様々なピアノ教本

お勉強の参考書と同じくピアノ教本にも様々な出版社からタイプの違ったものがたくさんあります。
昔はバイエル、メトードローズなどから入って譜読みの基本がわかってくるようになるとブルグミュラー曲集やツェルニー教本に入って・・・という進み方が主流だったでしょうか、昔というか大昔ですかね?(笑)

ピアノはお勉強と違って〇歳までに、もしくは〇年生までにこの単元、この曲集に進んでおかなければいけない、ということは当然ありませんので、
教材は人により違い、考えて決定しております。
音楽教室等ではその会社が出版している教材を使用してそのカリキュラムに沿って行っていると思いますが、個人レッスンですので一概に初心者はハイ皆さんコレっ、初級、中級になったら皆コレっ、ではありません。
日本では現在特徴も様々な教材が無数にありますので、それらの情報をキャッチアップしながら選定します。
以前他の講師から移ってこられた生徒さんの親御さんから”以前の時は何だか教本が子供に合わなかったような気がする”と仰っていたこともありました。

店頭で手にとって見られたら一番いいのですが一時帰国もままならない現在それは難しいので、日本におられるピアノ講師や音楽ジャーナリスト、ライターさんらの情報を頼りにしています。
皆さま本当に研究熱心な人ばかりで又その情報を惜しみなくシェアして下さっているので頼りになります。

写真のはだいだい導入(初めてピアノを習う)から初級者ぐらいの教本です。
他にも所有しています。

ちなみに家にある楽譜はこれら生徒さん用の他に私自身のものもあり、以前の島内引越しの際はピアノ本だけでダンボール箱が結構たくさんになってしまい、
”なぜピアノ本がこんなにあるのだ???!!”と地元業者のスタッフに不思議そうに言われました(笑)
いやいや、それでもそんなに多くないほうだと思ってるのですけど・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*