど解くようになっているクイズがあるのです。

その中には、以下のようなものが含まれます。

☆Main idea(主張、論旨)を理解しているか?

★Opinion(意見)と fact (事実) の違い

☆筆者の意図 (purpose, intention)

★共通点と違い(compare/contrast や differences/similarities)

☆原因と結果(cause/effect や problem/solution)

★予測(prediction)先を読む力

☆Inference 推測する力

年齢が低ければ低いほど、意外と難しい問題ばかりです。

しかし、クイズを繰り返していくうちに、こうした内容にも慣れ、読解力が徐々に向上していきます。

クイズ形式の読解問題に触れ続けることにより、本の内容を的確に捉え、次第に、それを自分の言葉で伝えられるようになっていきます。

読解力を伸ばすことは、論理的思考力を高め、高学年に必要なリサーチ能力にもつながっていきます。