文系進学は、先進国の特権☆

以前、大学で脳神経の研究室に勤めていた時のことです。

シンガポールには、たくさんの留学生が在籍しており、とりわけインド人が多い印象があります。

中でも、インド人の女子学生が目立ちます。

いわゆる「リケジョ」ですね。

ある時、インド人の女子学生数人と、そういう話をする機会がありました。

彼女たちが口を揃えて言うのが、理系進学は当然という事実。

それ以外の選択肢を考えたことがない、と。

文系の進路は、親の反対が必至で、音楽系を含む芸術方面に進むのは、自殺行為という発言までも飛び出し、皆一斉にうなずきます。

前回のブログ記事にも関係することですが、これは先進国でしか生活したことのない人には理解が難しい、というか、ある意味、考えたこともないことでしょう。

少なくとも、選択肢があるという幸せを実感したことがあるでしょうか。

私自身、ブラジルのローカル高校を卒業しましたが、同級生の男子は100%理系に進み、女子は、法学部と経済学部に進学した人が、それぞれ一人ずついましたが、残りは、工学部か医学部に進みました。

先進国で育つ子どもたちは、選択肢に恵まれていますが、ある種、それに気づきにくい。

選択肢が多いのに、逆に、自分の選択に臆病になってしまっては、実にもったいないですね。

自分だからこそ、できることを。

より個性的で、よりクリエイティブであってほしいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*