再度挑戦!

6月下旬に2年前にも出場した地元のSingapore Performers Music Competition に出場し、やっと今月賞状が届きました。

前回のPlatinum賞よりは劣る結果に終わりましたが、今回は以前と違って実りあるものとなりました。

 (今回も留袖着物リメイクドレス)

前回は人知れずひっそりと出場しましたが(笑)、今回は会場が何人かの生徒さん宅のすぐ近くで午前中開催だったこともあり(無料公開)、一部の生徒さん親に宣伝したところありがたいことに何人かのお母様方が応援に来て下さいました。
この会場近くにご勤務のお母様も一瞬仕事を抜け出して来て下さったり、又、来れなかった方からも励ましのメッセージをいただいたりと大変励みになりました。

これは順位付けのただのコンクールではなく、下は未就学児ぐらいから私のような大人、そして国籍も問わずと門戸が大変広く、そして世界で活躍されている音楽家の審査員からは丁寧な講評やアドヴァイスが受けられるという有意義な機会でもあります。

以前は時間もなく自分が出場したのみでしたが、今回は審査員の先生のレッスンを受けることもできました。


タイ人の女性ピアニスト・教育者です。
少しの時間だけでしたが参考になるアドヴァイスをいただけました。
審査後すぐのレッスンだったのでこちらのこともよく覚えていて下さり、
”あなたが弾いたこの部分はさっきもとても美しかった、好きだったわ”と仰っていただき、連日1日に何百人もの演奏を聞いていらっしゃるのによく覚えているものなのだなぁと感心してしまいました。

地元スタッフも仕切りがよく皆さん親切で、このレッスンの写真もお願いしたらいろいろとたくさん撮っていただきました。
時間もほとんど予定通りにきちんと進み、当地にいるということを忘れそうでした。(笑・失礼!)

2年ごとに行われるこのコンペ、次回も出場するかどうかは未定ですが、
このような公開レッスンや審査員の先生方による演奏会などのイベントはありますので、聴講したいとは考えています。

残念ながら6月は私の生徒さんのほとんどは学校時期ですので(地元校は夏休み期間)出場は難しいかと思われますが、興味ある方は異国でもどんどんチャレンジして欲しいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*