バイリンガル教育:英語と日本語のバランス ②小学校低学年~高学年

前回、幼児~小学校低学年のお子さんを中心に、英語と日本語のバランスに関してお話しました。

①幼児~小学校低学年:英語を自然に覚えたら、家では積極的に日本語を!

今回は、小学校低学年~高学年についてです。

②小学校低学年~高学年:英語も日本語も同時に進めましょう

小学生は、母語がまだ発達途上であるため、英語の理解不足を日本語で補おうと試みても、それを理解するだけの語彙力を持ち合わせていないため、難しい面があります。

例えば、lawという英単語が分からず、それは「法律」だよ、と教えたところで、法律という言葉の意味が理解できていないと、和訳も役に立ちません。

法律という意味を日本語で説明したとしても、その子の日本語の習熟度や子ども一人ひとりの既存の知識や思考力により、理解度に一定の差が出てきてしまうのですが、

この時期の有効的な学習の進め方としては、

①最も理解しやすい言語を用いて単語の意味や概念を十分に理解する。英語の方が強い場合は、英語でまず理解するのもこの場合はOK。

②その上で、これは英語でlaw、日本語では法律、と覚えた上で、両言語を同時に身につける。

こうした地道な取り組みが、しっかりとした土台を築いていくことにつながります。

一見バイリンガルに見える子が、この言葉は英語で分かるけど、日本語では言えない、というケースが、実に多く見られます。

厳しい言い方ですが、これでは決してバイリンガルとは言えません。

インター校の小学校では、UOI などのテーマ単元を中心に授業が進められるため、教科の枠を超えた語彙力を身につけていることが大事です。

Photosynthesisは光合成、二酸化炭素は英語でcarbon dioxide。

持続可能性はsustainability、child laborは児童労働など、キーワードとなる語彙力があることが、授業についていく大前提となりますが、これはあくまでもスタートにしかすぎません。

具体例として、小学4年生のUOI の一例をご紹介しましょう。

Conflict is influenced by the attitudes and actions of those involved(対立や紛争は、それに関わる人々の態度と行動に影響される)という学習単元の中には、以下の学習項目が含まれます。

Human rights and responsibilities(人間の権利や義務)

Sharing finite resources (有限な資源を分かち合う)

Communities and the relationships within and between them(コミュニティーとそれぞれの関係性)

Access to equal opportunities (平等な機会へのアクセス)

Peace and conflict resolution(平和と紛争解決)

日本語でも難しい内容ですが、それを英語で理解し、その上、自分の意見や見解を英語で表現できなければなりません。

そのためには、日本語でも本やインターネットなどを活用して、理解を深めることが必要です。

UOIに関連する知識を身につけておくことは、予習にもつながります。

まずは、キーワードを、意味も含め、しっかり覚える。

上記でいえば、attitudes, action, rights, responsibilities, finite, resources, communities, relationships, access, equal opportunities, peace, conflict resolutionなど。

さらに、一つひとつの項目に関しても理解を深めておく。

資源が無限ではない、ということはどういうことか?

そのため私たち一人ひとりにできることは?

地域や身近なところで始められることとは?

もっとグローバルに考えた場合、国単位でできることは何か?

すでに存在する世界での取り組みは?

こうした身近な疑問や問題意識が、この単元の目的である世界の紛争解決への糸口であることを、子どもたちは自ら学んでいきます。

どのような学習内容であっても、日英両語の関連記事や資料が読め、どちらの言語でもディスカッションができ、どの言語でも自分の意見を述べ、それを文章にまとめることもできる。

決して簡単なことではありませんが、長期的な視点を持ち、インター校の学習言語である英語に加え、同じ内容を日本語でも同レベルで身につけていくことを目指していきたいですね。

そのためには、ご家庭で日本語のサポートも欠かせません。

親子二人三脚で取り組み、お子さんの学習に寄り添うことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*