外出できない時こそ、英語動画で英会話力アップ!

外出できない日々が続いていますが、ストレスを感じている人、創意工夫で意外にもエンジョイできている人など、皆それぞれだと思います。

家で過ごす時間は増えたけど、仕事、家事や子育てなどに追われている方がいらっしゃる一方で、

時間があるからこそ、何か新しいことを始めたいという方、あるいは、

今まで多忙を理由に、なかなか手がつけられなかったことに着手してみる、今はそんな良い機会でもありますね。

そのうち、やってみようと思っているリストの中には、英会話も入っていることが多いのではないでしょうか?

私が生徒さんにお勧めしているのは、英語の動画。

まずは、一回完結のシットコム(シチュエーション・コメディー)がお勧めです。

生徒さんは、ネットフリックスなどで、思い思いの動画を見つけてこられ、それぞれ楽しんでいるようです。

そこで、ただ観て終わりでは、何も効果はないので、同じ動画を3回に分けて、意識して、動画を上手に取り入れることをお勧めしています。

①日本語の字幕で一通り観る(内容把握)

②英語の字幕で観る(字幕と内容の一致)

③字幕なしで観る(英語の聞き取り)

これだけでも、英語に対する意識が上がり、自分でも実際に使ってみようという英語の表現が出てくるものですが、

実は、もう一つ、学習を完結させる上で大事なステップがあるのです。

それが、間隔をあけて、再学習。

この場合は、再視聴ですね。

英語に限らず、何事もそうですが、時間をあけて、学習の再確認が更なるステップアップまたは知識の定着につながります。

間隔反復と呼ばれるものですが、これが意外と重要なのです。

なので、一定期間をあけて、再度、同じ動画を視聴するのですが、今度は、逆の順番から始めます。

①字幕なしで観る(英語をどれだけ覚えているか)

②英語の字幕で観る(未だ聞き取れない単語の確認)

③日本語の字幕で観る(日本語と英語を一致させる)

これで、忘れてしまった単語は再学習し、今度こそ定着させ、逆に、意外にも覚えていた単語があることに自ら気づくと、嬉しいものですし、自分の進歩が実感できますね。

シットコムに慣れてきたら、そのうち、もう少し長めのドラマにも挑戦してみましょう。

英会話で常に誤解されがちですが、アウトプットには、十分なインプットが欠かせません。

英語を上手に話せるようになりたいと思ったら、話すことよりも、先ずはたくさん聞いて、たくさん読んで、インプットをとにかく増やすことです。

目指しているアウトプットを達成させるためには、その目標とするアウトプットの何倍ものインプットが必要になってきます。

少ないインプットでは、それに見合うだけのアウトプットにしか到達できません。

目指しているアウトプットは、どの辺なのか?

目標が設定できたら、ひたすらインプットです。

英会話は、アウトプットが大事と言いますが、まずはインプットです。

アウトプットの完成度を上げていくのは、インプットしかありません。

外出できない時こそ、インプット強化ビックリマークビックリマーク

【英語の多読にお勧め】インター校 中学~高校

インター校 ミドルスクール(中学)以上の読書は、ディストピア小説 (dystopian books)、歴史小説 (historical fiction) や リアリズム小説 (realistic fiction) が中心になるでしょう。

音符ディストピア文学

音符Historical Fiction

音符Realistic Fiction

音符Lord of the Rings シリーズ

高校生だったら、読めるようになっていると良いレベルです。

ミドルスクール以降は、英語の授業で、読む本を課題として指定されるので、家で何を読むか、ということは、小学生ほど重要ではありません。

この時期は、多読よりも、読解に力を入れましょう。

作品を一つひとつ丁寧に読み込み、主人公や登場人物の心情の変化や成長、物語の流れに反映した言動や出来事などに注視し、情景描写から様々な情報を読み取るという、もう一歩踏み込んだ英語力が必要になってきます。

語彙力の維持・向上は必須ですので、自分のニーズに合わせた単語帳作りを習慣化させ、語彙力強化に努めましょう。

学校の課題読書と並行して、趣味としての読書も相乗効果がありますので、趣味としての多読も続けていくと良いでしょう。

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校中~高学年

インターの小学校中学年~高学年のお子さん向け多読お勧めリストです。

下記リストは、一見、レベル設定が高く見えるかもしれません。

しかし、インター校で学ぶお子さんにとって、同級生は、ネイティブスピーカーまたは、同レベルの子がほとんどです。

同学年の子どもたちは、このレベルのものを普段から読んでいることを考えると、自ずとクラス内での学習内容についていくには、この程度の英語力が必要になってくるといえます。

最初は、低学年~中学年程度のものから始め、徐々にリーディング力をつけていくことをお勧めします。

音符Classic Starts シリーズ (名作を子ども向けにアレンジ)

若草物語 (Little Women) や三銃士 (The Three Musketeers) 、チャールズ・ディケンズの大いなる遺産 (Great Expectations) など、55の名作が子ども向けにアレンジされたものです。

音符ハリーポッター シリーズ

音符The Land of Stories シリーズ

音符Percy Jackson シリーズ

音符Keeper of the Lost Cities シリーズ

音符Realistic Fiction 

ミドルスクールに上がると、この手の小説は、たくさん読むことになります。

小学校高学年になったら、ファンタジー以外の小説にも親しんでおくと、ミドルスクールで要求されるレベルを先取りできます。

小説によっては、感情移入しにくい作品もあるかもしれませんが、とにかく沢山読んで、自分の好みの作者や作品を探してみることです。

学校によって、高学年になると、guided reading や book club と称した、少人数で同じ本を読み進め、読解力を強化していくリーディングの時間が導入されていきますが、ほとんどが Realistic Fiction リアリズム小説と呼ばれる作品を読むことになります。

映画化され、ジュリアロバーツが母親役を演じて、話題になりました。

日系人作家シンシア・カドハタによるニューベリー賞受賞作。

 

子どもが、好きな作品に出合い、英語の多読を継続するには、良書との出合いも大切です。

英語の多読が趣味になるには、作品選びも大事なプロセスです。

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校低~中学年☆女子編

小学校低学年~中学年向けのお勧めリストの中でも、特に女の子向けの英語多読お勧めリストです。

王道のThea Stilton シリーズはもちろんのこと、Who is/was~?シリーズにも、女性のロールモデルがたくさんいますので、興味のあるものから読んでみましょう。

この年齢向けに出版されている本の中でも、とりわけ女の子向けのものは、バラエティーに富んでいますので、興味を引くものから始めてみると良いでしょう。

音符Rainbow Magic のフェアリー・シリーズ

一巻ずつ、新しいフェアリー(妖精)が登場し、巻末には、次巻のフェアリーの紹介があり、継続しやすいシリーズなので、多読向きです。

内容もシンプルで、難易度もそれほど高くなく、初めの一冊として試しに読んでみる価値のあるシリーズですハート

 

音符Magic Animal Friends シリーズ

フェアリーシリーズ同様、作者はDaisy Meadows。

 

音符Secret Kingdom シリーズ

ここまでの選書は、本をよく読む子であれば、小学2年生くらいから始めても良いですし、逆に、まだ英語力がそこまでついていない子であれば、小学校高学年であっても、このレベルから始めてみるのが良いでしょう。

音符Jacqueline Harvey

Jacqueline Harvey 作の Alice Miranda シリーズClementine Rose シリーズは、小学校中学年以上のレベルになります。

Alice Miranda シリーズは、ページ数もありますので、上記のフェアリーの本にある程度、慣れてきてから読み始めるのがお勧めです。

Clementine Rose の方が、絵を見ても分かるように、読者層の年齢設定は低いですが、薄い本のわりには、小さな文字がページいっぱいに詰まっていて、フェアリーよりは難易度は上がります。

インター校生であれば、小2くらいでフェアリーを読み始め、小4くらいから Alice Miranda が読めるくらい力がついていると良いでしょう。

オーストラリア在住のJacqueline Harvey は、シンガポールを訪れることもあり、大型書店でサイン会を行ったり、インター校で講演をすることもある作者です。

フェアリーの本であれば、毎日3ページずつ読んでいくと、1冊読み終えるのに1ヶ月かかりませんおねがい

とても読みやすくて、初心者でも、惹きつけられる魅力を持ったシリーズですキラキラ

毎日3ページだったら始められそう、そんな気がしませんか?流れ星

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校低~中学年

インターの小学校低学年~中学年のお子さん向け多読お勧めリストです。

音符Geronimo Stilton シリーズ

Geronimo Stilton シリーズの他に、Geronimo の妹 Thea Stilton シリーズは、主人公が女の子なので、女子にお勧めです。

音符Who is/was ~? シリーズ

Who is/was/were ~?の伝記シリーズの他にも、What is/was ~?や Where is ~?シリーズもあります。

子どもの知的好奇心も満たされ、英語力も確実にアップします。

音符Roald Dahl シリーズ

『チャーリーとチョコレート工場』などの作品が映画化されていたり、『マチルダ』のミュージカルなどで、ロアルド・ダールをご存知の方も多いのではないでしょうか。

英語力がついてきたら、是非、多読のリストに加えてもらいたい作品ばかりです。

読めば読むほど、表現力もついてきますので、小学校中学年以上のお子さんにお勧めです。

作品によっては、本の厚みに怖気づいてしまうかもしれませんが、最初は、ページ数の少ないThe Magic Finger 辺りから始めてみると良いかもしれません。

 

音符Dragon Masters シリーズ

小学校低学年の男の子に人気です。

一度も英語で本を読み終えたことがない子にとって、最初の1冊としてお勧めです。

ストーリーラインがシンプルで、登場人物も少なく、ページ数もそれほどなく、1冊読み終えるという小さな成功体験が、次の2巻も読みたい!という大きな楽しみへとつながっていきます。

英語の本を1冊読み終える → 次が読みたい!

このサイクルが、多読への大事な一歩です。

外出できない時こそ、英語の多読

外出制限が6月1日まで延長され、自宅学習がさらに大事になってきましたね。

家で過ごす時間が増え、外出できないこの時期を、上手に利用して、

オンラインの学習教材を取り入れてみたり、これを機に、本格的に多読に取り組んでみるのもお勧めです。

今だからこそ、多読を始め、習慣化させる良い機会かもしれませんおねがい

 

ピンク音符ピンク音符ピンク音符英語の多読にお勧めピンク音符ピンク音符ピンク音符

【フォニックス ~ リーディング初級レベル】

音符BOB Books (フォニックス)

音符リーダーズ(初歩レベル)

音符I SPY シリーズ

 

【リーディング 中級レベル】

音符National Geographic Kids (リーダーズ)

音符ドクター・スース (Dr. Seuss)

 

【インター校 小学校低学年~中学年レベル】

音符Geronimo Stilton & Who is/was ~? シリーズ

音符Roald Dahl シリーズ

音符Dragon Masters シリーズ

音符女子編

 

【インター校 小学校中学年~高学年レベル】

音符Classic Starts シリーズ (名作を子ども向けにアレンジ)

音符The Land of Stories シリーズ

音符ハリーポッター シリーズ

音符Percy Jackson シリーズ

音符Keeper of the Lost Cities シリーズ

音符Realistic Fiction

 

【インター校 ミドルスクールレベル以上】

音符ディストピア文学

音符Historical Fiction(歴史小説)

音符Realistic Fiction(リアリズム小説)

音符Lord of the Rings シリーズ

 

毎日、数ページ。一冊終わったら、さらにもう一冊。

毎日コツコツが、多読の無理のない最初の一歩です。

外出できない時期だからこそ、オンライン教材

外出制限を受け、シンガポールでは、学校の授業がほぼオンラインへ移行しましたね。

私も、対面での英語レッスンを、全てオンラインレッスンへと切り替えました。

オンラインだから、普段と全く同じ内容とはいきませんが、でも、だからこそ、オンラインでできることを最大限、活用しています。

オンラインだからできることに焦点を当てながら、学習を継続する方法は、ある意味とても新鮮で、生徒たちは意外にも、楽しく学べているようです。

おうちの中であまり変化のない生活だからこそ、この機会にオンライン教材をうまく取り入れてみましょう。

 

ブルー音符ブルー音符ブルー音符お勧め英語オンライン教材ブルー音符ブルー音符ブルー音符

音符気軽に英語に触れられる、ゲーム感覚で利用できる英語学習サイト

むらさき音符 Starfall.com

ブルー音符 Turtlediary.com

むらさき音符 ELL.brainpop.com

ブルー音符 Literacycenter.net

 

音符タブレット等にダウンロードできる英語アプリ(有料のものでも一部無料で利用可)

ブルー音符Khan Academy Kids

むらさき音符Reading Train: Alphabet Books, Songs & Games

ブルー音符ABC Spelling Magic

むらさき音符Play Sight Words: Gr.1&2

ブルー音符Fun English Stories

他にも、ESLやPhonicsで検索してみると、色々と出てきます。無料でも十分活用できます。

 

音符YouTubeを活用

YouTubeで英語の歌に触れ、さらに、それを英語の絵本と組み合わせれば、理解力も伴います。

 

音符リーディング用オンライン教材 Raz-Kids

音符各種オンライン学習教材

 

不自由な日々が続きますが、逆に、今だから出来ることに目を向け、新たな学習形態へのシフトがもたらしてくれる変化をも前向きにとらえていきましょうむらさき音符むらさき音符むらさき音符

バイリンガル教育:英語と日本語のバランス ②小学校低学年~高学年

前回、幼児~小学校低学年のお子さんを中心に、英語と日本語のバランスに関してお話しました。

①幼児~小学校低学年:英語を自然に覚えたら、家では積極的に日本語を!

今回は、小学校低学年~高学年についてです。

②小学校低学年~高学年:英語も日本語も同時に進めましょう

小学生は、母語がまだ発達途上であるため、英語の理解不足を日本語で補おうと試みても、それを理解するだけの語彙力を持ち合わせていないため、難しい面があります。

例えば、lawという英単語が分からず、それは「法律」だよ、と教えたところで、法律という言葉の意味が理解できていないと、和訳も役に立ちません。

法律という意味を日本語で説明したとしても、その子の日本語の習熟度や子ども一人ひとりの既存の知識や思考力により、理解度に一定の差が出てきてしまうのですが、

この時期の有効的な学習の進め方としては、

①最も理解しやすい言語を用いて単語の意味や概念を十分に理解する。英語の方が強い場合は、英語でまず理解するのもこの場合はOK。

②その上で、これは英語でlaw、日本語では法律、と覚えた上で、両言語を同時に身につける。

こうした地道な取り組みが、しっかりとした土台を築いていくことにつながります。

一見バイリンガルに見える子が、この言葉は英語で分かるけど、日本語では言えない、というケースが、実に多く見られます。

厳しい言い方ですが、これでは決してバイリンガルとは言えません。

インター校の小学校では、UOI などのテーマ単元を中心に授業が進められるため、教科の枠を超えた語彙力を身につけていることが大事です。

Photosynthesisは光合成、二酸化炭素は英語でcarbon dioxide。

持続可能性はsustainability、child laborは児童労働など、キーワードとなる語彙力があることが、授業についていく大前提となりますが、これはあくまでもスタートにしかすぎません。

具体例として、小学4年生のUOI の一例をご紹介しましょう。

Conflict is influenced by the attitudes and actions of those involved(対立や紛争は、それに関わる人々の態度と行動に影響される)という学習単元の中には、以下の学習項目が含まれます。

Human rights and responsibilities(人間の権利や義務)

Sharing finite resources (有限な資源を分かち合う)

Communities and the relationships within and between them(コミュニティーとそれぞれの関係性)

Access to equal opportunities (平等な機会へのアクセス)

Peace and conflict resolution(平和と紛争解決)

日本語でも難しい内容ですが、それを英語で理解し、その上、自分の意見や見解を英語で表現できなければなりません。

そのためには、日本語でも本やインターネットなどを活用して、理解を深めることが必要です。

UOIに関連する知識を身につけておくことは、予習にもつながります。

まずは、キーワードを、意味も含め、しっかり覚える。

上記でいえば、attitudes, action, rights, responsibilities, finite, resources, communities, relationships, access, equal opportunities, peace, conflict resolutionなど。

さらに、一つひとつの項目に関しても理解を深めておく。

資源が無限ではない、ということはどういうことか?

そのため私たち一人ひとりにできることは?

地域や身近なところで始められることとは?

もっとグローバルに考えた場合、国単位でできることは何か?

すでに存在する世界での取り組みは?

こうした身近な疑問や問題意識が、この単元の目的である世界の紛争解決への糸口であることを、子どもたちは自ら学んでいきます。

どのような学習内容であっても、日英両語の関連記事や資料が読め、どちらの言語でもディスカッションができ、どの言語でも自分の意見を述べ、それを文章にまとめることもできる。

決して簡単なことではありませんが、長期的な視点を持ち、インター校の学習言語である英語に加え、同じ内容を日本語でも同レベルで身につけていくことを目指していきたいですね。

そのためには、ご家庭で日本語のサポートも欠かせません。

親子二人三脚で取り組み、お子さんの学習に寄り添うことも大切です。

バイリンガル教育:英語と日本語のバランス ①幼児~小学校低学年

海外で子育てをされている親御さんにとって、学校での英語を伸ばしながら、家庭内での日本語学習、この二つをどうバランス良く維持させていくか、というのは大きな課題です。

お子さんの年齢や学年に応じて、英語学習の内容が異なるように、ご家庭で日本語にどう取り組むか、というのもお子さんの状況や年齢・学年に応じて考えていくことが大切になります。

細かく見ていくと、各ご家庭やお子さん一人ひとりの状況は変わるものの、大まかに年齢別・学年別に見た場合、次のようなパターンが見られるでしょう。

①幼児~小学校低学年:英語を自然に覚えたら、家では積極的に日本語を!

②小学校低学年~高学年:英語も日本語も同時に進めましょう

③中学生以上:まずは日本語で理解し、英語を付け足す

 

今日は、①幼児~小学校低学年のケースを見ていきます。

①幼児~小学校低学年:英語を自然に覚えたら、家では積極的に日本語を!

ローカルまたはインター幼稚園に通われているお子さんは、毎日英語漬けになることで、自然と英語が身につきやすいですね。

幼稚園で過ごす時間が多ければ多いほど、日本語よりも英語の語彙力の方が、高くなります。

そのため、ご家庭で積極的に日本語を取り入れない場合、英語の語彙力の方がどんどん豊富になっていきます。

両言語のバランスを保つために、おうちでできることとしては、

1.家庭内の会話は日本語のみにする

2.日本語の会話の中に英語が混じるようになった場合、すぐ日本語に置き換えてあげる

3.お子さんにたくさんの日本語を聞かせてあげる(ご家族の会話やテレビなど)

4.日本語をたくさん読む(絵本の読み聞かせや、年齢相応の本を自分で読む)

この年齢のお子さんは、学校でたくさんの英語を覚え、自然と吸収しやすいので、常にそれに対応する日本語が維持できるように心掛けてあげることが重要です。

さらに、この時期を過ぎますと、異なるアプローチを要しますので、

次回は、②小学校低学年~高学年:英語も日本語も同時に進めましょうについてお話します。

大人の方向けチケット制 英会話レッスン

大人の生徒さん向けに、チケット制の英会話レッスンを開始いたします。

★お月謝制ではありませんので、

★ご自分のペースで、

★ご自身のスケジュールに合わせ、

★短期間で集中してレッスン受講も可能で、

★毎週レッスン時間を確保するのが難しい方は無理なく継続できます。

 

こんな方におすすめです

★せっかくのシンガポール駐在、英語をもう少し話せるようになりたい

★インター校の他のお母さんたちと、もっとコミュニケーションを取りたい

★英語をもう少し聞き取れるようになりたい

★学校からの配布物をもう少し理解できるようになりたい

★面談で、もう少し先生と詳しい話がしたい

★子どもに英語で絵本を読んであげたい

★どんな場面でも、自分の意見を英語で言えるようになりたい

★発音を直して伝わりやすい英語を話したい

★英語のニュースがもっと読めるようになりたい

★字幕なしで映画・ドラマを観たい

★英語で話す友達を増やしたい

★英語でSNSで発信したい

 

また、こんなお悩み・ご希望をお持ちの方も、再びトライされてはいかがですか?

★英語を習っていたが、思うように英会話力が身につかなかった

★グループレッスンで、話す機会が少ない

★英語での説明は、理解が難しい

★日本語で質問して、細かい所も日本語でしっかり理解したい

★テキスト中心のレッスンより、もっと日常生活に即した内容で英語を習いたい

 

 

気軽にカフェでコーヒーを飲みながらおしゃべりするような、そんな感覚で始められる30分の英会話

ご興味をお持ちの方は、一度体験レッスンをお申込みください。