「母語ファースト」&「リーディング・ファースト」

鳥飼玖美子著 『子どもの英語にどう向き合うか』

書店で何気なく手に取り、たまたま購入した1冊でしたが、

日頃から心掛けている「母語ファースト」「リーディング・ファースト」の実践を裏付けてくれるような、そんな嬉しい内容の本でした。

母語の重要性は、このブログでも度々触れていますが、

鳥飼先生は日本の英語教育史を辿り、幕末のジョン万次郎と当時の通詞(つうじ)たちの英語を比較し、母語が果たした役割と英語の読み書きにおける徹底的な違いがあったという記述が、とても印象的でした。

若くしてアメリカに長期滞在し「英語漬け」の生活を送り、英語は流暢に話せたものの、「高度な」「正しい」文章は書けなかったとされるジョン万次郎。

一方、通訳・翻訳・通商事務などに精通していた通詞たちは、外交の場で活躍し、開国の危機を乗り越え、陰で日本の近代化に貢献した役人たち。

日本国内で地道に外国語の読み書きを行い、その英語力は外国人でさえ絶賛したと言う。

さらに、明治時代の津田梅子らの例は、今の子どもたちにも通じるものがあり、他人事とは思えません。

津田塾大を創設したことで知られる津田梅子は、当時の英語の達人の一人でしたが、アメリカから帰国後は、家族と話をする時にも通訳が必要なほど日本語に不自由したようです。

鳥飼先生曰く、母語獲得は「人間として言葉を使う土台を作る」ことであり、「英語の土台を作ることは、母語である日本語の学びが不可欠」と指摘しています。

特に最近の日本における英語教育が会話中心に傾倒し、日本語を使用しない指導にこだわることは、英語のインプットを増やすという利点は認めつつも、

「コミュニケーション重視の外国語習得を正しく理解していない」と述べ、その上で、コミュニケーションと称し、話すことを中心に時間を割き、

「読み書きは関係ないという誤解がすっかり定着している」と危機感をあらわにし、読む・書くといった技能は、英語力の要であると位置付けています。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★

日々、英語を教える中で、私自身が根底に感じていたことと合致し、背中を押してもらえたような、そんな内容でした。

先生は基本的に、日本で育つ子どもたちの英語教育を中心に書いていますが、

ここシンガポールでは、日本人学校に通う子どもたちでさえも、英語は外国語ではなく、第二言語であり、生活に密着しています。

一方、インター校生にとっては、英語が第二言語であっても、英語を母語とする子どもたちと一緒に、同じ授業を受けます。

こうした海外で生活する子どもたちにとっては、日本で育つ子よりも、母語がさらに大事になり、英語と母語のバランスは一層、切実な問題であると認識し、より真剣に捉えていく必要があるでしょう。

普段、英語を教えながら感じていたことを代弁してくれているかのような内容に励まされる思いでした。

これからも「母語ファースト」「リーディングファースト」で

子どもの世界を豊かなものに♡

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*