レッスンは生きもの~リーディング編~

毎回のレッスンで心掛けることですが、与えることが一方的に自己満足になってはいけないし、ニーズに即していないと教える意味もない。やはり、教える側と教わる側、双方に成長がある、そんな関係が理想的だと考えています。

しかし、それを理想で終わらせるのではなく、現実としてしっかり結果も出す。だからこそ、毎回毎回のレッスンって生き物のようだなぁと常に実感してます。

自分が良いと思うやり方が一方的でも、それは押し付けになってしまうし、レッスンは相手がいることなので、やり方は生徒さん一人ひとりに柔軟に対応していかないとそこに成長はないですし、成長がなければ、結果も当然、伴いません。

英語力に自信をつけるのにリーディングを強化していくのは、とても良い方法で、お勧めです。

ただ、大人でもそうですが、小説を好んで読む人と、ノンフィクションの方が好きな人がいるように、好みは人それぞれです。

それと同じように、子どもにも好きなジャンルはあります。

私個人の意見ですが、インター校の先生は、本を次から次と読んでいく子に対して、「じゃあ、次はこれを読んだら?」と薦めてくれますが、読書好きな子に育てる最初の取っ掛かり、という意味では少し働きかけが少ないように感じられ、残念に思うことがあります。

そのため、英語の多読を楽しむレベルまで到達されていないお子さんには、色々なジャンルの本を紹介し、反応を見ながら、読める本を段階的に与えていき、そして最終的には、自発的に読みたい!と思える本を自分でどんどん増やしていくことが大切だと感じています。

これは、インター校の小学校低学年であれば、読めるレベルになっていると良いGeronimo Stiltonシリーズです。

もちろん、小学校低学年というのは、あくまでも一つの目安です。

当然、英語の本を読むことにまだ慣れていないお子さんには難しいレベルですが、低学年の場合、周りの子どもは、この程度は読めていると考えても良い、という一つの指針と捉えていただいて良いと思います。

Geronimo Stiltonシリーズは、字が大きい、絵が多い、そして随所に活字体にも著者の工夫が現れており、読みやすい&とっつきやすい作品であることが多いです。

しかし、多少の語彙力がないと楽しめない側面も否めません。

英語力という点では、Geronimoシリーズと同レベル程度で、Who is/was ~?の伝記シリーズもお勧めです。

Geronimo Stiltonシリーズをいまいち楽しめない、という生徒さんには好評です。

リーディングを強化していきたいという場合、本選びが非常に重要になってきます。

レッスンは生きものなので、一人ひとりに何が響くか、そんなことを観察していくことが子どもの興味を引き出し、そしてそれが、もっと読みたい!もっと知りたい!という気持ちを刺激します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*