フォニックスを卒業?!

お子さんの英語のリーディング力について、「もうフォニックスは卒業しました」という表現を最近、耳にし、違和感を覚えてしまいました。

果たしてフォニックスって卒業するものなのでしょうか?

フォニックスは、リーディングの一テクニックであり、小さな子どもが文字と音の関係性を学び、最終的には一人で文が読めるまでのプロセスの最初の取っ掛かりとしては、とても有効です。

自分で文章が読めるようになり、本を楽しめるようになるまでの過程の一時期をフォニックスに充てることがあっても、それを「卒業」してから、次のステップへ進むという時間軸で考えるものでもないと思っています。

いつになっても、新しい単語を学ぶ際、フォニックスで解読した方が適していることもあるからです。

以前ブログでも触れましたが、フォニックスを「卒業」したら、ホール・ランゲージへ移る、ということではないのと同様です。

フォニックス vs. ホール・ランゲージ

フォニックスを習っている間は、絵本は与えない、ということはない、というのと同じですね。

卒業というわけではなく、どちらかと言えば、ようやくスタートラインに立てた、というような感覚でしょうか(*^▽^*)

ホール・ランゲージ支持者が大事にする教材の中に、Authentic materials というものがあります。

できるだけ「本物」に近い教材を与える。

なので、リーディング習得用に作成されたリーダーズを彼らが使用することは、先ずないでしょう。

ただ、authentic を突き詰めていくと、authentic だと認識していた教材ですら、実は真の意味でのauthentic ではなかった(・・;)というところに辿り着いてしまうこともあるので、これはこれで、また難しいのですが(><;)

フォニックスを卒業するというのは、フォニックスのドリル的な学習を終えて、次はリーダーズに進む、という意味だったのかもしれません。

あるいは、フォニックスは終わったので、今度はauthenticな教材も読める、ということだったのかもしれませんね。

いずれにしても、フォニックスを卒業したので、もう何でも読める、とはならないのがリーディング。

なかなか一筋縄ではいきませんね(゚ー゚;

フォニックスを「卒業」という線引き的な認識は少し脇に置き、むしろフォニックスも学びながら、絵本も、そして、その子のレベルに合ったリーダーズも平行して取り入れ、様々な角度から「言語」というものを眺める機会を子どもに与えてあげるのが大事でしょう。

子どもの学ぶ力は、直線よりも、むしろグラデーション的に進むものですね★

問題には多角的なアプローチを

一昔前、英語があまりできない子どもが、アメリカで学校の教師に「ヒアリング」のテストを受けるよう言われる時代がありました。

ここでポイントなのは、「リスニング」ではなく、「ヒアリング」テストであること(゚ー゚;

じっくり話を聞くことができないので(=リスニングの問題)テストを受けるのではなく、耳が聞こえていないよう(=ヒアリングの問題)だから検査を受けるよう指示されているのです。

第二言語習得に関する知識が乏しかった頃は、子どもが英語を理解できないのは、言語の問題ではなく、耳に何かしら問題がある、という認識だったのですね。

教師からすると、言葉が分かっていないという理解がなく、身体的な問題があるようだ、という見解でした(><;)

同じように、昔は海外で子どもを産むと、蒙古斑を見たお医者さんが母親の虐待を疑う、という時代もありましたね(_ _。)

蒙古斑というと、赤ちゃんのお尻のあの青いアザですが、欧米の子どもには、あまり見られない特徴なので、蒙古斑の知識を持っていない医療従事者によって、そういう誤解が生まれたのです(  ゚ ▽ ゚; )

それと似たような現象ではないかと感じるのが、最近増えているように思える、インター校で何か問題が浮上した場合、学校やスクールカウンセラーから、先ず発達・知能検査などの心理テストを受けるように促されるケース(・・;)

もちろんそれで問題が究明されたり、改善されたりすることもありますが、その必要がない事例にも遭遇してきました。

同様に、第二言語としての英語学習の問題が原因で、ラーニング・サポートと呼ばれる特別支援学級の対象となってしまった不幸なケースも見てきました。

英語の補習クラスと学習障害は全く別物です。

蒙古斑やヒアリングテストと同様、これも時代の流れが運んできているものなのかもしれませんが。

いずれにしても、教師や親が診断名を急ぐあまり、子どもが不要なテストを受けたり、親が診断名に翻弄されたりしまっては本末転倒です。

実際のところ、心理テストの結果に付随してレポートに提案されるアドバイスは、教育従事者が提案できる範囲内のものも多く含まれることがあるように見受けられます。

中には、もちろん診断が必然という場合も当然ありますが、そうではない場合、安易に一元的に、一つの結果から「解決」を求めてしまうのは短絡的かもしれません。

様々な専門家からの意見を取り入れることにより、実は別のところに原因が潜んでいる、といったヒントを見出せることも良くあります。

大学などのアカデミックな場面や、企業間でも、異業種間交流が盛んになってきている流れがありますが、学校現場でもこうした協力関係が更に進み、それが今後のー THE NEW NORMAL ー 新常識であっていってほしいですね。

教育現場での問題解決には、より幅広い、多方面による連携アプローチが不可欠ですね。

「母語」と「ハーフ」

大学在学中に、今は亡き恩師に「母国語」と「母語」の違いを尋ねたことがあります。

すると、当時、教授は、「母国語は、もはや死語だね」(・_・;)と話していたことを思い出します。

このグローバル化社会の中、国の公用語以外の言語を母語として話す人は、沢山いますし、1国家1言語という縮図の方がむしろ稀。

なのに何故か、「母国語」という言葉を未だに耳にすることがあり、その度に「死語」になっていないなぁと苦笑してしまいます(;^_^A

そして同じ頃、当時、研究室に在籍していたアメリカ人の先輩が「ハーフの子どものアイデンティティー」というテーマで修士論文をまとめていました。

彼曰く、「ハーフ」と呼ばれる子どもたちは、二つの文化的価値観を身につけているので、本来「ハーフ」ではなく「ダブル」と呼ぶべきではないかという提唱でした。

ただ、20数年経った今、こちらはもっと定着していない感じがあります(・・;)

しかし!!

先日、テレビを見ていたら、19年ぶりに音楽活動を本格化させた小沢健二さんが出演されていたのですが、ご自身のお子さんを「ダブル」と呼んでいたのですo(〃^▽^〃)o

大学卒業後、初めて聞きました(≧▽≦)

人々の価値観というのは、社会の変化と共に少しずつしか変わらないけれど、グローバル化が更に進めば、こうした価値観も「外から与えられたもの」から「自分で実際に経験し、内から変わっていくもの」へと一変し、そしてそれがいつの間にか普遍的なものとして意識されるようになっていくのでしょうね。

とすると、価値観の多様化が進めば進むほど、今後は変化の速度も更に速いですね。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

20年前は一部の間でしかシェアされていなかった考え方が、今やインターネットやSNSを通じて拡散がどんどんスピードアップされるので、ある程度、影響力のある人が一旦発信すると、「一部の人の意見」が、瞬く間に「大多数の意見」として浸透していくo(^-^)o

今回の小沢健二の「ダブル」も果たしてそうなるのか?!

(↑個人的な期待も込めて☆)

ちなみに、この「ハーフ」という表現ですが、英語では意外にもネガティブな印象はありません。

ただの「数字」というイメージしかないですね。

実際、ハーフだけでなく、「私は4分の1は、日本人」という意味でquarter(クォーター)という言い方もしますので≧(´▽`)≦

私たちは、普段、無意識に「母国語」や「ハーフ」という言葉を発していますが、海外で育つ子どものアイデンティティー形成上、とても重要な概念です。

少し意識してみる価値があるかもしれませんね♪

英語のポジティブ・ディスコースのススメ

英語を母語とするお母さんのディスコースって極めてポジティブですo(^▽^)o

例えば、子どもが学校から戻ってくると

“Did you have fun?” (今日は楽しかった?)と聞きます(‐^▽^‐)

これが、日本語になると、なぜか

「今日も先生の言うこと、ちゃんと聞けた?」

となってしまいます(  ゚ ▽ ゚ ;)

子どもを送り出す時もそう。

“Have fun!” と送り出すのと、

「ちゃんとお行儀良くするのよ」では、

子どもが受ける印象は変わります(^~^)

ディスコースを学ぶ

インター校に通っているお子さんのご家庭でも、できるだけ日本語と英語を交ぜないで、できる限り家の中では日本語オンリーの環境をお勧めしておりますが、

でも、だからこそ、英語のポジティブ・ディスコースを、時折思い出し、それを日本語に取り入れるのもポジティブな空気感が漂う気がしませんか?

本ブログでも今まで何度かお伝えしてきておりますが、お子さんの言語発達のために、母語以外の言語をご家庭で使用されるのは注意が必要ですが、英語のポジティブ・ディスコースのエッセンスを日本語の会話にも取り込むのは、育児や子育てをする上でプラスの側面があると考えています。

何事も表裏一体ですので、ネガティブなことも、

できるだけポジティブな方法で伝えるようにすると、

子どもにはポジティブに伝わりますo(〃^▽^〃)o

「走らないで!」ではなく、「歩こうね」とか♪

「これはダメ!」の代わりに、「こうしようね」など☆

結局、同じことを伝えるのであれば、肯定的に(^-^)v

そのヒントとなるのが英語のポジティブ・ディスコース☆★☆

日常生活に是非、取り入れ、活かしてみて下さい(^-^)♪

ジェネレーションZとディストピア作品

今の中高生に、好きな本を聞いてみると、

皆、口を揃えて”Dystopian books”と答えます。

1980年代から2000年代初頭生まれはミレニアル世代ですが、そのポスト・ミレニアルが、このジェネレーションZ ということになります。

現在の40代、50代のジェネレーションX の子どもたちですねv(^-^)v

彼らは、2000年代に出版され、話題をよんだThe Hunger GamesThe Maze Runner、そしてDivergent などに代表されるdystopian books を読んで育つ世代。

続編が次々と出ていたり、作品によっては、日本語訳も出版され、日本で映画も公開されていたり、日本人にとってもお馴染みの作品かもしれません。

ディストピアとはユートピアの反対語で、文学作品のジャンルとして存在します。

なぜ今の10代が、こうした悲観的な、ある意味、現実離れした作品を好んで読むのだろうか?と少し疑問でした(・_・;)

でも、それは、今の世界情勢が少なからず影響しているのでしょうね(・・;)

現実を肯定的に見れない若者が、自分の理想とする現実を追い求め、過激派組織等に入隊したり、国益を優先する自国第一主義を主張する分断された世界を目の当たりにし、経済の行き詰まりや貧困問題等の困難を抱える時代を生き、いわばディストピアン作品の題材となるような現状の中で育つ世代。

なので、ディストピア文学をある意味、現実的に捉え、その闇の中に光を見出せるような、そんな世代でもあるのかもしれないですね。

ハリウッド女優を中心に立ち上がった#MeToo運動にも見られるように、今ようやく声をあげられるようになり、世界各地に広まっていっている社会的動きも、こうして世の中の認識を根底から変化させる。

これは、そんな過程と意外と似ているのかも(  ゚ ▽ ゚ )

ある意味、ディストーピアン・ワールドにどっぷり浸って育つからこそ、大人になってからは、現実をしっかり見据え、根本から変革していく力を実は兼ね備えているのかもしれない、と考えると意義深いですねo(〃^▽^〃)o

ジェネレーションZが作り上げていく近い将来に、そうした期待の念を少し込めてみたいと思いました☆

英語で意見をしっかり持ち、ディスコースにのせる

アナウンサーの長野智子さんが、ご自身の留学経験を語っている動画がありました。

長野智子【アメリカ留学インタビュー】

偶然ですが、ちょうど同時期に、私も同じ大学に留学していました。

当時、長野さんと同じメディア・エコロジーを専攻していた友人から、長野さんのことは聞いていました。

ご本人が受講されていたクラスの前をたまたま通りかかった時、最前列に座っていらした姿がとても印象的で、さすがだなぁ~と感心したことを思い出します。

長野さんがインタビューで語っていましたが、日本人は人の意見を批判するのが苦手です。

批判とまでいかなくても、自分の思っていることを自分の意見として述べること自体、あまり得意ではありませんね。

私も留学中、課題を提出した際、教授に

「これは、本の内容をうまくまとめてあるけど、君の意見が書かれていない」と言われたことがあり、

正直、「私の意見・・・?」と戸惑った覚えがあります(・_・;)

日本の大学は、人の考えであっても、それを上手にまとめれば良く、それに対する見解はあまり求められないものです。

そういう一連の教育の流れが、英語を上達させる上での足かせになっているとも思います。

簡単な会話の中でも、英語の問題ではなく、もちろん知性の問題でもないのですが、やはり自分の意見を簡潔に話すことが難しいため、スムーズに会話に参加できない、という状況が少なくありませんね(゚ー゚;

英会話上級者の生徒さんは、文法も身についているし、語彙力もそれなりにあるので、更に英会話の上達を希望するとすれば、自分の意見を持つことです(^O^)

どんな状況であっても、どんな話題を振られても、自分なりの意見を話す。

意見に良し悪しはなく、正解・不正解という基準を持つ必要もなく、ただ自分の立場をハッキリ意思表示する力が求められます。

そのためには時事問題にも精通していることや、それに関連した英単語を基礎的な知識として身につけておく努力も必要かと。

ただ、意見があっても、それを会話の中に盛り込めるかどうかは、また別の問題で、そこはディスコースを知っているかどうかにかかっています(‐^▽^‐)

ディスコースを学ぶ

意見を求められなかったから発言できなかったという場合もあるでしょうし、話を振られたけれど、大した考えも伝えられなかったという場面も出てくるでしょう。

中には “I disagree”.(君の意見には賛成しない)と早速、言われることもあるでしょう(^o^;)

しかしそれが英語のディスコースであると理解した上で、そこは割り切る。

反対意見を言われたからといって、落ち込むことも、傷つくこともありません。

自分の意見を持つだけでは不十分。

しっかりと英語のディスコースにのせていきましょう♪

Sight Wordsは適度に☆

フォニックスという学習方法は、decoding skill に分類されます。

Decode とは、「分解する」という意味です。

単語を、一つひとつの音というパーツにまず分解して、そして最後に一つの単語としてまとめて読んでみる、というスキルo(^▽^)o

一方、sight words(サイト・ワーズ)と呼ばれる言葉は、分解するよりも「そっくりそのまま覚えてしまう方法」で覚えた方が早い単語です。

例えば、The などの冠詞、HeやYou などの代名詞など、フォニックスで分解して読む方法が、あまり適さない単語多数です。

私はone, twoなどの数字や、色の名前なども、sight wordsとして教えています。

フォニックスを用いても、フォニックスのルールに当てはまることが少なく、例外扱いになってしまうので(><;)

「例外」として教えるよりも、スペルをそのまま覚える方法をとった方が早いのです。

高頻度に使われるものが多く含まれるので、まさに視覚→SIGHT で覚える、という方法です。

ただ、何をSight words と捉えるかは、ハッキリした基準があるわけではありません。

決まりがあるわけではないので、その辺は、教師の裁量と教え方によって変わってきますが、

一つ注意点として挙げるとしたら、sight words「だけ」を学習させようとしても無味乾燥な内容になってしまいますので、要注意です(・_・;)

Sight Words は、読んで字のごとく、見て覚える単語ですので、無理に教えようとしなくても、子どもは意外と目で簡単に覚えてしまうものなのです。

巷には、Sight Words用のテキストやワークブックなども多く出回っていますが、それだけでは、子どもは飽きてしまいます(゚ー゚;

しかも、1冊頑張って終わらせたとしても、残念ながら身につきません(・_・;)

Sight Wordsはその都度、文章に出てきた時に教えることが、最も効果的です。

たまに壁一面にsight wordsリストを貼っている教室を見かけますが、文脈があって初めて言葉は生きてくるものなので、sight words単独で並べてあっても、子どもはそこに意味を見出せません。

フォニックスとsight wordsの両方を適度にバランス良く取り入れながら、リーディングを進めていくことが子どもにとって最も meaningful な(有意義な、意味のある)学習になります☆

フォニックスという学習方法を知ると、cat をシー・エー・ティーと読んでも、それを「キャット」という単語が読めるようにはならないと理解するのと同じですね。意味のある学習、重要です o(〃^▽^〃)o

言葉のネガティブ度合いを侮らない

生徒さんと “disgusting” という言葉について話をしました。

子どもというのは、ネガティブな響きを持つ言葉には、いち早く敏感に反応して、意外とすぐに覚えてしまうものです。

他の子が使っているから、という軽い気持ちで、意味もハッキリ理解しないまま言葉を使っている場合があります。

意味を伴わない英語については、以前にもブログで触れましたが、

英語をあまり話されない保護者の方が気付いてあげられず、言葉だけが一人歩きしてしまい、最終的に、その代償を子ども自身が背負うことになりかねません(・_・;)

思い出すのは、アメリカの人気テレビドラマGrey’s Anatomy初期の頃の降板劇(ノ゚ο゚)ノ

人気絶頂期だったメンバーの一人が、ドラマ共演者に対して性的マイノリティーを蔑視する発言をしたことが原因で、降板を強いられました。

当時の報道で印象的だったのは、問題となった言葉と、人々がその一言に対して持っていた意識に、非常に大きな差があったことです(゚ー゚;

実際、良く耳にする言葉であったため、私も恥ずかしながら、それが放送禁止用語であったことを、それまで知りませんでした( ゚ ▽ ゚;)

私と同じように誤った認識を持った人が多かったことと、人気ドラマ俳優の降板にまで問題が発展したという、このギャップが、言葉のもつネガティブな意味合いの認識の甘さを物語っています。

親の母語ではない英語を、子どもが日常的に使用するということは、ネガティブな用語については、特にリスクが潜んでいます。

ネガティブな言葉を使うこと自体が問題なのではなく、その言葉に込められたネガティブ度合いをきちんと把握しているかどうかの問題です。

それでも敢えて使うのであれば、リスクも視野に入れた上で使用する覚悟も必要でしょう(・・;)

小さな子どもは、実は、アルファベットの大文字は教えなくても覚えてしまいますが、小文字に関しては、教えてもらって初めて身につくものなのです。なので、小文字を教えることに時間を費やしますが、大人は、時には、子どもが自然と覚えてしまっているものの裏に隠れた真実を敢えて掘り起こし、一緒に見つめていく作業も必要ですね。

書き言葉 VS. 話し言葉

最近、リーディングについて書くことが多かったのですが、やはり言語の基本はリーディングにあります。

リーディングのレベルによって、その人の常識や知性すらも明らかになってしまうと言っても過言ではありませんね(゚ー゚;

それに伴い、ライティング、すなわち英語を書く力も、リーディング力に比例します。

ただ一つ落とし穴があるとしたら、リーディングは、どうしても書き言葉なので、それがスピーキング(英語を話す力)に直結しない、ということ(・_・;)

話せるようになるには、話し言葉をたくさん聞くことが、何よりの近道なのです。

子どもにテレビや動画を見せるかどうか、また、どの程度見せるかという意見は、それぞれのご家庭の方針で、親子間で約束事があったり、親御さんが明確なルールとして持っていたり、かなりご家庭により、差があると思います。

子どものためと思い、全くテレビを見せないご家庭もあるでしょう。

ただ、英語教育に限って言えば、たくさん聞かないと、たくさん話せるようにはなりません。

しかも、テレビや動画のように、生きた英語を聞いていないと、話し言葉としての自然な表現が身につきにくい(_ _。)

テレビの代わりに、本をたくさん読んでます、と主張する方もいらっしゃると思いますが、書き言葉ばかりですと、自然な会話は生まれません。

もしお子さんが、日本語でテレビや動画を見る時間が多いのであれば、その一部を英語に替えてみると、英語を聞くチャンスが増えます。

最初は意味が分からないと思いますので、日本語ですでに内容を理解しているものを、まず英語で聞き流すのも良いですね。

耳で良く聞く表現というのは、自然と口から出てきます(‐^▽^‐)

なので、こうした媒体も、英語学習の一環として捉え、しっかりと目的を持って利用する分には、メリットも大きいのではないでしょうか?

ただ、英語を話し始めるための突破口として利用した場合、子どもの口から英語は出てくるようになったけれど、意味を伴っていないと感じたら、やり方と内容を一度見直してみましょう。

意味を伴ってこその英語力☆

意味を伴わない英語はリスク大ですので、その辺は、上手に見極めてくださいね。

意味を伴ってこその英語力☆

子どもは、大人と比べ、耳で覚えた英語をすぐにアウトプットできることがあります。

なので、耳で聞いた英語の歌を、簡単に歌えるようになる子もいます。

それを聞いて、お父さんお母さんは大喜びでしょう。

でも、ここで要注意なのは、大抵の場合、意味を伴っていないこともある、ということ。

上手に歌えているようでも、意味を理解していないのは、長期的に考えるとリスクです。

これが積み重なり、徐々に蓄積されると、後々、大きな困難に直面することになりかねません。

一見、流暢に話せるようだけど、実は内容を伴っていない、というようなことですね。

矛盾するようですが、表面上は話せると思われるので、問題が発覚しにくい、という難しい側面があります。

たかがお歌ですが、されどお歌♪

では、耳で聞いてすぐに英語を覚えてしまう子に意味をしっかり教えるって、どうしたら?と思われた方もいらっしゃると思います(・・;)

そこでお勧めなのは、英語の歌を子どもに教える際、ただ音を聞かせるだけではなく、絵本と組み合わせてみることですv(^-^)v

Old MadDonald Had a Farm by Gris Grimly

この絵本は、Old MacDonald Had a Farm の歌詞が一冊の本にまとまっています。

つまり、歌を知らない人は、一冊の絵本として読んで終わり、かもしれませんが、

この一冊で、歌詞の内容を絵で確認することで、子どもがこの歌を歌えるようになる頃には、どういう内容の歌なのか、子どもなりに理解して歌っていることになりますねo(〃^▽^〃)o

The Itsy Bitsy Spider by Iza Trapani

こちらのThe Itsy Bitsy Spider の歌には、waterspout という「雨どい」という言葉が出てきます。

多分、耳で覚えただけでは、子どもはwaterspout の意味も分からないでしょうし、その言葉自体、知らないので、waterspout を適切に発音できることも多分、ありません。

でも、お話を読むと、絵がヒントとなり、歌詞と絵がつながります。

こうして理解力と共に、語彙を増やしていけると良いですね。

意味をきちんと理解した上で、言葉を使わないと、言葉だけが一人歩きし、しかも意味を伴わないので、そこから更に広がりも見せません。

Wheels on the Bus by Sylvie Wickstrom

Wheels on the Bus など、英語でお馴染みの歌が、絵本になっているものが、他にも幾つかありますので、歌と絵本をセットで使用されると、新たな単語も間違いなく定着していきます。

♪♪♪ 是非、試してみてください ♪♪♪

真の意味で、本物の英語力を身につけようと思ったら、

最初から、中身のある語学にこだわりたいですね☆

しっかり意味を伴ってこそ、語学力は生きてくるものです★