Reflectする力

シンガポールのインター校は、IB(インターナショナル・バカロレア)プログラムを採用している学校が多いですね。

IB自体、1968年に設立された非営利団体なので、その歴史はかなり古いのです。

もともとグローバルな人材の育成を目的としていて、世界中どの国にいても共通のカリキュラムが提供されるという利点があります。

その根底にある教育哲学に目を向けると、とても素晴らしい!と評価する一方、日本の教育アプローチとは、あまりにもかけ離れている内容に、戸惑ってしまう保護者の方を見かけるのも事実です。

世界中のIB校に共通するもので、IB校の特徴でもあると思うものの中に、宿題の出し方があります。

週始めまたは週末前に一週間分の宿題が出て、一週間後に提出するというもの。

この宿題の出し方ですが、実は「タイム・マネージメント」を子どもに意識させ、時間を上手に使い、与えられた課題を効率良くこなすことが狙いなのです。

1週間頑張って宿題に取り組んだのに、明確な採点もなく、先生のコメントもない、という意見も良く聞き、不安になる保護者の方もいらっしゃるようですが、もともとタイム・マネージメントが目的なので、1週間の宿題が期日に提出できていれば良いので、先生もチェック一つでそれを評価していることになるのでしょう。

また、IBプログラムの中の「教師」の位置付けですが、知識を与え、教える人というよりも、学習をスムーズに運ぶいわばfacilitator 「促進者」という捉え方なので、日本の教育現場を基準に考えてしまうと、物足りなさと感じてしまう日本人の方も多いのではないでしょうか。

ところでIBは、Learner Profileと称し、目指す人物像を以下のように掲げています。

Inquirer 探求する子、knowledgeable 知識のある子、thinker 考える子、communicator コミュニケーションができる子、principled 信念をもつ子、open-minded 心を開く子、caring 思いやりのある子、risk-taker 挑戦する子、balanced バランスのとれた子、reflective 内省できる子。

どれもグローバルな世界で活躍するには欠かせない資質になりますが、特にreflectする機会はIBプログラムに限らず、インター校では全般的に重視される感があります。

日本語で言う「反省」とは少々異なり、自分で自分の課題と向き合い、しっかり自己評価する。

ただやってお終い、ではなく、自分が良くできた点、もう少し頑張れた所を客観的に見つめてみるという姿勢は、大人になってからも重要だなぁと感じます。

特にIBでは、テーマごとに自分の学習に対してreflect する時間が多いので、有効に使えると良いですね。

自分をフェアに、そして適切に自己評価できる子は、周りを公平に評価する目も養われますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*