レッスンは生きもの②~Teachable Momentを見逃さない~

レッスンは生きものだなぁと思うのは、やはりそこに人間同士の関係があることと、そして教師としては「今日はこれを教える」という計画があるので、そこが複雑に絡んでくるのですよね。

教師が感情をもった人間であるのと同じように、生徒にだって気が乗らない時だってあります。

ただ、教師として、それを無視するわけでもなく、不必要にそこに囚われ、それに付き合うわけでもなく、むしろ上手にリセットし、その場のバランスを整えてあげるのが大人の役割かなぁと思います。

例えば、幼児さんにとって、45分間ずっとイスに座っていることは大変なことだったりします。

そんな時、何かの拍子で、私がたまたま持っていた蛍光ペンに生徒が反応した場合、自分の鉛筆ではなく、今日はそのペンを使いたいと言われたら、それでその子が気持ち良くレッスンを受けられるのであれば、ペンで書いてみるのも手です。

一方、学校で起きた出来事等が原因で落ち込んでいる子が、どうしてもレッスンに身が入らないという日には、そんな時に備えて、子どもの興味を引きそうな本をバッグに常に忍ばせておく。

最近では、そうした心構えで、生徒と接するようになりました。

英語で、Teachable Moment という表現があるのですが、有意義な学習に移行する決定的瞬間、とでも言うのでしょうか?

単なる小さな好奇心が決定的な学習へと変わる瞬間ってありますよね?

いつ現れるか分からないこの大切な瞬間を逃さないためにも、感情に支配されて流れてしまうレッスンは、教える側、教わる側、双方に非常にもったいないなぁと感じます。

週1回45分なり、60分、という限られた時間内のレッスンをより建設的なものにするためだったら、それもありなのでは?というドラえもんのポケット的な要素があると、お互い楽ですね。

昔は、それは教師にとっても、子どもにとっても、一種の「逃げ」のような気がしていました。

でも、大人にだって感情のコントロールって難しい時があるのだから、それを子どもに強いるのは、当然もっと難しいことですよね。

その感情を否定することなく、建設的に捉え方を少しだけ変えてみる。

私自身、母親業を通して、そうした切り替えが重要かな、と今は柔軟に思えるようになり、できるだけ余裕を持って生徒と接することを何よりも心がけています。

もちろん子どもの感情を軽視するわけではなく、大人として、それを上手に方向性を変えてあげることを提示してあげるには、洞察力も問われてきます。

しかも、感情を上手く方向転換させる方法というのは、大人になってからも、付きまとう課題。

それを少し先回りして生徒さんに示し、調整の方向に導いてあげられるのも、その子を普段からよく観察してあげることが必須ですね。

子どもにとっては、時間をかけて身につけていく必要なスキルですし、

大人になってからも問われる資質が鍛えられるこの側面、長い目で見れば、レッスン内容以上に大切な気がする時があります。

それは、ある意味、お弁当に彩りを添えるのと似ている。

一見、不要な努力に見えるけど、この一手間が全体のバランスを整える(^^♪

 

★☆★ 関連記事 ★☆★

レッスンは生きもの~リーディング編~

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*