I SPY でミッケ!

I SPY というシリーズで、『ウォーリーをさがせ!』的な要素を持ったアプローチの絵本があります。

日本では、『ミッケ!』というタイトルで出版されています。

大人と一緒に読めば、子どもは大人が読んだテキストに沿って、その文章が指しているものを写真の中から探し出し、絵本の物語をエンジョイするよりは、親子で I Spy ごっこをするような感覚ですね。

そこには、普段の読み聞かせとは少し趣向の異なる絵本の面白さが♪

クリスマスやハロウィン、バレンタインなど、シーズン毎のイベントや、数字・学校・恐竜など、テーマも多岐にわたり、子どもの好奇心をかきたてます。

こうして親子で楽しむ方法もありますが、一方で、このシリーズ、リーダーズとしても展開しているところが嬉しい(^-^

以前ご紹介したOlivia やエリックカールの絵本を元にしたリーダーズと同様に、リーディングの一環として I SPY をリーダーズとして積極的に活用する方法、おすすめです(^▽^)

子どもが自分でセンテンスを読むだけでなく、更にそれを写真の中で探し当てる、というオマケ付き(^^♪

フォニックスのルールを一通り学ぶと、あとは sight words をどれだけ増やし、そしていかにリーディング量を増やしていけるか。

これでリーディング力は確実に変わってきます。

しかし、時には、定期的に読み進めているリーダーズに、子どもが飽きを感じてしまうこともあります。

順調に進んできたリーディングのプロセスに少し停滞がみられるようになったら I SPY リーダーズで「楽しく読む」「目的をもって読む」ことに意識を向けてみませんか?

楽しくないとリーディングは進みませんし、リーダーズをひたすら読み続けることに終始するためにリーダーズは存在するのではありません。

いつかは卒業するリーダーズ★

リーダーズ使用の究極の目的は、多読を楽しむだけのリーディング力をつけることでしょう。

読書は大人になってからも続く趣味であり、リーディングは知識を得るための情報収集の手段でもあります。

学校でいくらリーダーズが読めても、真の意味でその子が自ら読みたい本を実際に手に取り、ご家庭でも本を読むことを心から楽しんでいないのであれば、それは広い意味でのリーディングの目的は果たしていません。

リーダーズで停滞が見られるようになったら、 I SPY リーダーズを試してみて下さい。

ダラダラと文章を読むのではなく、写真の中で何を探し当てるのかを探るためのリーディングということで、目的あってのリーディングの第一歩を踏み出すことになります☆彡

そのうちリーダーズも卒業し、

絵本の大型本も子どもが自分で読むようになるでしょう(^-^

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*