バイリンガルの鉄則

しばらく前になりますが、別々の方から、それぞれ異なるシチュエーションで、とても似たようなご相談を受けましたので、同じようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思い、少しシェアしてみようと思います。

内容は、お子さんの母語であるはずの日本語よりも、英語の方が強くなってきてしまっている、ということで、どうすれば良いか?ということでした。

この二つのケースですが、共通点がありました。

一つ目は、お子さんの年齢が低いということ。幼稚園~小学校低学年です。

二つ目は、ローカル校またはインター校に在籍、ということ。

そして三つ目は、お母様が英語を苦手としていないことです。

保護者の方が、英語を苦手としていない場合、お子さんがご家庭で英語を話すようになると、それは、当然、とても嬉しい成長として、親の目に映りますね。

そして、それに応えようと、ついつい英語で反応してしまう、という状況は容易に想像できます。

しかし、これが長く続きますと、海外生活を送っているお子さんが、母語であるはずの日本語をご家庭で耳にする機会がなくなってしまいます。

そのため、日本語を聞くというインプットが少ないため、日本語を話す機会というアウトプットも、当然ながら、減ってしまいます。

しかも、英語で話しやすい内容は英語で、そして、時に日本語の方が楽な時は、日本語で話す、ということが続きますと、この単語は、英語で知っているけど、日本語では分からない、または、その逆の場面も出てきます。

そのうち、同じ文の中に、日本語と英語が混ざるようになり、一つの言語で文を完成できなくなってきてしまうことも、少なくありません。

二言語の環境下で育つ子どもにとって、いわば、これが最も楽なコミュニケーション方法になってしまうことが往々にしてあるのです。

ここで、あまりネガティブな言葉を使用したくないのですが、とても分かりやすいので、敢えて使わせてもらうと、これではバイリンガルならぬセミリンガルになってしまいます(-_-;)

両言語を知っているようで、実は、どちらも中途半端な状態。

では、どうすれば良いか?

これは、ブログで繰り返しお伝えしてきていることですが、

日本語で話す時は、日本語で考える。

英語で話をする際は、英語で考える。

 

これは、バイリンガルの鉄則です(^-^

 

ただ、実際問題、これが難しい(・・;)

私も未だにできない時が、正直、あります。

でも、真のバイリンガルを目指すのであれば、これは必須です。

しかも、年齢が低いうちから、この言語の切り替えを意識しながら生活することは、意外にも、子どもにとっては、あまり難しいことではありませんが、周りの大人の努力も必要になってきます。

英語に少し慣れさせるという意味で、ご家庭でも英語を導入してみるのは良いでしょう。

この時、大切なのは、お子さんが英語に慣れてきたら、家庭内での日本語と英語のバランスを考える臨機応変な対応です。

これも繰り返しお伝えしていることですが、お子さんは、日本語である母語以上に英語が話せるようにはなりません。

日本語で物事を理解する認知能力を向上させることが、将来的に、英語を上達させるコツなのです。

実際に、どちらの言語も十分に発達していないと、年齢相応の認知能力が保てなくなるリスクもありますので、気をつけてあげましょう。

目的と手段、母語と第二言語、親の期待と子どもの成長。

全ては、どうバランスを取るか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*