「英語で考える」を徹底する

昨日に引き続き、英会話の話題です。

こぼれ落ちるまで、英語をどんどん注ぐ

英会話は、どんな時も、まずはインプットが先ですが、インプットを増やしたら、あとは、自分の語彙力を信頼することです(*^▽^*)

英会話のレッスンで必ず出てくる、

「先生、これは英語で何て言うのですか?」という場面(・_・;)

インプットをいくら増やしても、それを意識的に使わないのは、もったいないですね。

蓄積された語彙力の引き出しを一生懸命、引っ張り出してきて、それを積極的に使ってみましょう。

「これは英語でなんと言うの?」の裏には、

自分の語彙力は不十分、という誤った認識があります。

英会話の生徒さんに良くお伝えするのは、

「頭を英語にすること」です(‐^▽^‐)

とにかく英語で考えることを意図することが必要o(^-^)o

そうすることによって、必然的に自分の知っている単語しか思い浮かばないので、

そもそも「英語でこれは何と言うの?」ということすら意識にあがらないはずなのですo(〃^▽^〃)o

最初は難しいと思いますが、日本語で考えてしまっている自分を一度、客観視してみて下さい。

語彙力はあるはずなのに、引き出しの中身を有効活用できていないケースが多く見られ、もっと自信を持っても良いのに、と残念に思ってしまいます。

昨日の記事で言ったら、水が溢れ出すことに不安を感じてしまい、自然に溢れ出すことに自らストップをかけてしまってるのですね(・・;)

英会話を上達させたいと思ったら、自分の引き出しには英単語がもうすでに沢山揃っていることに気付くことが大切です。

それでも、やはり英語がなかなか出てこない!と思ったら、時には、引き出しの中身の点検を。

どんなインプットが更に必要なのか、ますますクリアになってくるでしょう。

まずはインプット♪

引き出しがある程度いっぱいになってきたら、フル稼働させていきましょう☆

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*