今世紀最高のピアニスト、マルタ・アルゲリッチ来星!


(演奏中の撮影はもちろんNGですが、カーテンコールではフラッシュを使用しなければ撮影OKとのこと。ほとんどの人がスマホで必死に撮影していましたよ。)

http://www.argerich-mf.jp/artists/Argerich.html

レジェンド女性ピアニスト、マルタ・アルゲリッチ(77)。

女性の歳に言及するのはなんですが公表されていますので言いますと今年の6月で77歳になられました。
楽器は生きているうちは弾けるものではありますが、世界各国で演奏会をし、そして難曲中の難曲、今回はプロコフィエフの協奏曲やラフマニノフのピアノデュオ作品等軽々と弾いてのける高齢の演奏家はそうそういません。

シンガポールピアノフェスティバル25周年という記念の年に合わせ、彼女の公演もピアノデュオ、そしてシンガポール交響楽団との協奏曲、2公演開催されました。もちろん2公演とも行って参りました。

CDや映像で幾度となく彼女の演奏を聞いてきましたが、実際の演奏では卓越したテクニックがさらに光っており、その上余裕しゃくしゃくの美しい演奏。

近年ソロリサイタルは行っておらずオーケストラとの共演、他楽器の演奏家との共演が主ですが、シンガポール公演ではアンコールで2曲ソロ演奏もして下さり、観客も皆至福の時を過ごしたのではないでしょうか。
私も1曲はアンコールをして下さるかな、と予想しておりましたが2曲は予想外で少し驚きました。

若い頃は気分屋で突然の公演キャンセルも度々(私も日本在住時、キャンセルされてしまった経験あり。体調不良とのことだったので仕方なかったでしょうけど)、3度の結婚歴、などプライベートでも話題沸騰な彼女でしたが、近年は丸くなって柔和なおばあ様という雰囲気ですね、演奏はアグレッシヴですけど。

日本には毎年彼女の名を冠した“別府アルゲリッチ音楽祭”という音楽祭で毎年来日し、ピアノをお弾きになる美智子皇后さまも彼女の大ファンでいらっしゃいます。

今回意外にもアルゲリッチは東南アジア初公演だったようです。同じ時期、シンガポールは歴史的首脳会談があり一部地域はいつもと違う様相でしたが、シンガポールはお気に召されたでしょうか、又ぜひ来星していただきたいです。

ちなみに彼女の2番目の夫、スイス人の世界的指揮者さんはシンガポールにも家を持っていらしてシンガポールPR保持者だそうです。
私もここで彼の指揮する公演に行ったことがあります。

その時に”アルゲリッチもシンガポールに呼んでくれないだろうか・・”(離婚後も彼らは仲良しだそうで何度も共演したりCDを出したりしています)
と思っていたのですが本当に来られたなんて!

月並みですが夢のような公演でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*