インター校のアクティブ・ラーニング: IBプログラムのUOI(探究ユニット)

各国のインターナショナル・スクールは、IB(インターナショナル・バカロレア)プログラムを採用している学校が多数あります。

IB小学校のプログラム(Primary Years Program (PYP))で特徴的なのは、英語(国語)や算数などのコア教科の他に、UOI (Unit of Inquiry)という教科の枠を超えた(transdisciplinary) テーマ単元の学習があることです。

各UOIで扱うテーマは、IB教育の大きな枠組み (Program of Inquiry (POI))に基づいています。

子どもたちは、年間を通して6つのPOIを元にしたテーマで、主体的に、リサーチなどを通じて理解を深め、個人や地域といったミクロな視点から、世界・地球規模といったマクロな視点へと学習を広げ、教科の枠を超えたアクティブ・ラーニングを展開していきます。

PYPの根幹を成す6つの大きな柱となるPOIは以下の通りです。

☆ Who We Are 「私たちは何者であるのか」

☆ Where We Are in Place and Time 「私たちはどのような場所と時代に生きているのか」

☆ How We Express Ourselves 「私たちはどのように自分を表現するのか」

☆ How the World Works 「世界はどのように動き、作用しているのか」

☆ How We Organize Ourselves 「私たちは自分たちをどう組織しているのか」

☆ Sharing the Planet 「地球の共有」

各学年の子どもたちが、年間を通して6つのテーマを、それぞれ6週間かけて(低学年は4つのテーマを8週間ずつ)1つの探究ユニット(UOI) として学習していきます。

例えば、「自己表現」という How We Express Ourselves のPOIの中で、低学年は、詩の勉強をしたり、高学年は、それを美術や創作という形でフォーカスしてみる。

一方、How We Organize Ourselves においては、低学年は様々な職業や地域で活躍する人々のことを学び、高学年では、経済や、需要と供給のバランスについて学ぶ、といった具合に進められます。

Where We Are in Place and Timeでは、低学年は地図の勉強、そして高学年は、移民問題のことを自分たちで深く調べる、など。

世界中のIB校のPOIは変わりませんが、どの学年においてどのようなUOIを探究していくかは、各校によって異なります。

しかも、同じUOIであっても、一人ひとりの主体的なリサーチの方向性によって中身が大きく変わってくるため、同じクラスでも、学びの内容は子どもの数だけあります。

年間を通したUOIは、IBの目指すグローバルな人材育成が根底にあるのですね。

グローバルな視点、そして主体的な学習をサポートするアクティブ・ラーニング。

次回は、IBプログラムのアセスメント(評価)についてお伝えします。

 

【関連記事】

Reflectする力

☆ 教育×星 ☆

子育てや親子関係、教育などのテーマを中心に、対面での個人セッションを始めました。

西洋占星術をご存知ですか?

日々の育児や子育てなどを含め、お子さんの教育全般に関わることって、意外にすぐに結果が出るわけではないため、不安に感じることが多いかもしれません。

子育てが難しいと感じる時、ご自身とお子様のホロスコープ(出生図)は、毎日の不安や疑問のヒントとなり、普段の子育てが楽になることがあります。

例えば、お子さんが「○○ができない」という場合、実は、「○○ができない」ことが問題なのではありません。

むしろ「○○ができない」ことを何故、親として問題に思ってしまうのでしょう?

そこにフォーカスして見ていくと、「○○ができない」ことは、もう問題ではなくなりますね。

それぞれのホロスコープに触れることにより、お子さんが得意・苦手とする面を客観的に捉えられますし、そして、親御さんがそれを気にしてしまう原因などをも示唆してくれる有効なツールです。

ご自身の得意・不得意など、親としての資質や傾向、そしてお子さんの個性と可能性を知り、子育てのヒントを探ってみませんか?

占星術と聞くと、いわゆる占いを連想する方がいらっしゃるかもしれませんが、占いをお求めになってセッションを受けられても、恐らく満足いただけません。

もちろん親子の相性診断でもありません。

むしろ、ご自身が無意識に蓋をされていらっしゃる側面に気づき、自覚されていらっしゃらない資質などに、光が当たるでしょう。

別の視点から親子関係を見つめ、自分自身とゆったり向き合う時間を過ごしてみませんか

子どもと接する時間が新鮮に思えてきますよ☆彡

 

☆お問い合わせは、teruyo@learning-stage.comまでお願い致します☆

英語とAI

いよいよ、令和の幕開けですね。

平成の時代、私はブラジル→日本→アメリカ→ノルウェー、そして現在の居住地のシンガポールの5か国に住みました。

ほとんどが家族の都合での移動で、唯一、自分の意志で住んだのは、アメリカだけですが。

今現在、海外で育つ日本人の子どもたちも、そうですね。

親のお仕事の都合で、海外に住むケースがほとんどでしょう。

そこで、適応力や順応力を養っていく。

ただ、私の周りを見ていると、親の都合により海外で育った人は、帰国後、そのまま国内で大学進学、そして就職している人が多いので、やはりそこには自分の意志というものが大きく関わっているようです。

そして、たまたま家族で英語圏に赴任したので、自然と英語が身についた場合、英語が得意、語学を特技と捉えがちですが、今や、人工知能のAIに仕事を奪われないよう意識するような時代。

英語ができるだけでは、明らかに十分ではありません。

そこには、AIにはできない付加価値が求められます。

英語は、いつの時代にもツールであり、目的ではありません。

今では自動翻訳機でAIが、ほとんど訳してくれるので、英語習得そのものが必要ないかといえば、それも違いますね。

AIを使いこなせるには、それなりの語学力も必要。

そこそこの英語力はAIに取って代わられるので、むしろそれ以上の語学力がないと、これからは厳しいかもしれません。

「英語が話せます」以外の付加価値。

そこには、読解力も、ますます問われてきますね。

あの東ロボくんが、苦手なのも読解ですね。

今後は、英語も学習方法が問われてくるかもしれません。

英語を身につけ、AIをどう活用していくか、という時代ですね。

文系進学は、先進国の特権☆

以前、大学で脳神経の研究室に勤めていた時のことです。

シンガポールには、たくさんの留学生が在籍しており、とりわけインド人が多い印象があります。

中でも、インド人の女子学生が目立ちます。

いわゆる「リケジョ」ですね。

ある時、インド人の女子学生数人と、そういう話をする機会がありました。

彼女たちが口を揃えて言うのが、理系進学は当然という事実。

それ以外の選択肢を考えたことがない、と。

文系の進路は、親の反対が必至で、音楽系を含む芸術方面に進むのは、自殺行為という発言までも飛び出し、皆一斉にうなずきます。

前回のブログ記事にも関係することですが、これは先進国でしか生活したことのない人には理解が難しい、というか、ある意味、考えたこともないことでしょう。

少なくとも、選択肢があるという幸せを実感したことがあるでしょうか。

私自身、ブラジルのローカル高校を卒業しましたが、同級生の男子は100%理系に進み、女子は、法学部と経済学部に進学した人が、それぞれ一人ずついましたが、残りは、工学部か医学部に進みました。

先進国で育つ子どもたちは、選択肢に恵まれていますが、ある種、それに気づきにくい。

選択肢が多いのに、逆に、自分の選択に臆病になってしまっては、実にもったいないですね。

自分だからこそ、できることを。

より個性的で、よりクリエイティブであってほしいですね。

~ Leap of Faith ~

親にとって、治安の良い国で子育てをすることほど、安心なものはありません。

ただ、安全な国での生活しか知らない子は、自らリスクを負うことにも臆病になるのだなぁと最近、痛感しています。

私は、南米の治安の悪い国で育ち、自分の身は自分で守るということを、実生活を通して、身をもって知りました。

昔、ピアノを習っていた頃、出張レッスンでピアノを教えてくださった先生がいましたが、ある時、レッスン開始時間を過ぎても先生が姿を見せなかったことがありました。

時間にはとても正確な方だったので不思議に思ったのですが、後に聞いた話では、当日、家が強盗に入られ、家族全員が手を縛られていた、とのこと。

不幸中の幸いで、皆、無傷で済んだようですが、このように内容を疑ってしまうような話が、日常茶飯事だったりします。

安全な国、安全な環境に、実は日々、守られていることに気付かず、自分は何をしても危険な目には遭わないという、一種の妄想にかられてしまっている子どもたちは、果たして本当に幸せなのだろうかと考えさせられてしまいます。

世の中が平和であることに越したことはないのですが、平和ゆえに出現する問題もありますね。

世界の覇権争いのような社会現象や、日本の若者の留学離れなどを見ていても、平和ボケの危機感を感じます。

平和だからこそ、行動することに臆病になってしまうのは、子どもたちの将来の可能性までも狭めてしまう結果となり、非常に残念に思うところです。

Leap of Faith という表現。

不確実な中でも、自分はできると信じて、思い切ってやってみる、ということです。

根拠のない自信という直感に、時には背中を押してもらうのも、大切な一歩に繋がることがあります。

可愛い子には旅をさせよ、ですね☆彡

インター校のカンファレンス

現在、英語の家庭教師に関しましては、ご案内できる曜日や時間が限られておりまして、最近は、せっかくお問い合わせを頂きながらも、ご期待に沿えず、お断りしなければならないこともあり、大変心苦しく感じております。申し訳ございません。

一方、昨年は、通訳のご依頼もあり、お受けさせていただきました。

その中には、インターナショナル・スクール(インター校)においてのカンファレンスの通訳もありました。

インター校でカンファレンスと称される学校での面談ですが、幼稚園や小学校低学年では二者面談が多いかもしれませんが、小学中学年からは、子どもも交えた三者面談が多いですね。

一年を通しての面談回数は、学校によって差がありますが、少ないところでは、年に2回、多い学校では年に3、4回ほどあり、学年が上がれば上がるほど、回数が減少し、高校では全く行わない学校も中にはあります。

先生に直接お話を聞ける場ということもあり、有難い機会ではありますが、

英語が不得意、時間が短い、という理由から、カンファレンス自体に苦手意識をお持ちの保護者の方もいらっしゃいます。

面談は、短い時には15分、長くても30分という枠内で、しかも英語で効率良く済ませるのは難しいかもしれませんが、

実際、先生の話を聞いて終わり、というケースも多いようですが、それでは非常にもったいないです。

せっかく、こちらも時間を取って学校に足を運ぶわけですから、話が一方通行にならず、

こちらからも普段から気になっていることを聞いてみる良いチャンスですので、この場を是非、有効に利用していきましょう。

インターネットでは、「面談では、こんな質問をしてみましょう」というリストを載せているサイトも見かけますが、15分から20分という時間内で効率良く、学校生活を的確に把握するのは大変です。

しかも先生が伝えたいことと、こちらの聞きたいことに差がある場合は、さらに難しいですね。

気づいたら雑談で終わってしまっていた、とならないためにも、お勧めしたいのは、以下の二つの質問です。

★How is (my child*)’s participation in class/small group discussions?(*お子さんのお名前を入れる)

★What would be his/her long-term and short-time goals?

この二つを是非、聞いてみて下さい。

実際には4つの質問ですが (^^

これで、お子さんの学校での様子や学習態度・内容は、大体分かります(^-^

まず、

★一般の授業内での参加(頻度や内容など)

★少人数グループ内での参加 ですが、

これで、お子さんが普段、クラスでどの程度、話をしているか、発言できているかなど、教室での様子が見えてきます。

次に、

★今後の短期的な目標

★今後の長期的な目標 ですが、

「ライティングで接続詞をもっと使えるようにしましょう」と先生に言われた時、もっと長期的な目標が聞きたかった(・・;)

あるいは、壮大な目標を言われ、もう少し実現可能な目標が聞きたかった(-_-;)

という両方の場面を想定して、短期的な目標に合わせ、長期的な目標も聞いておくことによって、

子どもも保護者の方も、ゴールを可視化しやすくなります(^▽^)

一方、インターナショナル・バカロレアのカリキュラムを導入しているIBの学校では、Student-led conferenceという生徒主導の面談というものがあります。

最近では、IBを採用していない学校でも、年に数回あるカンファレンスのうち、一回はそうした形を用いることも多いようです。

自分の学習を俯瞰して見ることにより、子ども自身も自分の成長を自己評価でき、親御さんもお子さんが学習面で大事にしていることや、自分なりの目標を直接お子さんの口から聞ける貴重な時間です。

 グローバルな教育現場では、面談も子どもが主導。

自分の学習をも自ら客観視できる力、大切ですね ☆彡

人間性あってのプロ

年が明け、1月ももう下旬。早いですね(・・;)

私事ですが、年末年始は病院通いをしておりました。

今回は、お医者様の技術の高さに感動する経験をしましたが、それ以上に、周りの人の温かさと豊かさに触れた、そんな時間でした。

手術予定日の前日に、保険会社と折り合いがつかず、「このレートでは、私は手術はできない」と伝えてきた先生の言葉には、さすがに驚きましたが、そこには自身の技術に対する揺るぎない意識の高さが見られました。

最終的には、たくさんの方々のお力添えにより、予定通り手術をその女医さんにお願いすることができましたが、物を言える立場にある人が一言しっかりと発していただくことで、大問題も一瞬にして、いとも簡単に片付くものなのだなぁと、改めて言葉のパワーに魅せられました。

退院後、初診の際は、”Did you have a merry Christmas?” と診察室で先ず先生に話しかけられ、

年が明けてからは、”Happy New Year!” と早速、挨拶され、

傍から見たら、なんてことのないやり取りですが、こうした心配や不安が入り混じる空間だからこそ、この何気ない一言がその場を和ませてくれます。

普段、言葉を生業としているからこそ、敏感に感じ取るのかもしれません。

時には人を非難したり、傷つけ、凶器にもなりうる言葉だけに、その一言に秘めた強さや優しさ、ぬくもりや美しさ、しなやかさや品格など、言葉に宿る思いを改めて実感しました。

人の気持ちに寄り添える言葉、スパイスを加える言葉の遊び心など、

言葉に宿るエネルギーは、その人の思考そのもの。

言葉は、思いと行動が伴うからこそ、信頼や安心を届けられるのですね。

今年は、そんなことを感じながらの発動でした。

今年は、キング牧師の生誕90周年。

I HAVE A DREAM…

非暴力で人種間の平等を訴えたこの言葉は、時を経て、今もパワフルに響きますね。

それぞれのクリスマス☆

ノルウェーのクリスマスケーキといえば、クランセ・カーケ(^^♪

アーモンドパウダー入りのクッキーのような触感です☆

クリスマスケーキと言うよりも、お祝い事の際には必ず登場する、日本人の感覚で言えば、お赤飯のような存在(^^

一方、南国ブラジルでは、真夏のクリスマスのお祝いのお供はパネトーネ。

移民の国ブラジルは、イタリアやドイツなどヨーロッパ系の移民や、日本からの日系人、そしてアフリカ系移民も多い。

でも、なぜかクリスマスケーキとして定着したのは、イタリア系移民が持ち込んだ、ドライフルーツたっぷりのフルーツケーキ。

どちらも、私たち日本人にはあまり馴染みのないケーキですが、ここシンガポールのローカルスーパーで、この時期、パネトーネを見かけると、懐かしく感じます☆彡

人生の短い期間であっても、シンガポールで育った子どもたちは、その後、シンガポールのクリスマスをどのように思い出すのでしょう?

赴任先がどこであっても、その国でしか経験できないことを体験していきたいですね。

将来、何がどこに繋がるか分からないので、何事も貴重な体験ですね。

 来年もどうぞ宜しくお願い致します。

感性の豊かさ

藤井聡太七段の100勝達成のニュース、すごいですね。

モンテッソーリ幼稚園に通ったという藤井七段ですが、それを受け、最近、モンテッソーリ教育が再び注目され始めているようです。

モンテッソーリ教育には、算数、言語、文化(理科や地理)以外に、日常、そして感覚教育というのがありますが、その中でも、私は特に感覚教育が好きです。

このモンテッソーリの感覚教育こそが、他の教育アプローチと一線を画し、モンテッソーリ教育を他にはないユニークなものにしているように思います。

私も縁あって、アメリカでモンテッソーリの教員養成講座を受講する機会に恵まれましたが、資格を取得するためのトレーニングを受けていた際、感覚教育を体感する課題として、二人一組で、交互に目隠しをして、ペアを組んだ人と一緒に外を一周するという経験をしました。

普段以上に触覚を頼りにするので、手の指先が敏感になったり、日頃あまり気づかない風の匂いを感じたり、はたまた耳で情報をできるだけ受け取ろうとしたり、目が見えなくても意外と「見えてくる」ものもあるのだと衝撃を受けました。

日々あまり積極的に使用していない感覚が活性化される、という新鮮な気分でした。

ここでの大きな収穫は、子どもは実は、目隠しをされた大人の状態である、という驚きの発見でした。

子どもは、大人ほど視覚から情報を読み取らないので、五感を使って一生懸命それを体感しようとするのですよね。

子どもの行動って不思議だなぁと思うことがあったら、それを目隠ししながらやってみて下さい。

子どもの気持ちに一歩近づけると思いますよ。

先週は、本庶先生のノーベル賞授賞式のニュースもありましたね。

以前、スウェーデンのストックホルムを訪れた際、ノーベル博物館で本を一冊購入しました。

たくさんのノーベル賞受賞者が記事を寄稿する中、人生で影響力の強かったものに関して、意外にも、自然の中に身を置いていた自分たちの原風景を語っている方が多くいました。

当時は、この共通点を不思議に思ったものですが、豊かな自然の中で育まれた感性が、その後の功績につながったのですね。

同じく北欧の隣国ノルウェーですが、首都オスロにバイキング船博物館があります。

バイキング船が展示されている小さな博物館なのですが、実際の船を目の当たりにすると、10世紀前後に、この国にこんな技術があったのかという事実に圧倒され、その航海術にも驚きますが、それよりも何よりも、その造形美に思わず息を呑んでしまいます。

大海原での航海が目的であったのであれば、船がこれほどにも美しくある必要があったのだろうかと疑問にさえ思ってしまう程の造形美に目を奪われます。

将棋、ノーベル賞、そしてバイキング。

その共通点は意外にも、研ぎ澄まされた感性かもしれません。

実績や実用性が評価されているのはもちろんのことですが、でも、その根底にあるのは、それぞれの感性。

何をするにしても、感性の豊かさがそこには宿るのですね。

もともと素晴らしい感性が備わっている子どもたち。

それをさらに深いものにしてくれる絵本は良いツールではありますが、それも選書次第です。

子どもたちがすでに持ち合わせている創造性や感受性を生かし、さらなる豊かな方向へと育めるかは、周りの大人次第です。

感性をさらに磨き、潜在的な資質を上手に引き出してくれるような絵本作品を探し当てる審美眼を是非、養っていきましょう。

感覚を磨くことは、物事の本質を見極める眼を養うことであると語るのは、吉元由美氏。

平原綾香のデビュー曲『Jupiter』を作詞されたことで知られる吉元さんですが、『Jupiter』は、そんな素敵なセンスから生まれたミリオンセラーですね☆

I SPY でミッケ!

I SPY というシリーズで、『ウォーリーをさがせ!』的な要素を持ったアプローチの絵本があります。

日本では、『ミッケ!』というタイトルで出版されています。

大人と一緒に読めば、子どもは大人が読んだテキストに沿って、その文章が指しているものを写真の中から探し出し、絵本の物語をエンジョイするよりは、親子で I Spy ごっこをするような感覚ですね。

そこには、普段の読み聞かせとは少し趣向の異なる絵本の面白さが♪

クリスマスやハロウィン、バレンタインなど、シーズン毎のイベントや、数字・学校・恐竜など、テーマも多岐にわたり、子どもの好奇心をかきたてます。

こうして親子で楽しむ方法もありますが、一方で、このシリーズ、リーダーズとしても展開しているところが嬉しい(^-^

以前ご紹介したOlivia やエリックカールの絵本を元にしたリーダーズと同様に、リーディングの一環として I SPY をリーダーズとして積極的に活用する方法、おすすめです(^▽^)

子どもが自分でセンテンスを読むだけでなく、更にそれを写真の中で探し当てる、というオマケ付き(^^♪

フォニックスのルールを一通り学ぶと、あとは sight words をどれだけ増やし、そしていかにリーディング量を増やしていけるか。

これでリーディング力は確実に変わってきます。

しかし、時には、定期的に読み進めているリーダーズに、子どもが飽きを感じてしまうこともあります。

順調に進んできたリーディングのプロセスに少し停滞がみられるようになったら I SPY リーダーズで「楽しく読む」「目的をもって読む」ことに意識を向けてみませんか?

楽しくないとリーディングは進みませんし、リーダーズをひたすら読み続けることに終始するためにリーダーズは存在するのではありません。

いつかは卒業するリーダーズ★

リーダーズ使用の究極の目的は、多読を楽しむだけのリーディング力をつけることでしょう。

読書は大人になってからも続く趣味であり、リーディングは知識を得るための情報収集の手段でもあります。

学校でいくらリーダーズが読めても、真の意味でその子が自ら読みたい本を実際に手に取り、ご家庭でも本を読むことを心から楽しんでいないのであれば、それは広い意味でのリーディングの目的は果たしていません。

リーダーズで停滞が見られるようになったら、 I SPY リーダーズを試してみて下さい。

ダラダラと文章を読むのではなく、写真の中で何を探し当てるのかを探るためのリーディングということで、目的あってのリーディングの第一歩を踏み出すことになります☆彡

そのうちリーダーズも卒業し、

絵本の大型本も子どもが自分で読むようになるでしょう(^-^