海外でのレッスン、教材は?入手方法は?

お勉強の参考書も様々ですが、ピアノ楽譜はさらに多種多様で現在もどんどんと新しいものが出版されています。
日本には”ピアノ教本研究家”なる音楽ライターさんもいらっしゃるとか。

日本に帰った時も知人からは”海外のレッスンで教材は何を使っているの?”
”日本の楽譜はそちらに売っているの?”等聞かれることもよくありますので、まずレッスンで使う教材と入手方法、私のレッスンの場合でご紹介します。

尚、使用教材名等の詳細は、又別途投稿致します。まずは

(シンガポールの楽器屋で日本の出版社の楽譜は売っているか?)

・一部書店にわずかにあるものの(ただし新しいものはない)ほとんどありません。大手楽器店も島内に数店ありますが、まず楽譜があまり充実しておらず、音楽グレードの課題曲楽譜は毎年最新のものが揃っているものの日本の楽器店・楽譜屋さんのように教則本から曲集、ポピュラー曲、連弾曲集など多種類の楽譜が充実しているような状況ではありません。

(では生徒さんはどんな楽譜を使っているか?)

・まず日本から習ってこられた生徒さんはもちろん日本の楽譜を持っていますので、そのまま続けて使用することがほとんどです。日本以外で日本人講師に習ってこられた方は日本の楽譜を使っていた人、その国で手に入れた海外楽譜、様々でした。
よっぽどレベルに合わない楽譜を使用していない限りそのまま続けて使用し、終了したら生徒さんとも話し合いながらこちらで次の日本の楽譜を指定します。

・他国で日本人以外に習ってこられた生徒さんは海外出版楽譜の使用がほとんどです。英語はもちろん中国語、ロシア語出版のものも今までありました。
そのまま終了まで使った例とやはり日本の楽譜の方がいいという生徒さんは途中でそのように変更した例と、臨機応変に対応しています。

・シンガポールにて初めてピアノを習われる生徒さんの場合は日本の教材をおすすめしております。いずれは日本に帰る方が多いこと、レッスン言語は日本語なので教材もそのほうがわかりやすいこと、親御さんも日本語教材を望まれる方が多いこと、などの理由です。

(そして日本の楽譜はどうやって手に入れているか?)

①Amazonにて購入、シンガポールへも海外送料と手数料がかかるものの在庫があれば早い場合1週間以内に届きます。
こちらが購入していただきたい楽譜を指定し情報をお知らせしますので、Amazonはじめ他のサイトからでも購入していただくことができます。

②一時帰国の際に日本で買ってきていただく。
③日本の親族から送ってもらう、もしくは親族が来星される際に持ってきてもらう。
④ご主人が日本出張の際に購入してもらう、もしくは実家に発注していたものを引きとり持って帰って来てもらう。(こちらからご主人に依頼することはございません。生徒さん側から”来月主人が出張なので何か買ってくる本があれば”などとお申し出があり、購入本を指定した例はあります)

そう頻繁に買っていただくことはありませんので、多くの場合①か②の方法です。

ピアノ教材といえば何が思い浮かびますか?
ある年代以上の方はだいたい”バイエル” ”メトードローズ”等使用していましたか?
もちろんそれらは今もありますが、現在は前述したように本当に多種多様で年々新しいものが出版されています。
でも一概に昔の教材は良くなくて新しい物のほうが良い、とは限りません。

一時帰国の時しか実際に手に取って見ながら選べないのがもどかしいですが、良いものであれば持ち帰って紹介したいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

2019年幕開け♪

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

こちらでは1月1日は祝日ですが、2日から地元の学校も仕事場も普通に始まっていき、日本のようなお正月3が日の華やかさやお祝いは特にありません。

ただ、日系スーパーもたくさんある当地ではおせち料理の材料もだいたいそろえることができますので、日本のお正月準備はできる限りやっております。


年末年始はお正月準備のかたわら日本のテレビ番組鑑賞でしたが、
お馴染みの”紅白歌合戦”、日本ではオペラ歌手・声楽家による紅白歌合戦も行われているみたいです。お客様も審査に加わり本家さながらとても面白いのだとか。

そして歌手・タレントのカウントダウンコンサート、これもクラシックコンサートでも行われております。有名なのはTV生中継もある”東急ジルベスターコンサート”(渋谷区東急文化村オーチャードホール)。

関西でも行われており、私も日本在住時にいくつか行ったことがあります。
華やかなオーケストラやソリストの演奏とともに新年の幕開けを皆さんと喜び合うのは幸せな瞬間でした。

お、TVばっかりみていないで練習、初弾きもしなくては。

今月は本帰国の準備により複数のご家庭が退会されることになっています。
寂しいですが熱心に続けてきてくれた生徒さんばかり、最後に思い出に残るレッスンをしたいと思います。