同級生と久々に演奏

3月は本帰国、一時帰国の方が多くレッスンもゆったりしておりますが、私も3月半ばに少し日本に行っておりました。

所用の為でわずか1週間ほどの期間でしたがお世話になった先生の演奏会に行ったり同級生と久々に演奏を楽しんだり、と美味しいものを食べてばかりではなく(笑)音楽関係においても充実した旅でした。

ピアノはほとんどは一人で演奏することが多い楽器ですが、”ピアノデュオ”という領域での演奏活動もあります。
わかりやすいのは一台のピアノを二人で弾く連弾ですね、他にはピアノ2台、3台を並べての演奏もあります。

学生時代はそういった授業もあったり、同じ門下生や友達とデュオを組んで楽しんでいました。
今回は当時一緒に組んでおり、15年前にはリサイタルも開催した同級生Mちゃんと久々に演奏してみようかということになり大阪市内のスタジオを借りて少し弾いてみました。

日本には良い楽器が置いてあるスタジオがいろいろあります。関東はもう少し高いかもしれませんが関西はこのチラシのように名器スタインウェイ設置でもこのように良心的な価格です。
今回はピアノ1台のみのお部屋だったので連弾をしました。

私も遠く海外に来てしまいましたが、Mちゃんは転勤族のご主人がいつ何時どこに赴任になるかわからないという状況で、今までも関西を離れていた時期があるものの、行く先でも精力的に音楽を続けています。現在は関西在住ということで私も一時帰国したタイミングでここらで久しぶりに少しでも一緒に演奏したい!と二人の思いが通じスケジュールを合わせました。

2004年当時のリサイタルでやった久々の曲や、今回Mちゃんのリクエストでピアソラの小品を初めて挑戦したり、初見で弾けるような曲集を持って来てくれてワイワイ言いながらあっという間の2時間が過ぎましたよ。

昔やった曲は互いに体が覚えているのか今も息はぴったりでしたし、新しい曲については事前に動画で録音・録画してメールで送って互いのテンポなどを伝えていたのでそれもスムーズに行きました。
現在はどこに居てもたやすくコミュニケーションは取れますものね。
楽譜もメール添付でホイっと。郵便事情があまりよろしくない当地なので郵送は期待できません。

現在は互いに男児の母、学生時代や卒業して年数が浅いころのようにバリバリと練習、演奏活動ができる状況では互いにありませんが、当時一生懸命頑張っていたことは今でも覚えており人生の貴重な経験になっています。

昨年の一時帰国の時は互いの家族と一緒に会い、子供の成長の話を中心にゆったりランチをしていました。
今回は昔を思い出し少しキリっと、真剣に二人で決め(たつもり)、あ、でもその前には大阪らしく!美味しいお好み焼き屋さんでランチをしましたよ。
又の再会を約束し、可能な限り別のレパートリーも作れたらいいね、と話しながら充実した時間を過ごした3月のある日でした。

短い期間でしたが頑張ってくれました!

3月本帰国の方もご希望があればギリギリまでレッスン出来ます。
ただ、引越し荷物で楽器を先に出される、送別会などのスケジュールもたて込んでいる、という場合は残念ながら先月や今月上旬で終了しました。

小5のYちゃんは他の東南アジア国から移ってこられ、お問合せをいただいたもののなかなか枠が空かなく、半年少し前にやっとスタート出来て楽しく頑張ってくれていましたが、今年に入り急に本帰国となり短い間のレッスンになってしまい残念でした。

でも塾で勉強も頑張り、バレエも頑張って、そして時間をやりくりしてピアノの練習もきちんとやってくれました。
ブルグミュラーではお気に入りの曲もありましたね、自身のレパートリーにして勉強の合間にでも又弾いてみて下さいね。


私が小柄ということもありますが、すでにもう私より背が高いYちゃん。
将来が楽しみですね。

レッスン終了後は同じコンドの他棟で火事騒ぎがあり、(シンガポールでは日本よりも火事は少ないので久々にはしご車をみました)消防車や警察車両がたくさんきて少し騒々しい感じになってしまったことも忘れられない思い出になりそうです(笑)