【インター生のライティング】小学校~高校の学年別の目安

インターに通う小学生・中学生・高校生の生徒さんのライティングを見ていますと、インター生だから自然と英語の文章が上手に書けるようになる、と侮ってはいけないと常々、痛感します。

まず、インターの小学生の場合、アカデミック・ライティングの機会が少ないのか、自分の考えを論理的に展開することに慣れていないことが少なくありません。

もちろん年齢的に不得意なのは否めませんが、話をするように文を書いてしまい、とりとめのない文章になっていないか?と、時々確認してみることで改善されることも多々あります。

文法を体系的に学んでいないこともあり、ライティングで書き手の文法の理解度が判明しますので、確認が必要な文法事項は、できるだけ早い段階でカバーしていきましょう。

 

一方、中学生・高校生のライティングは、語彙力不足が目立ちます。

また、コンマやセミコロン、コロンの使い方がランダムで、注意が必要です。

小学生にも伝えることですが、書いている英文の表現がカジュアルすぎないか?という認識が薄いため、ライティングにふさわしいフォーマルな表現を身につけていくことも大切です。

一般的な傾向として、文章を簡潔に書く練習が不可欠になってきます。

小学生にも共通することですが、適切なライティング指導を早い時期から取り入れることの重要性を痛切に感じることが多いです。

 

そこで、ライティング力の向上としてお勧めなのは、英語の各種能力試験で、ライティングのスコアを徐々に上げられるよう取り組んでみることです。

英検、IELTS、TOEICやTOEFLなど、様々な英語試験がある中、内容に差はあるものの、ライティングのスコアの基準は、試験によって、それほど大きく変わるものではありません。

採点者である第三者の評価を基準に、ご自身のライティング力を測り、同じ試験を通じて、少しずつスコアを上げていくことが理想です。

 

ただ、英検1級のライティングでも、長くて240語程度、TOEFLも300語です。

それくらいは書けるとしても、今度は、海外の大学受験の際に必要になってくるエッセイは、この比ではありません。

もちろん、100~200語程度の回答を求められることもあれば、Common Applicationのエッセイの場合は、650語ほどです。

100~200語の回答は、論点整理をした上で、簡潔に書き上げることが重要ですが、650語のエッセイは、TOEFLの300語の倍以上の語数です。

米国の場合、多くの大学は Common Applicationという複数の大学に共通のエッセイを提出する形を取っていることがあり、同じエッセイを複数校への送信が可能になります。

このコロナ禍、テーマは3年連続、同じものとなっています。

アメリカ留学 – Common Applicationエッセイのコツ – Wordvice

最近の傾向として、Share a story from your life的な課題が目立ち、アカデミック・ライティングの順序立てて論理的に話を展開するという側面は必要としつつも、クリエイティブ・ライティング的なフィクションの要素も盛り込んでいくという意味では、語数に加え、内容も難易度が高めです。

ここで問題になるのは、中身か面白いかどうか、ということよりも、書きたい内容をより物語風に描写できる、豊富な語彙力や読み手を引き付けるような表現をいかに使いこなせているか、というところです。

そのような文章が書けるかどうかは、そうした文にいかに触れてきたか、というところが勝負の分かれ目となります。

理系であっても、高校で難易度の高い英語の授業を積極的に受講してきた子ほど、SATのリーディングのスコアも高得点ですし、大学受験のエッセイに関しても、文章力が確実にあります。

高校3年生になって慌てないためにも、日頃から、ライティング力を着実に上げていく努力を続けていきましょう。

 

【関連記事】

【米国大学受験】どんなエッセイを書けば良い?エッセイを書くポイントやコツは? | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)