英語とAI

いよいよ、令和の幕開けですね。

平成の時代、私はブラジル→日本→アメリカ→ノルウェー、そして現在の居住地のシンガポールの5か国に住みました。

ほとんどが家族の都合での移動で、唯一、自分の意志で住んだのは、アメリカだけですが。

今現在、海外で育つ日本人の子どもたちも、そうですね。

親のお仕事の都合で、海外に住むケースがほとんどでしょう。

そこで、適応力や順応力を養っていく。

ただ、私の周りを見ていると、親の都合により海外で育った人は、帰国後、そのまま国内で大学進学、そして就職している人が多いので、やはりそこには自分の意志というものが大きく関わっているようです。

そして、たまたま家族で英語圏に赴任したので、自然と英語が身についた場合、英語が得意、語学を特技と捉えがちですが、今や、人工知能のAIに仕事を奪われないよう意識するような時代。

英語ができるだけでは、明らかに十分ではありません。

そこには、AIにはできない付加価値が求められます。

英語は、いつの時代にもツールであり、目的ではありません。

今では自動翻訳機でAIが、ほとんど訳してくれるので、英語習得そのものが必要ないかといえば、それも違いますね。

AIを使いこなせるには、それなりの語学力も必要。

そこそこの英語力はAIに取って代わられるので、むしろそれ以上の語学力がないと、これからは厳しいかもしれません。

「英語が話せます」以外の付加価値。

そこには、読解力も、ますます問われてきますね。

あの東ロボくんが、苦手なのも読解ですね。

今後は、英語も学習方法が問われてくるかもしれません。

英語を身につけ、AIをどう活用していくか、という時代ですね。