スタートラインに立つ

インター校でよく耳にする表現の中に、

Be responsible for your own learning.

というものがあります。

自分の学習には、自分でしっかり責任を持つ、ということですね。

英語独特のディスコースがそこに絡んでいる感は否めませんが、それは今は脇に置き、インター校という学びの場においてはとても重要な役割を果たします。

この表現、子どもには少し難しい概念かなと感じてしまうのですが、インター校では意外にも小さい頃から意識させられることです。

このアクティブ・ラーニングの姿勢を紐解いてみると、他にも様々な場面で広く求められるのです。

子どもたちが成長する過程で直面する困難な場でも、それにしっかり向き合えているか、という投げかけにも似ています。

自分自身の学習を客観視することにより、目の前にある問題に自分が真正面から向き合っているかどうか。

難しい立場に立たされた時こそ、スタートラインにすら立っていない自分がそこにいないだろうか?と自ら問いかけてみる。

スタートラインに立ってみると、見えてくる景色があり、ぼんやりとしか見えていなかったゴールも少しずつハッキリしてくる。

でも、それはスタートラインに立ってみないと分からないこと。

直視して、そこに向き合ったことで、問題解決の道はすでに開けてくる。

日々のしがらみの中で、大事なものを見落としがちな私たち大人にとってもメッセージ性が大きいですね。

自身の学習をプロセスとして自覚し、中長期的な目標を状況に合わせ設定し、学びの本質を見据える力は、どんな問題に遭遇しても、自分の立ち位置を常に確認し、それを俯瞰してとらえていく力へと変化していけます。

グローバル社会において、自分の軸をしっかり持ちつつも、広い視野で柔軟に対応していける人材としては、とても大切な意識かもしれませんね。

スタートラインに立ってみたら、もうすでに問題解決の第一歩を踏み出したことになる☆彡

 

☆★☆関連記事☆★☆

Reflectする力

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*