インター校では何が評価されるのか?

インター校に在籍するお子さんを持つ親御さんが、戸惑うことの一つに、評価の基準が分かりにくい、というものがあります。

何を基準に評価しているのかクリアでない、という声をよく耳にします。

もちろん評価基準が全く存在しないわけではないですし、

子どもたちは日常的に自己評価や、Peer evaluation と呼ばれる同級生の評価にも常に携わっていますし、

むしろ、あまりにも日常的すぎて、「評価をする」というよりも、本人たちは単に「意見を述べている」という感覚に近いのでしょう。

以前、IB校のユニット学習をご紹介しましたが、

インター校のアクティブ・ラーニング: IBプログラムのUOI(探究ユニット)

どの学年のどのユニットにも、明確な学習到達度を測るための評価基準を表すRubric(ルーブリック)が設けられています。

これは通常、教師から明確に示されるものなので、子どもたちは、何を目標にリサーチを進めれば良いのか、これを基準に主体的に学習していきますので、

このルーブリックの存在を保護者の方が認識していないか、あるいは子どもが、それをご家庭でシェアしていない、という状況が、「インター校の評価は分かりにくい」という親御さんの疑問や不安につながるのではないでしょうか?

例えば、5年生のあるユニットのルーブリックは、こんな感じです。

5年生(インター校でいうG5またはY6)のエコシステムをテーマとした単元です。

自然界の様々な生物の生態系や、それを取り巻く環境が相互作用しながら存続・循環しながら、バランスの取れたモデル構築を目指す、というもの。

Level 3 がGrade level となっていますので、レベル3が学年相応の理解度・到達度ということになりますので、まずはレベル3を目指すと良いでしょう。

学校でやってきたことを理解している様子でしたら、レベル3と評価されますが、ここで気になるのは、レベル3とレベル4の違いですよね?

この場合、レベル3は、それぞれの生態系の相互作用やその重要性、そしてそこに人間がどう影響を及ぼすか、ということが説明できるか、ということですが、

レベル4は、それをさらに比較し、分析し、人間が生態系全体に及ぼす影響を評価し、実際に問題解決に向けた効果的な行動がとれるかどうかの応用力が問われます。

どのユニットにも具体的なルーブリックがそれぞれ存在しますが、実は、内容は全て同じです(^-^;

使われているキーワードは全く同じで、レベル3は説明ができるかどうか、レベル4は、さらに一歩踏み出し、比較・分析・評価・応用できるかどうか評価されます。

評価内容や評価方法が分かりにくいという声を実際に聞きますが、意外にもシンプルで、実はとても明確なのです☆彡

ただ、保護者の方は、主体的なアクティブラーニングの学校教育に馴染みがないので、困惑してしまうのでしょうね。

ちなみに、新たなユニットを導入する前に、Pre-assessment(学習前評価)があり、各ユニット終了後には Summative Assessment(学習後評価)があり、

子どもたちが、学習前の自分の知識と学習後の知識を自分で客観的に評価するのも、IBプログラムの特徴ですね(^-^

☆★低学年用の自己評価ルーブリックはこんな感じです☆★

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*