F・R・I・E・N・D・S

こちら、Cotton On のお店にて。

懐かしいロゴが目に入ってきて、思わず足を止めてしまいました。

なぜ、今頃フレンズのTシャツ?と不思議に思いましたが、他にもサインフェルド(ご存知でしょうか?)など、90年代を代表するアメリカの人気テレビドラマ・シリーズがモチーフの商品が店内には数々ディスプレイされていました(^-^

当時、アメリカで生活していましたが、テレビドラマを積極的に見るようになったのは、ある出来事がきっかけでした。

マンハッタンの小さな私立小学校に勤めていた私は、同僚のある先生に

「テルヨの英語は、とっても正しい」

というようなことを言われました。

彼女はリーディングの先生だったので、恐らく褒め言葉のつもりだったようですが、私としてはちょっとショックで、それを褒め言葉として捉えることができず、むしろ「不自然に聞こえるのだろうなぁ」と、自分の話す英語を少し客観視する機会を与えてくれた出来事でした。

日本語を勉強している留学生の学生さんを想像してみると分かりやすいかもしれません。

彼らは「正しい」日本語を学んでいるので、とても正しい(時には「正しすぎる」)日本語を話すため、どこか不自然で違和感を覚えることがあると思います。

確かに正しいことは正しいのですが、やはりどこか言葉が「馴染んでない」というか、そんな感覚は誰にでも想像できると思います。

そこで私は「自然な」英語を求め、テレビを見る時も「ただ見て、聞き流す」のではなく、登場人物がどのような場面でどのような表現を使っているのか、というところに注目して、ドラマを見るようになりました。

すると、そうして意識してみると、よく分かったのです(-_-;)

自分がそれまで話していた英語とテレビから聞こえてくる自然なネイティブスピーカーの表現のどこが違うのか(・・;)

さらに、自分に置き換えて考えてみて、私だったらこう表現したかもしれないけど、自然に聞こえるようにするには、こう変えれば良いのか!!と次々と発見がありました(^▽^)

例えば、会話の途中に、You know what I mean? という表現をつなぎとして使用するとか、文中に you know とか I mean というクッション的な存在になるような表現を挟んでみたり。他には、I`m like~や like you know~など、like が頻繁に多用されたり、

どれも英会話のテキストの例文には載っていませんが、話し言葉は必ずしも文法的に正しいとは限らないものです。

英語で話すことに慣れてきたら、教科書的な英語から脱し、より自然な表現をたくさん聞くことが英語力向上の鍵となります。

ファッションで言ったら、少し「こなれた感じ」になる、みたいな^▽^

 同じ頃のTVドラマとしてはDawson`s Creek もあります。トム・クルーズと結婚前のケイティ・ホームズが初々しいですが、同時期のドラマとしては、個人的には felicity がおすすめ。

 

よりカジュアルな英語表現には、ドラマよりもFRIENDSのような

sitcom(シチュエーション・コメディーの略)の方が、

英語は鍛えられます(^▽^)

 

「正しい」英語を勉強したら、次は「自然な」英語を目指して

英会話のステップアップ教材のお供にいかがですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*