五月病ならぬ「11月病」

11月も今日で終わりですね。

日本では、新年度の環境変化やその後の長期休暇後の心身の不調にちなんで五月病という言葉を耳にしますが、ヨーロッパでは、5月ではなく、11月が要注意なのです。

私が数年暮らしていた北欧では、11月は特に変化が顕著なのですが、イギリスやドイツなどの北ヨーロッパにも、少なからず当てはまることかもしれません。

北欧ノルウェーでは、10月に初雪があります。

まだ10月なので、雪といってもチラチラ降る程度で、決して積もったりはしません。

しかし、これが11月になると、一気に日照時間が短縮。

なが~い、暗い冬の到来です。

当時、夕方4時頃に幼稚園に子どもを迎えに行っていましたが、行きはまだ辛うじて明るいのですが、帰りはもう真っ暗(-_-;)

11月に入ると急に暗くなるのが早くなる、というこの現象が人間の精神面に大きく影響するようです。

降雪が増える12月は、積雪で街が逆に明るくなるので、それが意外にも気分を好転させてくれます。

なので問題は、やはり11月。

変化についていけず、心身に不調をきたす人が多くなります。

実際に11月病とは呼びませんが、季節性感情障害と診断を受ける人が一定数いるので、北欧では、こうした疾患の適切な治療事例の蓄積も豊富です。

私が事故に遭ったのも11月でした。歩行中、車の衝突事故に遭ってしまい、顔に4針縫う怪我を負ってしまいましたが、数ミリずれていたら失明していたかもしれないと医師に告げられ、不幸中の幸いでした。

統計的にも、11月は事故も多い時期だそうです。

体がまだ暗さに慣れていない、そしてまだ雪の生活になれていない等、様々な要因が重なり、注意が必要な時なのです。

この11月病(あるいは五月病)ですが、語学を学ぶ上で経験するスランプに似ているかもしれません。

語学を習得するには、どうしても時間がかかります。

そして頑張っている過程で、壁に当たったり、スランプに陥ることもあります。

でもそこで、五月病(あるいは11月病)のように、そういう時期が、傾向や可能性として存在することを予め予想できると、上手に対処することもできます。

語学を極めようとする途中でやってくるスランプや停滞期も学習プロセスの一つ。

ある一定のレベルになると、誰もが経過するであろう通過点として捉えてみる。

そして、スランプとは実は、成長を促してくれるポイントとして向き合う。

先日お話しした threshold の概念。

スランプ時は、まさにこの threshold をちょうど超えようとしている時期ゆえに苦しく感じるのかもしれません。

超えたら変化が見えるので、成長が実感できます。

停滞期はやって来るもの。

しかし、その threshold を超えたら、その先に待っているのは成長でしかないと思えば、それはそれで楽しみですよね。

11月病を乗り切るのに、キャンドルの炎は癒しの効果があります。

語学学習における、自分なりのスランプの乗り切り方を

上手に見つけていきましょう。

 

【関連記事】

それぞれのタイミングで

それぞれのタイミングで

英語力がある程度備わっていても、なかなか英語を話さない子がいます。

一方で、語彙力はそれ程身についていなくても、躊躇なく英語を話し始める子もいます。

通常、語彙力などの英語力は会話力と比例するものですが、それでも、子どもが実際に英語を発するタイミングはまちまちです。

もちろん、年齢や海外での滞在期間も大きく影響しますが、

英語圏の教育現場で、よく使用される表現の中に scaffold threshold というものがあります。

Scaffold とは、工事現場などで必要とされる「足場」ですね。

丁寧な足場は、安全な工事現場の基礎ですよね。

全ての建築物は、この足場が基本と言えますね。

同様に、教師が子どもにできるのも、この scaffolding の役目なのです。

しっかりと基礎を固めてあげる。

ただ、thresholdというのは、子ども一人ひとり異なります。

日本語では、敷居、境界線とか、しきい値、基準値などと訳されますが、ある一定のラインを超えると変化があるが、それ以下だと変化は見られない、という一定の基準のことです。

なので、無意識に threshold を高めに設定している子は、なかなか英語を発しませんが、逆に設定が低いと割とすぐに英語を話すようになります。

しかし、英語を話し始める時期=ある一定の英語習熟度とはならないので、複雑ですね。

自分の threshold を決めるのは子ども自身なので、英語をどの時点で話し始めるかは、その threshold を果たして超えたかどうか、という差なのです。

そのため、英語力がついていると判断してアウトプットを急かせてしまうのは、かえって逆効果。

子どもはすぐに英語が話せるもの、と思われがちですが、深刻な場合、大人が何気なく発した一言がトラウマの原因になることも。

下手な英語を話すくらいなら話さない方が良い、と思う子も中にはいるのです。

大人も同じですよね(-_-;)

その子にとって最高の舞台を築いてあげるような、そんな気持ちで見守ってあげましょう。

子どもは、脇役(意外にもここ、重要です!)や衣装、舞台装置などが一通り揃って初めてステージの上で輝けるのです(^-^V

その子が、真の意味で、自信をつけた時が、その子にとってのベスト・タイミング。

どんな子どもにもベストなタイミングがある。

それは、その子が最も輝ける、その子にしか分からない

ベスト・タイミング☆彡

HAPPY☆THANKSGIVING

アメリカでは、感謝祭のサンクスギビングですね。

最近、ちょうど生徒さんとリンカーン大統領を題材としたリーディングを進めていたのですが、このサンクスギビング、ある雑誌編集者が祝日制定を提案したところ、リンカーンがそのアイデアを取り入れ、1863年以降、国の祝日として定着しているようです。

サンクスギビングというと、ターキー(七面鳥)ですが、日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんね。

アメリカにいた頃は、毎年ではありませんが、ターキーを焼いていました。

「今度、初めてターキーを焼いてみるの」と職場の同僚に話した時、ターキーは世界一簡単な料理よ、と言われ、びっくりしましたが、

彼女曰く、オーブンに入れておくだけで出来上がるので、どんな lazy な人(怠け者)でも上手にできる、とのこと。

実際に調理するまでは半信半疑なのですが、時間はかかるものの、それほど難しくなく、案外、美味しく作れるものです。

あのパサパサ感が苦手という人はいるかもしれませんが、確かに誰が作っても味に大差はないような気がします。

北欧にいた頃、トナカイ肉を試したことがありますが、少々クセのある味ですね。

食べなれていないと美味!とはならないような(^^;

それに比べ、ターキーは食べやすいです^^

先日、ここシンガポールのスーパー FairPriceでも売られているのを発見!!

何年か振りに作ってみようかなぁという気になり、勢いで買ってきました!

かなり重かったです(^▽^;)

今年の大晦日、我が家はターキーに決定です(^-^

HAPPY THANKSGIVING !

絵本のロングセラー、現代のベストセラー

日本語と英語の絵本を比較していて思うことなのですが、英語の絵本業界においては、新たな新人作家がどんどん評価されていき、次々と新刊を出版する機会に恵まれます。

一方、日本語の絵本は、書店の絵本コーナーを見ていると一目瞭然ですが、昔ながらのロングセラーが圧倒的な割合を占めます。

日本のお父さんやお母さんは総じて、ご自身が子どもの頃に読んだ絵本をお子さんに与える傾向がありませんか?

書店もその方が売れるから、そういう戦略に徹するのでしょうね。

日本の場合、ロングセラーと新書の割合は、大体8:2が普通だと聞いたことがあります。

最近は、若いお父さんやお母さんも食の大切さを気にかけ、お子さんに与える食材やその安全性に目を向け、食育が盛んですが、それと同等に、お子さんに与える絵本もそこまで意識してみませんか?

当たり前とされている価値観を少し疑ってみるくらいの、ある種の冒険心がある方が絵本選びも楽しいですね。

大胆に聞こえるかもしれませんが、昔からのロングセラーは、今の時代の価値観に果たしてどれだけ沿っているのでしょうか?

もちろんロングセラーと呼ばれる作品は、ロングセラーに値するだけの価値があるからこそ長く売れるのでしょう。

しかし消費者の意識が変わってこそ、新人作家の発掘も活発になり、新しい新鮮な作風やテーマが生まれるのでは?

その点、海外で年々、出版される絵本はそういう意味では、とても循環が良いなぁと感じます。

本屋さんの選書を見ていても、昔ながらのロングセラー以上に近年新たに出版された作品の数々が売り場面積を占めます。

例えば、日本語にも翻訳されているものの中でも、マーカス・フィスターの代表作「にじいろのさかな」や、コールデコット・オナー賞の受賞作イアン・ファルコナーの「オリビア」、実力派絵本作家ピーター・レイノルズの「てん」などは、日本人にも広く馴染みのある作品だと思います。

どれも日本でいう、いわば、かがくいひろしの「だるまさん」シリーズに匹敵するような人気ですね。

上に挙げた絵本は、すべて谷川俊太郎氏が日本語に翻訳しており、これも決して偶然ではありませんね。

日本の絵本界の巨匠、谷川俊太郎が、翻訳を通して日本人にも英語絵本の魅力を紹介する幅広い活動は実に素晴らしい。

絵本のロングセラーに敬意を払いつつも、

日本の絵本業界でも、英語の絵本市場と同様、新たな風を吹き込む

次世代のかがくいジュニアの活躍を大いに応援していきたいですね(^^♪