この時期はクリスマス曲を

常夏の国でも街中はクリスマスムード一色のこの時期、レッスンでも発表会が終わり次の曲を考えると同時にクリスマス曲をソロ、連弾などで取り上げています。

皆さんの好きなクリスマス曲は何でしょうか?
私もたくさんありますがその中で坂本龍一さんの”メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス(戦場のメリークリスマスより)”が好きです。
東洋と西洋が融合されたようなどこかミステリアスな雰囲気は印象深いですね。

ピアノに限らずいろんな楽器で演奏されることが多いこの曲、原曲はピアノのフラット5つという楽譜になっています。

ただ調号が多いと譜読みがしにくい、又は調号が多いというだけで敬遠しがちになってしまうことも少なくはないので、せっかくのこの名曲をもっと親しみやすく、そしてペダルが届かない生徒さんにもノンペダルでできるよう初級~中級程度に編曲してみました。

調号は二つ、長い前奏を少しカットしてテーマのメロディーはほとんど単音で。

小5男児生徒さんにわたしてみました。ご家族もこの曲がお好きであったこと、そして坂本龍一さんのこともちゃんと調べてくれたようで自分が編曲したものを生徒さんが演奏してくれてこちらもうれしかったです。

残念ながらシンガポールではクリスマスソングとしてこの曲が巷に流れることはありません。
この曲を弾くと日本のクリスマスを懐かしく思い出します。

Happy Holidays!

発表会を開催しました

私のクラスLearning Stage Arioso  第1回 Petit Concert を開催致しました。
残念ながら学校行事と重なり不参加の方もいらっしゃいましたが、ほとんどの生徒さんが参加され、皆目標に向かって仕上げた曲を堂々と披露してくれましたよ。

人前で演奏をするという大きな仕事をやりとげた皆さんは達成感にあふれていました。これはピアノレッスンに限らずこの先様々な機会で自信に繋がることでしょう。

私は司会進行、生徒さんのケア、講師演奏と一人であたふたしていた中、保護者様にはご協力いただきスムーズに楽しく開催することができたこと、大変感謝しております。

後日いただきましたメッセージからは

・素晴らしい機会をありがとうございました

・小さいながらも稀にみるとても良い発表会でした

・どの生徒さんもきちんと練習されていると感心しました

・皆さん堂々と弾いていて思い出に残る素敵な発表会となりました

・皆さんの演奏を聞いて本人も刺激になったようです

・先生の演奏も堪能させていただき本当に良い発表会でした

等うれしいお言葉ばかり恐縮です。

海外在住ということで一時帰国の頻度、避けられない帰任、転勤の予定等個人の事情がかなり異なってくる為、日本のお教室のようにコンスタントに大規模に開催することは当地では難しいものの、シンガポール滞在中にピアノレッスンの楽しい思い出もぜひ作って欲しいので、このような機会は作っていきたいと考えています。

みんな、心のこもった一生懸命な演奏ありがとう!