英語多読のコツ②

英語多読の最初の難関は、語彙力をどう伸ばすか、ということだと思います。

語彙が不足していては、読書は持続できませんが、一字一句、意味をその都度、辞書で調べていては、全く先に進めず、もどかしい。

そのためには、語彙力を増やす努力も大事ですが、それにはコツも必要です。

語彙力強化につながるコツを上手に取り入れながら、リーディングを少しずつ進めていくと、1冊読み終えるのも、実はそんなに大変ではありません。

単語を覚えるコツが身につくと、語彙の推測力も上がり、英語で読む力や速さに直結していきます。

流れ星Homophones(同音異義語)

例えば、crowd(人混み)という単語が出てきた場合、たいていの子は、cloud(雲)を思い浮かべます。

この英単語は、厳密には、同音ではありませんが、カタカナにすると、どうしても同音に聞こえてしまい、混同してしまいがちです。

他にも、for/four, road/rode, two/too, week/weak, stair/stare, by/bye, right/write, meet/meat など、色々あります。

同音異義語は、どちらの単語も同時に覚えてしまうと一石二鳥ですピンク音符

流れ星Preffix/Suffix(接頭辞・接尾辞)

例えば、magic→magical, sand→sandy, excite→excitement, color→colorful, pain→painless などは、base word(語幹)+suffix(接尾辞)と覚えましょう。

特に-fulや-lessなどは、分かりやすいので、単語の推測にも役立ちます。

Preffix(接頭辞)も、意味が分かれば、語彙力向上に直結します。

DISagree, UNpleasant, REstart, MISunderstand, PREcook などは、preffix(接頭辞)+base word と理解できれば、推測力も向上します。

流れ星Compound words

基本的に、base wordが二つ組み合わさった単語です。

Cupcake, baseball, sailboatなどは、分かりやすいですが、少し長めの単語に直面すると、子どもは瞬間的に難しいと感じてしまうので、例えば、straightforwardという英単語は、分解して、straight+forwardが組み合わさったものと理解すれば、分かりやすいでしょう。

流れ星単語帳の活用

英語力向上に語彙力が欠かせないのは、今も昔も同じです。

ただ、昔はアナログでの単語帳が主流でしたが、今はオリジナルのデジタル単語帳が簡単に作成できますので、是非、活用してみましょう。

生徒さんが実際に使用しているものでご紹介すると、「シンプル単語帳」や「自分で作成する英単語帳」などがありますが、他にもアプリはありますので、ご自身の用途や使いやすさで選んでみると良いです。

ここで役立つのは、本を1冊または1章ごとに、フォルダーにまとめる機能です。

そして単語を入力する際、本のどのページに出てきた単語か、そのページ番号も記入しておくと、後から探しやすいですね。

どれも簡単に単語が登録でき、アプリによって呼び名は異なりますが、クイズ機能や暗記モードを利用すれば、毎日どれだけ単語を覚えたか自己診断ツールにもなる優れものです。

↑ これは、「自分で作成する英単語帳」の暗記モード画面 ↑

子どもたちはゲーム感覚で語彙力が鍛えられ、覚えた単語が一目で分かるため、達成感も得られます。

 

どんな状況であっても、夏休みは子どもにとって常に楽しいもの。

健やかに過ごしつつ、夏休みのお供に、英語の多読ハート

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*