英語の絵本読み聞かせのお悩み

以前、英語の読み聞かせに関するご質問を受けたことがあります。

お子さんが幼稚園から借りてくる英語の絵本を、家で読み聞かせてあげるのだが、ご本人はあまり上手に読めないことを気にされ、それでお子さんもお話をあまり良く理解していないのでは?と思ってしまい、どうするのが良いのか?というご相談でした。

多くの方が、同じようなお悩みをお持ちなのではないでしょうか?

まず、ここでご注目いただきたいのは、お母さんの「英語で読み聞かせたい」という思いに対して、お子さんも同じように思っているかどうか、という点です。

結局のところ、お父さんお母さんの英語力や英語に対する自信と、お子さんの英語力のバランスが、なによりも重要になってきます。

例えば、お子さんの英語力に関わらず、お母さんが英語に自信をお持ちであれば、親子で英語の絵本を楽しむことはできるので、何も問題はありませんね。

同じように、親は英語があまり得意ではないけれど、お子さんがまだ英語があまりできない時点では、双方があまり努力をしなくても、読み聞かせを楽しいものにすることはできるでしょう。

ただ、お子さんがローカル校やインター校に通い、英語がどんどん上達してくると、親子間で英語力に差がでてきてしまい、その場合、バランスを考慮する必要があります。

これは、読み聞かせに限ったことではなく、ご家庭での英語の使用量に関しても同じです。

私が専門とするバイリンガル教育は、意外と誤解されがちなのですが、何よりも母語を大事にする教育アプローチです。

子どもの第2言語の上達は、母語の基礎がどれだけしっかりしているかで比例します。

なので、お子さんがどんどん英語ができるようになり、お母さんの英語力が追いついていけなくなった時こそ、今度は日本語の読み聞かせに、是非、力を入れてほしいのです。

親が日本人同士のご家庭の場合、お子さんがどんなに英語ができるようになっても、それが母語になることはありません。

ということは、英語が上達すればするほど、今度はご家庭での母語教育が大切になってくるのです。

今せっかくシンガポールにいるので、頑張って英語で読み聞かせをしたい!というお気持ちは理解できますが、今シンガポールにいるからこそ、ご家庭での母語教育の重要性、そしてそれを与えられるのはお母さんであり、お父さんであることも心に留めておいて下さいね。

まさに、親が子どもに与えてあげられる大切なギフトなのです♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*