【本帰国後の英語力】維持のみならず、向上を目指していきましょう

日本は、秋の行楽シーズンですが、

今年、本帰国となった生徒さんと再会できたり、

中には、わざわざ会いに来てくださる生徒さんの存在が嬉しく、

充実した時間が過ごせております。

 

本帰国後の英語をどう維持していくか、というのは

皆さん気になる問題だと思いますが、維持するだけでは不十分、

という意識は、とても大切です。

 

年齢相応の語彙力・表現力は、帰国時の英語力を維持しただけでは

身につきません。

どんなに英語ができるお子さんであっても、

当時の英語力を維持・キープしただけで、大人になっても、

小学校英語のままでは残念ですね。

 

子どもの成長と共に、年齢や学年相応の知識や能力が

大事であるのと同様、年齢・学年相応の英語力を維持のみならず、

それを向上させていくのは、自然とできるものではなく、

意識なくしては難しい課題です。

 

その時々で、必要な先生、適切な指導を常に見直していくことが

英語力を維持・向上させていく鍵になります。

 

🎃 素敵なハロウィンをお過ごしください 🎃

コロナ禍における働き方

諸事情により、北米に1週間ほど滞在しておりましたが、

ワクチン接種&PCR陰性で、隔離は免除されました。

街の様子を見ていますと、コーヒーショップなどでの飲食は、

テラス席のみで、屋外では、マスクを着用している人は半数ほどで、

秋の心地よい天候のもと、マスクなしで過ごせることが新鮮でした。

 

生徒さんのご協力の下、北米では、時差の関係上、

一部のオンラインレッスンのみ継続しましたが、

現在は、日本に一時帰国中のため、

オンラインレッスンを全て再開しております。

 

オンラインレッスンは、内容によって向き・不向きがありますが、コロナ禍における行動制約がある中、場所や時間に縛られない働き方を改めて痛感した今日この頃です。

大学受験で、英語民間試験導入の賛否。そして、その先へ。

最近、高校生を教える機会が増えました。

そこで、長年の疑問だった、なぜ日本人は、中・高の6年間の英語教育で英語が身につかないのか?という問題を、少し考えてみたいと思います。

使える英語を育んでいない、と言われる日本の英語教育ですが、最近の高校の英語教材や、一般の市販の英語教材を見ていると、原因は大きく二つあると思います。

① 英語の教材が、生徒のレベルに合っていない

② 表現は一つ、という誤った指導法・学習法

最近は、英語教材の幅も広がり、教材選びも選択肢が増えました。

良い教材が入手できる一方で、それを使いこなせる環境が揃わないと、その教材の良さは引き立ちませんね。

良い教師と良い教材があっても、それが生徒のレベルに合致していなければ、良いとされている教材を使用する意義が損なわれてしまいます。

さらに、これは受験英語にも通じることですが、たくさんあるはずの英語表現の中から、唯一一つだけが正解、という先生の教え方・生徒の学習方法がすでに定着してしまっていること。

表現方法は無数に思い浮かぶような問題でも、この (  )とこの (  )に入れるべき単語は、何でしょう?という問題が、最たるものだと思います。

答えは無限にあるはずなのに、この場合は、何故これだけが正解なのだろう?と疑問を持たざるを得ません。

では、この状況をどう打破していくか?ということですよね。

今年度は実施が見送られましたが、大学入学共通テストで、英語民間試験を導入するという案は、打開策につながると考えています。

理由は二つ。

① 画一的な指導法・学習法を見直せる

② 英語民間試験は、テスト作りのプロが作成している

英検やTOEICなどの民間試験のための勉強をしていると、同意語や単語の言い換え・置き換えを理解できていないと解けない問題が多々あり、様々な語彙・英語表現を学んでいけるので、学習範囲も必然的に広がります。

民間試験の過去問や、それに向けた問題集だけでも、優秀な教材となり、それで確実に英語力がつくのであれば、これだけで上記①と②の問題点が解消されます。

一方、各種英語試験は民間であるために、その内容は、常に厳しい批判の目が向けられているため、試験内容の維持・向上が常時、期待されます。

レベルが下がったり、内容が実力を伴わないものだったら、存続自体が危ぶまれて、市場で生き延びられません。

実際に、TOEICやTOEFLなどの英語試験を制作しているETS社は、長年、アメリカの大学受験に必須のSAT試験に携わってきた経緯がありますが、SAT主催機関のCollege Boardが、SATのライティング試験に関して、ETS社との契約を打ち切ったというケースも過去にあり、どの民間試験にとっても、公平性や試験内容・レベルの維持そして、その向上は、シビアな問題です。

ETS Loses SAT “Writing Test” Contract | FairTest

一方で、導入に課題があることも否めません。

学校現場での混乱や負担の増幅、そして受験生やその家族の経済的な負担も含めた問題や、一定の英語試験に偏りが見られたり、それを商機と捉える英語教育市場など、問題は確かに山積しています。

ただ、数々の課題も否定せずに、前向きに議論を続けていくことは、有益です。

賛成派も反対派も、行き着くところは、日本人の英語力向上という共通の目標があるわけですから。

 

しかし、この先は、余談になってしまいますが、仮に民間テストが導入されたとして、そこをゴールとしてしまうのは、英語力向上という意味では、それは大きな落とし穴とも言えるでしょう。

この手の議論が白熱すると、〇〇試験満点講師のテキストなどが良く売れるようになったり、「〇〇試験満点」が話題になり、それだけが一人歩きしてしまいがちです。

もちろん、試験で満点を取ることを目標に、英語学習に励むことは悪いことではありませんが、満点取得が英語学習の最終目標ではないということを視野に入れることも大切です。

実際、留学経験者であれば誰でも実感してきていることですが、満点に近いテスト結果が、実際に留学先で通用するかと言うと、それは入学する資格を得た、というだけであり、その先は、別の努力が必須となり、そこは〇〇試験満点が何の意味も持たない世界であることも事実です。

 

今できること。

まずは、今はじめられることから、少しずつ。

 

【関連記事】

英検で英語4技能アップ:インター校生が英検を受験する際のコツ | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)

英検に代わる英語能力試験【TOEFLジュニアのメリット・デメリット】

前回、英検についてお伝えしましたが、このコロナ禍、シンガポール国内では、昨年より、英検の実施見送りが続いてますね。

そんな中、中学受験を控えている生徒さんの中には、TOEFLジュニアの受験を検討されている生徒さんもいます。

TOEFL Junior® Standard とは | GC&T公式ウェブサイト(TOEFL Primary、TOEFL Junior) (gc-t.jp)

TOEFLと言えば、英語圏への留学の際には、必ず必要になる英語能力試験ですが、

TOEFLジュニアは、TOEFLと同様、米国のETS(Educational Testing Service)によって開発された中高生向けの英語のテストです。

内容は、リスニング、ランゲージ(文法・語彙)、そしてリーディングの問題から構成されてます。

TOEFLジュニアを受験するメリットとしては、試験内容が、比較的インター校生向けと言えるということでしょう。

デメリットとしては、英検とはかなり内容が異なる試験であるため、子どもによっては向き・不向きがあり、

そして、小学生が受験する場合、不慣れなことが多いので、一通り問題集に取り組み、出題傾向に慣れておく必要があります。

例えば、英検準1級と比較すると、トータルの試験時間はあまり変わりませんが、問題数が英検準1級がリスニングと筆記試験を合わせた場合、70問+英作文なのに対して、

TOEFLジュニアはリスニング・ランゲージ・リーディングがそれぞれ42問あり、合計126問になります。

具体的に、リスニング試験では、アカデミックな授業を聞き、複数の質問に答えるという内容が、英検とは大きく異なります。

1分40秒~3分間という長さの授業やディスカッションを聞いた後に、4つの設問に解答するという形式は、インターに通う小学生にとっても難易度が高いです。

ランゲージのセクションは、こんな感じです。

見た目は、英検とずいぶん違います。

英語の多読の習慣があっても、英文法を体系的に学んでいないと難しく感じる問題もあります。

一方、リーディングの読解問題では、英検と比較した場合、図や表から的確な情報を探し当てる作業が、大きな相違点です。

インターの小学生でも、慣れていないと難しく感じるでしょう。

その他にも、5~6問の長文の読解問題があり、出題内容は、本文の要旨や目的に関する問題や推測問題、同意語や熟語、代名詞に関するものや、間違っている情報を特定するNOT問題など、多岐に渡ります。

リーディング対策としては、多読のみならず、日々の生活に英語のニュース記事などを読む習慣を取り入れ、さらにはその読解問題に普段から取り組んでおくと良いでしょう。

TIME for Kidsで時事英語 | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)

英語学習者向けニュースサイト Newsela | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)

 

TOEFLジュニアは、コロナ禍であっても、TOEIC同様、シンガポール国内にいながら定期的に受験できるというのが最大のメリットですので、

そういう意味では、選択肢の一つとして考慮してみるのも悪くありませんが、お子さんによって、向き・不向きがあるため、その辺の見極めは重要です。

Events for July 2021 – TOEIC Singapore

 

このコロナ禍、予定していた試験が受験できないなど、不測の事態に柔軟に対応していく適応力がますます問われてきます。様々な選択肢を探りつつ、子ども一人ひとりの可能性の芽を大きく育てていけるようサポートしていきたいですね。

英検で英語4技能アップ:インター校生が英検を受験する際のコツ

帰国の際、受験などで重視されることもあり、英検は、海外在住のインター生も受験してますね。

英検は、3級以上を受験する場合、リーディングやリスニングに加え、ライティングの問題で一次試験が構成されており、二次試験でスピーキング試験があります。

各級の試験内容はこちら↓

試験内容・過去問 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会 (eiken.or.jp)

まず、どの級を受験すれば良いのか分からない場合は、各級の最初の語彙問題を試しに解いてみることをお勧めします。

例えば、準2級の語彙問題が7割出来て、2級は5割だったら、2級から始めてみるのがちょうど良いレベルになります。

インター生は、総じてリスニングは得意ですが、

一方で、筆記試験前半の語彙問題と、後半の読解問題と、最後のライティング問題の得意・不得意の差にバラつきが見られます。

英検対策として、ノンフィクションの多読は、特に有効です。語彙力強化につながりますので、語彙問題・読解問題の本文理解、共に効果的です。

長文読解に関しては、英検に限らず、その子の国語力とかなり相関関係が見られます。

小学校高学年ですと、塾に通うお子さんも多くなりますが、国語の力は、英語の読解にも関係してきますので、国語力を鍛えることは、英文の理解力にも相乗効果があります。

その上で、英文の構成上、重要になってくる接続詞等のつなぎ言葉に注目することで、長文を上手に読み進めていくためのスキルも身についていきます。

また、読解問題では、同意語を強化していくことが、いち早く正しい選択肢にたどり着くことができ、正答率を上げていくことにもつながります。

そして最後にライティングですが、自分の意見を論理的に述べる力が要求されます。

特に英検のライティングは、級が上がるごとに、意見を論理的に記述する力が徐々に養われていきますので、ライティングのスキルが級ごとにアップしていける仕組みになっており、とても良いトレーニングになります。

インター生にとって、ライティングの課題は難しくはありませんが、小学生の場合、論理的に物事を順序立てて書くことに慣れていないことも多いので、エッセイの構成などのテクニックを身に着けておくと良いでしょう。

さらに、普段から様々なテーマで自分の意見が述べられるように意識するなど、日々心掛けておくと良いですね。

一次試験に合格すると、二次試験でスピーキング力を測りますが、ここでは、筆記試験には出題されないような、日常生活の風景を英語で伝える能力が問われてきます。

日常的に英語を普段から使用しているインター生ですが、日常英語で意外にも知らない単語があることに気づき、様々な生活シーンを想定して、カジュアルな場面での英単語を増やしていくのがお勧めです。

 

海外で暮らす日本人のお子さんは、日本語も英語も同時に伸ばしていく環境にいますが、両方の言語を均等に伸ばすことは難しくても、その時々で、お互いの言語が上手に補い合い、全体の言語力が向上し、その相乗効果で感性や知識も豊かになっていくような、そんな経験であってほしいと思います。

 

【関連記事】

【英検準1級の壁】小学生は語彙力を、中学・高校生は読解対策を強化 | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)

コロナ禍の中、新たなステージへ進む卒業生へのメッセージ

5月は、インター校の卒業シーズン👨‍🎓

このコロナ禍、2年連続で、大規模な卒業式の代わりに、それぞれの学校が、工夫を凝らす中、それぞれのバーチャル卒業式を迎えました。

不透明感が漂う中、卒業生に向けたスピーチにも、それが如実に表れています。

President Obama’s Message to the Class of 2020 – YouTube

これは、オバマ前大統領が昨年、高校の卒業生に向けたスピーチ。

「大人でさえも答えを持ち合わせていない」このご時世、

「今までのやり方が通用しない」時代だからこそ、

「君たちがこの国の未来を作り上げていくのだ」

という、ある意味、言い古された台詞が、今だからこそ、とても新鮮に心に響きます。

アフターコロナをこれから生きる世代だからこそ、責任感も伴うけど、

同時に、自分自身を鼓舞する原動力にしてほしいとも思えるスピーチでした。

英語で、卒業式はcommencementと言い、「始まり」を意味します。

まさに卒業よりも、むしろ人生の新たなステージへの移行を意味するのですね💞

CONGRATULATIONS, Class of 2021!

お別れの季節に考える、新時代の今後の仕事の方向性

 

春はお別れの季節ですね🌸

今年は、本帰国される生徒さんが数名いらっしゃいますが、

そんな中、ご帰国後もオンラインレッスンを継続されたいというご希望をお持ちの方もいらっしゃいます。

有難い限りです💕

このご縁に何よりも感謝ですが🙏

一方で、オンラインレッスンそのものが持つ可能性を

感じるところでもあり、

活動の幅を広げてくれる新たな時代のツールでもありますね。

 

昨年のちょうど今頃、CBを受け、レッスンを全てオンラインへ移行しました。

現在、対面レッスンとオンラインレッスンは、3:7の割り合いで、

ご希望やレッスン内容、生徒さん一人ひとりに合わせた

最適なレッスン形態を念頭に、柔軟に対応しております。

 

巷では、風の時代、みずがめ座の時代と言われていますが、

これからは、場所に縛られない働き方がどんどん加速度的に

進化していきますね。

楽しみですね🎈

【英検準1級の壁】小学生は語彙力を、中学・高校生は読解対策を強化

長くインター校に通われているお子さんは、特に英検のための勉強をしなくても、小学校高学年までには、順調に英検2級を取得できる子も、その先の準1級を、小学卒業時までに目指しても、なかなか合格できない、という声を聞くことがあります。

実際に、試験内容を比較した場合、準1級に出てくる問題の選択肢を見ただけでも、子どもの日常生活に即した語彙ではないことが分かり、そのため難易度が上がります。

各級の目安 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会 (eiken.or.jp)

英検のサイトにもあるように、準1級レベルは、大学中級程度とありますので、小学生には、かなりハードルが高いのも当然ですね。

例えば、これは2020年に出題された問題です。

これは、消去法で正しい答えにたどり着くことができる問題ではあるとは言え、どんなに英語ができる小学生でも、正解の1hypocrite(偽善者)という単語を知っているお子さんは、かなり少ないでしょう。

このように、2級までは、子どもの生活英語で何とかなる内容なのですが、準1級は、語彙力を生活圏外まで広げないとなかなか難しいです。

そのため、2級までは勉強しなくて合格できても、準1級は、かなりの学習時間を要します。

そして読解問題は、長文を読むこと自体に慣れていない子が多いことと、内容が小学生には難しいこともあり、後半の長文読解に時間をかけるよりも、前半の語彙問題で、高得点が取れるような学習方法に取り組むのがお勧めです。

小学生で2級まで合格できているのであれば、リスニングやライティングに関しては、2級の延長線上の準備でおおむね大丈夫ですので、その分、語彙力を強化していきましょう。

 

一方で、中学生や高校生は、長文を読んだり、読解問題自体に慣れており、文脈で内容を捉えることができ、背景知識もあるため、長文読解では有利です。

さらに、小学生よりも、難易度の高い単語を覚えるだけの記憶力もあるため、市販の単語帳で語彙力を上げることも、さほど難しくありません。

むしろ、小学生の方が得意とするリスニング問題のスコアを上げることの方が課題かもしれません。苦手意識を克服するには、英語をたくさん聞いて、英検問題に慣れる耳にしていきましょう。

ライティングに関しては、小学校で準1級を受験する子よりは、英語の表現がスムーズでない面がある一方、論理的に物事を順序立てて書くことは得意ですので、接続詞などでしっかりとメリハリのあるライティングを心掛けていくと良いでしょう。

 

いずれにしても、小学生も、中学・高校生も、フィクションよりノンフィクションをどれだけ多読しているかによって、結果に差が出てきますので、数多くのノンフィクションを進んで読んでいきましょう。

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校低~中学年 | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)

Who/What is? シリーズは、語彙力・読解力、共に強化できる教材です。

 

語彙と共に、背景知識も豊富になる。

是非、学習のお供に☆

食わず嫌いでは、もったいない!英語学習者にとって Roald Dahl 作品の魅力はどこに?

最近の児童書は、カラフルで、字が大きく、挿絵も可愛いので、それに比べると、Roald Dahl の本は、そういう意味では、地味かもしれません。

そのためか、子どもがなかなか自分から手に取ることが少ないように見受けられます。

絵は白黒、そして決して日本人受けするような作風ではありません。

ところが、試しに1冊読んでみると、Roald Dahl ワールドに何故かはまってしまうのも、この作者の不思議な魅力です。

まるで、子どもの空想世界を代弁し、読者を見事に異次元の空間へと誘い出し、そこから奇想天外な展開を繰り広げていく。

Roald Dahl の独特な世界観の創作も素晴らしいのですが、さらに特筆すべきは、難易度の高い語彙を多用することなく、しかし、芸術的ともいえる英語の表現力を幼い子どもたちに提供していることだと思います。

特に、英語学習者にとって何よりも嬉しいのは、英語特有の言葉遊びなども随所にあるものの、限られた英語力でも、いつの間にか不思議と一流の文学作品の世界へと引き込ませてしまう作者の圧倒的な表現力。

【英語の多読にお勧め】インター校 小学校低~中学年 | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)

以前にもご紹介しましたが、あまり厚みのない作品(Magic Finger や The Twits など)から始めてみるのがお勧めです。

一旦はまると、次から次へと読みたくなるのが Roald Dahl 作品の特徴。

慣れてきたら、映画化されたお馴染みの作品 Charlie and the Chocolate Factory も楽しく読めます。その後は、続編の Charlie and the Great Glass Elevator も是非、一読を。

ここまで来ると、最初はその分厚さに怖気づいてしまっていた Matilda も、読みたくなりますね☆

Roald Dahl の創作活動を支えてきた自宅脇の小さな小屋。ノルウェー移民の両親の元に生まれ、夏休みをよくノルウェーで過ごしたというダール。無類の hytte(ノルウェー語で山小屋)好きであるノルウェー人の血が、こんなところにも垣間見れるのが面白い。

 

おまけ: 小屋の中の様子は、こんな感じだそうです↓

Roald Dahl interview and short film – Pebble Mill at One 1982 – YouTube

Complex Sentenceとは?

今年も新学期が始まりましたね。

皆様にとって、有意義な一年でありますよう、お祈りいたします。

゚・:,。★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

G4(小4)くらいからでしょうか。

学校のレポートカードに「今後は、complex sentence を積極的に書いていけるようにしましょう」というコメントを目にするようになります。

一見、より複雑な文を書けるようにしましょう、と言ってるように見えますが、厳密には、そうではありません。

英文には、simple sentence と compound sentence、そして complex sentence があります。

I am tired. という simple sentence(単文)と比べ、

Compound sentence (重文)は、たいてい and, or, so, but などのcoordinating conjunction(等位接続詞)を文中に用います。

I was tired and sleepy.

Bob was tired, so he went to bed. などですね。

では、complex sentence(複文)の場合は、Unless, As, While, Until, Before, After, Because, Since などの subordinating conjunction(従属接続詞)を使用することが多いです。

Since I was tired, I went to bed. という感じですね。

Feeling tired, I went to bed. も同じく複文ですが、この場合、接続詞はありませんが、主節と従属節から成ります。

 

小学校低学年のうちは and, or, but, so などの接続詞を頻繁に使っていたとしても、G4くらいからは、 complex sentence を意識していきましょう。

そのために、Unless, As, While, Until, Before, After, Because, Since といった接続詞を文頭に持ってきて、文を書く練習から始めてみるのがお勧めですよ。

ライティングの際、全て複文で書くと良いということではありません。Simple, compound, complex など、様々な形のセンテンスをバランスよく組み合わせることで、文章が読みやすくなりますので、意識してみると良いでしょう。

 

【関連記事】

ライティング指導のプロセス | オンライン英語レッスン (learning-stage.com)