生きた英語 VS. 正しい英語

英検5級の問題集に掲載された問題です。

(        ) is the weather in Tokyo today? – It’s rainy.

1 When       2 What       3 Where       4 How

正解はどれでしょう?

日本で英語を学習している人であれば、恐らくほぼ皆さん4のHow と答えるでしょう。

一方、日本人小学校の生徒さんは2のWhat と解答しました。

「学校では、先生はいつもそう言ってる」と彼は話すのです。

そう。実は、2も正解なのです(・_・;)

以前、グロービッシュ(グローバル・イングリッシュの略)について書いたことがありますが、この問題が、まさにグロービッシュなのです。

グロービッシュをご存知ですか?

英検の問題は、正解が一つしかないので、それでは果たして、どちらが正解なのか?

What is the weather today? という言い方は確かに聞きますし、必ずしも正しくないわけではありません。

意味も十分に通じますし、特に違和感のある表現でもありません。

ただ、ここで注目すべきは、これが英検の問題である、ということです。

英検が求めている答えはどれか?と考えると、日本の学校ではHow is the weather? の用法を教えるので、ここで求められている答えは4ですね。

決して納得はしていないが、納得せざるを得ない生徒さん(・_・;)

今や英語を母語とするネイティブ・スピーカーを上回るグロービッシュ人口。

何が正しいのか境界線がどんどん曖昧になってくると、テスト作りにも影響を及ぼしかねません。

これは、あくまでも問題集に載っていた練習問題であって、英検の公式問題ではありませんが、

このグローバル社会で、英語を使いながら育つ子どもたちに混乱も引き起こします。

でも、そこがグロービッシュの課題でもあり、

国際語としての魅力でもあるのでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*