それぞれのクリスマス☆

ノルウェーのクリスマスケーキといえば、クランセ・カーケ(^^♪

アーモンドパウダー入りのクッキーのような触感です☆

クリスマスケーキと言うよりも、お祝い事の際には必ず登場する、日本人の感覚で言えば、お赤飯のような存在(^^

一方、南国ブラジルでは、真夏のクリスマスのお祝いのお供はパネトーネ。

移民の国ブラジルは、イタリアやドイツなどヨーロッパ系の移民や、日本からの日系人、そしてアフリカ系移民も多い。

でも、なぜかクリスマスケーキとして定着したのは、イタリア系移民が持ち込んだ、ドライフルーツたっぷりのフルーツケーキ。

どちらも、私たち日本人にはあまり馴染みのないケーキですが、ここシンガポールのローカルスーパーで、この時期、パネトーネを見かけると、懐かしく感じます☆彡

人生の短い期間であっても、シンガポールで育った子どもたちは、その後、シンガポールのクリスマスをどのように思い出すのでしょう?

赴任先がどこであっても、その国でしか経験できないことを体験していきたいですね。

将来、何がどこに繋がるか分からないので、何事も貴重な体験ですね。

 来年もどうぞ宜しくお願い致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*