プレイグラウンド・イングリッシュで終わらせないために

第二言語習得に、母語の基礎が重要であることは、以前、ブログで書いたことがあります。

母語の重要性を強調するのは、やはり英語は母語以上のレベルにはならないからです。

母語がしっかりしていれば、英語もそれに比例して、上達します。

逆に、英語に力を入れるあまり、母語が停滞してしまうと、残念ながら、英語もそれ以上は伸びない、ということになってしまいます。

一番リスクが大きいのは、両言語がどちらも中途半端になってしまうことです。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

よくテレビで、帰国子女のアナウンサーの英語を聞いていて、厳しいようですが、「いつも同じようなコメント」「表現力に幅がない」という意見をもってしまうのは、高校までアメリカにいたのであれば、英語も高校レベルでストップしてしまうからなのです。

その後、意識して勉強しない限り、英語もそこ止まりになってしまいます。

意外にシビアですよね(・_・;)

お子さんがインター校に通い始め、自然と英語を身につけてくる場合、保護者の方はご自身以上に英語ができる子を見て満足してしまいがちですが、その英語力がPlayground English(お友達と遊ぶための手段としての英語)で終わってしまわないためにも、アカデミックな面で英語をどれだけ使えているか、というのが大事になってきます。

ある意味、プレイグラウンド・イングリッシュは誰でも簡単に身につきますが、アカデミック・イングリッシュは、コツコツと毎日の積み重ねの結果です。

英語を意外と簡単に、自然と話せるようになると、それを持続して使わない限り、脳の発達段階ですぐに忘れてしまうので、特に小さなお子さんは要注意です。

反対に、時間をかけて努力して習得した英語力は、いつまで経っても残るものです。

せっかくの海外生活、Playground English の域を出ないのは、何とももったいないことです。

語学力を身に付けるのに近道はありませんが、毎日コツコツ意識して学習することが、長期的に考えた場合、一生の財産になります。

ご帰国後も、大人になってからも、ご自身の英語力を客観視してみることが、英語をさらにレベルアップさせ、それを維持していくための発動力になるのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*