やはり好きこそものの上手になれ、だと思います

https://pianokana.com/28-03-21-piano-atama/

オーストリア、ウィーン在住のピアニスト、日本人ピアノ講師の方のブログをシェアします。上記リンクの記事は概ね私も同じ意見です。
面識はない方ですが、シェア可能とのことですので。

音楽に限りませんが、好きなことや打ち込めることがあれば勉学や仕事にもよい影響を与えることができると思いますし、日常生活の充実度ももちろんのことですね。

昨年の今頃は日本への一時帰国をキャンセルせざるをえなくなり、
そして4月から政府通達による”サーキットブレーカー”(シンガポール版ロックダウン)となりレッスンも3か月間休みとなりました。

もう1年、いや、でもなんだか昔のことだったようにも思えます。
これからは少しでも又以前のようなことが色々とできるよう願いながら、気を緩めずに出来ることを少しづつしていこうと思います。

絵本読み聞かせと音楽

 

日本在住時、子供の通う幼稚園にて絵本読み聞かせボランティアをしていました。この写真は当時のものです。今やこのような密な形の行事は難しいですね。
題材は自由でしたので毎回色々と考えました。
所有していたもの、公共図書館で借りてきたもの、購入したもの、と様々な本を用意していきました。
毎回園児も喜んでくれてこちらも皆と会えるのがいつも楽しみで、
又、ボランティアのお母様方との交流も楽しく、中には在阪局で夕方のニュース等で活躍中の女性アナウンサーの方もいらっしゃいました。
プロの方に読んでもらえるなんてラッキーですね!

何度か行って最終の日、こんな本を取り上げました。

作・絵 みやこしあきこ『ピアノはっぴょうかい』ブロンズ新社

読むだけではなく曲を付けてみたら面白いかな、とふと思い、
教室にあるピアノをお借りすることにして読み・弾き聞かせをやりました。

物語の中には具体的な曲名は出てきません。ストーリーや雰囲気に合わせて何曲か考えて演奏してみました。

普段みんなは幼稚園の先生が弾くピアノしか聞いたことなかったと思いますので、最初はちょっとびっくりしたような感じでしたが物語とともに楽しんでくれました。
10数年前のちょうど今頃でした。

このようなことが又できる日が来たらと願っています。

 

Parti3月号に掲載されました

先月はひとつもこちらに投稿できないままあっという間に過ぎていきました。
3月です、早いですね。
2月は思いがけず身内との別れが相次ぎ、晴れない気持ちでおりましたがレッスンは通常通り行っております。

一方で良い知らせもあり来春(2022年)には地元関西でのリサイタルが決まりました。
その頃には通常通りの渡航ができるようになっていることを願いつつ準備しております。

さて、2019年に続き在星日本人にはお馴染みのフリーペーパー”Parti”
パルティさんに又掲載していただきました!
掲載のレッスン写真は実際の私の生徒さんです、快く掲載の許可をいただきご協力感謝致します。

異国でも母国の言葉で習い事が出来るということはラッキーですよね。
音楽教室も当地にはたくさんありますが、言葉の障害がありコミュニケーションがとりづらかった為レッスンが苦痛だった、少々イヤな思いをしたという声も幾度か聞いたことがあります(地元教室でうまく合っている方ももちろんおられると思います)。

狭いシンガポールとはいえ移動を伴うこと、歳を重ね体力にも限界があることなどの理由ですべての方の地域へ出張は難しく、ご希望に添えないこともあり心苦しいですがレッスンにご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。
体験レッスン含め講師宅、スタジオ等でのレッスンは行っておりません)

様々なピアノ教本

お勉強の参考書と同じくピアノ教本にも様々な出版社からタイプの違ったものがたくさんあります。
昔はバイエル、メトードローズなどから入って譜読みの基本がわかってくるようになるとブルグミュラー曲集やツェルニー教本に入って・・・という進み方が主流だったでしょうか、昔というか大昔ですかね?(笑)

ピアノはお勉強と違って〇歳までに、もしくは〇年生までにこの単元、この曲集に進んでおかなければいけない、ということは当然ありませんので、
教材は人により違い、考えて決定しております。
音楽教室等ではその会社が出版している教材を使用してそのカリキュラムに沿って行っていると思いますが、個人レッスンですので一概に初心者はハイ皆さんコレっ、初級、中級になったら皆コレっ、ではありません。
日本では現在特徴も様々な教材が無数にありますので、それらの情報をキャッチアップしながら選定します。
以前他の講師から移ってこられた生徒さんの親御さんから”以前の時は何だか教本が子供に合わなかったような気がする”と仰っていたこともありました。

店頭で手にとって見られたら一番いいのですが一時帰国もままならない現在それは難しいので、日本におられるピアノ講師や音楽ジャーナリスト、ライターさんらの情報を頼りにしています。
皆さま本当に研究熱心な人ばかりで又その情報を惜しみなくシェアして下さっているので頼りになります。

写真のはだいだい導入(初めてピアノを習う)から初級者ぐらいの教本です。
他にも所有しています。

ちなみに家にある楽譜はこれら生徒さん用の他に私自身のものもあり、以前の島内引越しの際はピアノ本だけでダンボール箱が結構たくさんになってしまい、
”なぜピアノ本がこんなにあるのだ???!!”と地元業者のスタッフに不思議そうに言われました(笑)
いやいや、それでもそんなに多くないほうだと思ってるのですけど・・・

震災チャリティコンサートの思い出


(2012年 東日本大震災復興支援チャリティコンサートにて。来てくれた友人らと)

1月17日は阪神淡路大震災から26年、そして今年の3月には東日本大震災から10年となります。
東日本大震災の時は関西の自宅におり、関西も若干は揺れを感じましたが、東北や関東があのようなことになっているとはすぐにはわかりませんでした。

それから復興に向けて全国、いや、全世界にいる日本人たちも様々な活動を行いましたね。
私も震災の1年後、高校音楽科の同窓生とチャリティコンサートを企画し、収益を全額”被災地へピアノをとどける会”という団体に寄付をする、という活動を致しました。
発起人、代表は同級生で私は出演と広報を担当。他に先輩、後輩にも賛同者を募り第1回目を2012年に母校の教室を無償でお借りして開催しました。
教室ですので定員は60名、小規模なコンサートではありましたが60名きっちり、遠路はるばるお越しいただいた方も多く皆感謝の気持ちでいっぱいでした。


(当時のプログラム。入場料を”協力金”としていただきましたが、それ以上に寄付して下さったご来場者、お越しになれなかった方からも寄付金をいただきました)

チラシもプログラムも皆自分たちで手作りしました。音楽科や音大・芸大等を卒業した人は音楽の仕事しかしていないように世間の方は思われるかもしれませんが、当時のメンバーも音楽以外の仕事をしている者も居りウェブデザインが得意な者、イベント企画・司会も慣れている者、他方面で活躍している者が多くそれぞれの能力を出し合って力を合わせてこのコンサートを創っていきました。

私も実は一般企業に勤務して広報部にいたこともありましたので、コンサートの宣伝に奔走し、そしてまずは何よりも出演、演奏のために精進しておりました。

母校や先生方、その他様々な方のご協力もあり1回目は大成功、そして寄付金も全額”被災地にピアノをとどける会”へ無事寄付致しました。

その他学校の広報誌にも実施の報告ということで私が寄稿させていただきました。

自然災害がほとんどないシンガポールにいると災害に関して無頓着になってしまいそうですが、阪神淡路大震災の時は自宅にいて大変怖い思いをしたこと、東日本はこの企画の思い出もさることながらやはり報道で知る情報にいつも胸がしめつけられ、何年経っても忘れることはできません。

このチャリティコンサートは5回目まで続けました。
私はこの第1回しか携わることができませんでしたが、仲間がそのまま続けてラストの5回目は学校ではなくホールを借りて開催することができました。
メンバーもそれぞれに状況が変わっていきますので、まずは5年程度を目標に続けたいと最初の企画時に話しており、役目は果たしたのではないかと思っています。

今年もまだCOVID-19の終息には至っておりませんが、今出来ることを精一杯元気でやっていこうと思います。
今年に入ってからの新入会者もさっそく居られて感謝しております。
楽しくレッスン致しましょう。

 

 

フィギュアスケートの音楽

あっという間に2020年も終わりに近づいてきました。
近年は近隣を旅行しながら年を越しましたが、今年はもちろんStay Homeです。
簡単にお節料理の準備もしようと考えています。

さて、冬といえば私はフィギュアスケートを見るのが以前から好きです。
特定の選手のファンというよりもプログラム中に使われている曲がいつも気になっており、やはりピアノ曲を使っていると興味がわき、とりわけピアノ協奏曲だと興味もなおさらです。

近年は浅田真央さんや髙橋大輔さんが使われていた”ラフマニノフ作曲 ピアノ協奏曲第2番”がポピュラーですね。
2番も好きですが私が一番今までに印象に残っているのが、往年の名スケーター、伊藤みどりさんがやっておられたプログラムの”ラフマニノフ作曲 ピアノ協奏曲第1番” です。

このお衣装もよく覚えています。
2番やさらなる難曲の3番に比べて演奏の機会も少ない1番ですが、冒頭からのドラマティックな展開には胸を打たれます。

1番は楽譜を持っていなかったので、当地の図書館で借りてきて少し弾いてみました。
哀愁ただようメロディが素晴らしい、でもやはり難曲のラフマニノフ、大変すぎます、もっと若い時に譜読み、勉強しておけばよかったと感じました。

又どなたかこの曲でプログラムを作ってくれないかなぁ。

さて、今年はサーキットブレーカー(シンガポール版ソフトロックダウン)により出張レッスンの中断もあったものの、再開後は皆元気で戻ってきてくれ、新たなご縁もたくさんありました。
今できることを全力でやるのみです。

2021年も皆さまと素敵なご縁が出来ますように。
よいお年をお迎えください。

クリスマスの定番お菓子パン”シュトーレン”を作りました

(写真の楽譜は”きよしこの夜”)

あと1週間でクリスマスですね。
金曜日のレッスンの方は25日は祝日の為休講ですので、18日が年内最後のレッスンになり、少し早いですが皆で”良いお年を!””良いクリスマスを”とすでにご挨拶しました。

さて、私自身は当地であまり習い事をしたことがないのですが今回、同じ所属会社の”おうちパン教室RiRu”

にてドイツのクリスマスの定番お菓子パン、”シュトーレン”の講座をオンラインにて受講させていただきました。

シュトーレンは日本にいた時は決まったお店で美味しいものをいつも購入しておりましたが、こちらはシュトーレンを売っているところがとても少なく、以前購入したものもあれどあまり満足できなかったので今年は作ろうかなと思っていたところ、シュトーレンの講座をオンラインにて開催されるとの朗報!

大人気のObatake Mikiko 先生の講座、オンラインでもスムーズに的確に進行され、時間内で生地を作成でき、質問も充分にできて良かったです。

昨今は何でも動画やネットを見るだけで学ぶことができます。
楽器も講師に習わずにネットや本だけで取得した人もたくさんおられるでしょう。
料理、お菓子もマニュアルをみればもちろん出来ますが、やはり聞かなければわからなかったこと、コツ、ウラ技も知ることが出来ました。

何かを取得したいならまずはその道のプロに直接教わる、直接聞くことが大事だと思います。

シュトーレンはクリスマスの日に食べ終わるように4週間前から1日に1枚づつスライスして少しづつ食べていく、というのが伝統的な食べ方だそうです。

が、私が作ったものはあと1週間のうちにもすぐなくなりそうです。
でも”おうちパン”は本当に簡単にパンを作ることができるのでシュトーレンもクリスマス時期でなくても又やってみるつもりです。

 

 

楽譜作成ソフト

クリスマス関連の曲、各生徒さんにお渡しして12月に入りレッスン時にやっています。ソロ、連弾様々です。クリスマスまであとレッスンはだいたい3回ぐらいありますので普段の教本に加えながら楽しんでくれると嬉しいです。

リクエストもありました。
・私が好きな曲を子供に弾いてもらいたい、〇〇という曲はありますか?という親御さん。
・先生~、私〇〇、をやってみたいです、と自分で伝えてきてくれた生徒さん

いずれも低学年の初級者の生徒さんだったので、所有しているクリスマス楽譜では少々難しく、そういった時にはこちらがさっとアレンジして用意することになります。

クリスマスの曲はいずれも構成はわかりやすく単純ですので、高度なアレンジ力がなくても、作曲科専攻卒業でなくても可能です。
音楽講師も生徒さんの為に既存の曲をアレンジしたり、又流行りの曲を弾きたければ音を取ってさっと楽譜にしたり、ということはよくやることです。

とはいえ私は実はあまり今までそうレッスンでアレンジした曲を使うことはなく、歌謡曲、流行りの曲を弾きたい、という人も今まであまりいなく(今なら“鬼滅の刃”かな?)、楽譜を書く作業もあまり必要性がなかったので表題の”楽譜作成ソフト”をほとんど使用したことがありませんでした。

音を入力していくことはそう難しくありません。
ただ楽譜は音符だけが羅列されているだけではなく様々な表現記号もあり、
その入力方法に手間取ったりコピペ、挿入等々え~っとえっと、どうするのかな?と簡単なアレンジにもかかわらず時間がかかりそうだったので、今回は原始的に手書きにしました。
ロックダウンの自粛中、休講中にソフトでの楽譜作成を習得しておけばよかった~と後悔しました。
今回は短いものということ、期間限定曲だからさっと書いてすぐ間に合わせなければいけないので手書きでも問題はありませんが、楽譜も見やすく美しく仕上がる方がよいので、これから楽譜作成ソフトにもぼちぼちと慣れていこうと思っています。

基本は教本、既存の楽譜でのレッスンになり、頻繁にアレンジ楽譜をつくることは致しませんが弾きたいものがあれば言って下さいね。その時までに楽譜作成ソフトを私が使いこなせていますように(笑)
(私のレッスン以外でのアレンジ依頼 例;学校で頼まれた伴奏を少し簡単にアレンジして欲しい、門下外の発表会の楽器伴奏<ヴァイオリン、フルート等>を作って欲しい、等のご依頼は若干有料とさせていただきます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月はクリスマス曲を

例年11月下旬から12月は皆さんにクリスマスの曲を弾いてもらっています。
やっている教本の中に掲載されていたらそれを使ったり、ない場合のほうが多いので、私が持っているクリスマス曲集からレベルに合わせてお渡しします。
初級から上級まで、ソロ、連弾もあります。連弾の上級編は聞きごたえもありますが、難しいものが多いので少し省略したりアレンジも行うことがあります。

クリスマスなのであまり何カ月も前から、もしくはクリスマス終わってからもやっていると季節感なくヘンなので時間をかけてレッスンするような感じではなく、知っている曲を親しんで楽しく演奏する、楽譜をみてパっと弾く、という練習にもなっていいのではないかと考えています。

もちろん簡単すぎて物足りなければ上級編もありますので言って下さい!

親御さんからは”季節感がない当地なのでクリスマスの曲を弾いてくれるのは嬉しい” 私は〇〇、という曲が好きなので子供が弾けるようなものはありますか?”といったお声もいただいています。
ないものは楽譜におこしますのでそれもよろしければ言って下さいね。

大変な年になってしまいましたが、クリスマスはそれぞれのやり方で幸せに過ごせますように!


今までかなり前の活動歴ばかり紹介してきましたが、こちらは出産後。
幸い実家が近かったので、出産後も家族の協力を経て少しは演奏の活動をしておりました。
関西の著名なヴァイオリニストの方と共演させていただける機会を経て、室内楽の演奏会に出演した時のもの。
”室内楽”とは二人以上の演奏家によるアンサンブルのこと。ピアノパートもただの”伴奏”ではなく”ソリスト”です。
ヴァイオリニストの方はとても良い先生で勉強になり、準備は大変でしたが有意義な演奏会になりました。
ただ一つ残念だったのは終了後、共演者や先生方との打ち上げに行けなかったこと・・・
”さ、さぁ~、打ち上げ~、飲みに行こうよ~”(演奏家はこれが楽しみなのです・・・笑!)、と誘われたのですが当時はまだ子供が小さく、又その本番日は家族の都合もあり子供は託児所に預けており、私がどうしても子供を迎えに行かなければならなかったので打ち上げは残念ながら参加出来ませんでした。

又機会はこれからあるだろう、演奏会が無事終わっただけでもよし、とその時は思っていましたがこの数年後に海外に出ることになって今に至っております・・
いつか日本に一時帰国出来たら演奏でなくとも皆さんに会うだけでもできたらなぁと思っています。

 

 

オルガンって?!

使用する教材は生徒さんの今までの経歴や目的、状況、興味によって変えており一律に決めてはおりません。日本や各国で習ってこられた方は基本やっていたものを引き続き使っていますが、その本が終了したら次の巻にいくかもしくは別の教本に変更する、等その時の状況に応じて考えております。
学習塾のように何年生ではここまでの単元をやらなければいけない、というわけではなく、又高学年や中学生、そして成人してから始められる人もおられますので、一人一人それぞれニーズに合う教本を考えていかなければいけません。

昭和時代に習っていた方は”バイエル””メトードローズ”などから始めた人が多いのではないでしょうか。
この写真の”みんなのピアノ・オルガンの本”(ヤマハミュージックメディア)シリーズも昭和時代より出版されている定番教本で、新版は2015年に発行されました。
和洋折衷でバランスよい曲の数々、テクニックもしっかり学べ、若干進みも早いかなと思われる昭和らしい若干スパルタ(笑)的な教本です。

で、この教本をみてある生徒さんから”オルガンって何ですか?”と聞かれました。
無理もありません、現在は学校の教室にオルガンはほとんどありませんよね。
鍵盤を押すと音が出るのはピアノも同じですが、ハンマーが弦を叩き音が出るピアノに対し鍵を押すと鍵に連動したパイプに加圧した空気を送ることで音が出ます。
昔はピアノがなかったらオルガン、でしたが現在はピアノを置くのが難しいければ電子ピアノ、ですね。オルガンの音を電子化したのが”電子ピアノ”です。

私も習い始めた頃は”オルガン”でした。

まぁ、すごく時代を感じますね!もう記憶も定かではないくらい昔ですが、確か親戚からこのオルガンを譲ってもらったと思います。
定番のバイエルとそしてこの写真で練習しているのは”メトードローズ”、今でも持っています。
右下にいるのは弟、そして左側に移っているブラウン管のテレビといったら!!
もうこの型のテレビは知らない人のほうが多いのではないでしょうか、チャンネルのリモコンなんてありません(笑)

でもこの写真をみて本当に懐かしさで胸がいっぱいになりました。
習い始めて最初はこのオルガンでしたが実は両親はすぐにアップライトのピアノを買ってくれました。
この時代は中古や割安の楽器などはほとんどなく、当時の若い両親には高額な買い物だったと思います。このオルガンを弾いていたのはほんの少しの間でしたがよく写真が残っていたなぁと思います。

未来はどんな楽器が誕生するでしょうか。

(現在レッスンは満席になり募集を一時停止しております。ただ、年明けより状況が変わられる方もおられますので場所により稼働可能になるかもしれません。レッスンにご興味おありの方はお気軽にお問合せ下さい)