平成も終わりへ


4月に入り、5月からの新しい元号も発表されました。4月といえば日本なら新年度で入学式、入社式、新しい生活、等始まりの月、という感覚ですがこちらでも日本人学校の方々はもうすぐ入学式、始業式ですね。
4月といえば私も先日誕生日を迎え一つ歳をとったわけですが、覚えていて下さった生徒さんからはメッセージをいただいたり、レッスン時にいきなりハッピーバースデーの曲を弾き歌いして下さったり!とうれしい日でした。

さて、先月一時帰国した際に実家で子供の頃や学生時代の写真を整理し、一部持って帰ってきました。
この写真は初めての発表会、6歳年長児だったと思います。
”思います”というぐらいもう記憶が定かでない時代ですが(笑)曲は覚えており、フォスター作曲、”おおスザンナ”でした。初級の曲集にはほとんど載っていますね。

9歳ぐらいからは舞台でのことや周りの方の反応、一緒に出演したお友達のことなどをしっかり覚えています。

当時はこの写真をみるところによるとピアノ足台を置くのが主流ではなかったのか、もしくは当時はまだなかったのか(先生宅にもありませんでした)ありません。この時のプログラムは残っていないので他の方がどんな曲を弾いているのか不明ですがちょっと興味あります。

ピアノ曲は昔からある定番のものから近年流行りだした新しいスタイルのもの、そして今に生きる作曲家のもの、バラエティに富んで本当にたくさん存在します。一度習えば、そして自分の得意なレパートリーを作れば時代をまたいでいつまでもずっと演奏することができますよ。

”海外でも日本人講師に日本の教材で習いたい” ”昔やっていたピアノを再開してみたい” ”講師が自宅に来てくれるほうが良い” などレッスンをお探しの方がいらっしゃいましたらお気軽に問い合わせ下さい。
お母様、成人女性も歓迎です。

お問合せ時にはお名前学年の他に

・ご自宅の場所(コンド名やだいたいの住所をいただけると助かりますが、具体的に言及したくなければ最寄り駅や目印になる場所を記して下さい)

・レッスン経験の有無、所有楽器(電子楽器も可能ですが88鍵盤のものに限ります)

・経験者の場合は、年数、やってきた教材、発表会等で弾いた曲

を記していただけますと幸いです。詳しくいただけますとアレンジも早く行えることがございますので、よろしくお願い致します。

同級生と久々に演奏

3月は本帰国、一時帰国の方が多くレッスンもゆったりしておりますが、私も3月半ばに少し日本に行っておりました。

所用の為でわずか1週間ほどの期間でしたがお世話になった先生の演奏会に行ったり同級生と久々に演奏を楽しんだり、と美味しいものを食べてばかりではなく(笑)音楽関係においても充実した旅でした。

ピアノはほとんどは一人で演奏することが多い楽器ですが、”ピアノデュオ”という領域での演奏活動もあります。
わかりやすいのは一台のピアノを二人で弾く連弾ですね、他にはピアノ2台、3台を並べての演奏もあります。

学生時代はそういった授業もあったり、同じ門下生や友達とデュオを組んで楽しんでいました。
今回は当時一緒に組んでおり、15年前にはリサイタルも開催した同級生Mちゃんと久々に演奏してみようかということになり大阪市内のスタジオを借りて少し弾いてみました。

日本には良い楽器が置いてあるスタジオがいろいろあります。関東はもう少し高いかもしれませんが関西はこのチラシのように名器スタインウェイ設置でもこのように良心的な価格です。
今回はピアノ1台のみのお部屋だったので連弾をしました。

私も遠く海外に来てしまいましたが、Mちゃんは転勤族のご主人がいつ何時どこに赴任になるかわからないという状況で、今までも関西を離れていた時期があるものの、行く先でも精力的に音楽を続けています。現在は関西在住ということで私も一時帰国したタイミングでここらで久しぶりに少しでも一緒に演奏したい!と二人の思いが通じスケジュールを合わせました。

2004年当時のリサイタルでやった久々の曲や、今回Mちゃんのリクエストでピアソラの小品を初めて挑戦したり、初見で弾けるような曲集を持って来てくれてワイワイ言いながらあっという間の2時間が過ぎましたよ。

昔やった曲は互いに体が覚えているのか今も息はぴったりでしたし、新しい曲については事前に動画で録音・録画してメールで送って互いのテンポなどを伝えていたのでそれもスムーズに行きました。
現在はどこに居てもたやすくコミュニケーションは取れますものね。
楽譜もメール添付でホイっと。郵便事情があまりよろしくない当地なので郵送は期待できません。

現在は互いに男児の母、学生時代や卒業して年数が浅いころのようにバリバリと練習、演奏活動ができる状況では互いにありませんが、当時一生懸命頑張っていたことは今でも覚えており人生の貴重な経験になっています。

昨年の一時帰国の時は互いの家族と一緒に会い、子供の成長の話を中心にゆったりランチをしていました。
今回は昔を思い出し少しキリっと、真剣に二人で決め(たつもり)、あ、でもその前には大阪らしく!美味しいお好み焼き屋さんでランチをしましたよ。
又の再会を約束し、可能な限り別のレパートリーも作れたらいいね、と話しながら充実した時間を過ごした3月のある日でした。

短い期間でしたが頑張ってくれました!

3月本帰国の方もご希望があればギリギリまでレッスン出来ます。
ただ、引越し荷物で楽器を先に出される、送別会などのスケジュールもたて込んでいる、という場合は残念ながら先月や今月上旬で終了しました。

小5のYちゃんは他の東南アジア国から移ってこられ、お問合せをいただいたもののなかなか枠が空かなく、半年少し前にやっとスタート出来て楽しく頑張ってくれていましたが、今年に入り急に本帰国となり短い間のレッスンになってしまい残念でした。

でも塾で勉強も頑張り、バレエも頑張って、そして時間をやりくりしてピアノの練習もきちんとやってくれました。
ブルグミュラーではお気に入りの曲もありましたね、自身のレパートリーにして勉強の合間にでも又弾いてみて下さいね。


私が小柄ということもありますが、すでにもう私より背が高いYちゃん。
将来が楽しみですね。

レッスン終了後は同じコンドの他棟で火事騒ぎがあり、(シンガポールでは日本よりも火事は少ないので久々にはしご車をみました)消防車や警察車両がたくさんきて少し騒々しい感じになってしまったことも忘れられない思い出になりそうです(笑)

シンガポールでのピアノレッスン、頑張ったね!

この春の本帰国者の中には複数の6年生男児生徒さんがおられます。
学年が上がり、学校もその他のこともだんだん忙しくなってくる中、
皆さん頑張ってくれました。

本帰国の辞令が出てからすぐに慌ただしく引越しなどの手配をされることになり、又3月は卒業式、終業式、そして楽器の引越しは先出し(船便等)になる方も多いので、ピアノノレッスンは1月や2月で、もしくは3月に1回だけ行って終了することになります。

さて、先月でレッスンを終了した6年生のSくん、
比較的在星が長く、ピアノも私を含め3人の先生にずっと習って頑張って来ましたよ。コツコツと真面目に頑張って練習してくれたので様々な曲をやりましたね。
”軍隊ポロネーズ”(ショパン)、”ラプソディ・イン・ブルー”(ガーシュイン)はアレンジ版をやりましたが、いつかは原曲版に挑戦して欲しいです!

発表会もそれぞれの先生のところで出演されてきたようで、私の発表会にも出て堂々と弾いてくれました。

そして平行して受験にも挑戦し見事合格!
中学では又違った楽器にも挑戦したいそう、学生時代は様々なことを楽しんでその中のうちに音楽も加えてもらえばとても嬉しいです。

お家の方もいつも細やかな気配りをいただき、気持ちよくレッスンを行えてこちらも感謝しております。

さみしいですが、シンガポールにおいて少しでもSくんのピアノ人生に貢献できたこと、ご縁があったこと、光栄に思います。
私も時々訪れる地域に住まれるので、又いつかお会いできることを願っております。
中学生になっても頑張ってね。

別れの季節・・・

いつもご覧いただきありがとうございます。

今年に入ってから春の本帰国が急に決まられた方が何人かおられ、空いているスロットが今後出てくる予定です。

ピアノレッスンをお探しの方(体験レッスンから実施)講師出張レッスンをご希望の方(アップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノ所有の方のみ)、まずはお気軽にお問合せ下さい。

尚、私内田は島内ウエスト方面の出張とさせていただいておりますが、地域や諸条件によりご希望に添いかねる場合もございますこと、ご了承下さい。

海外でのレッスン、教材は?入手方法は?

お勉強の参考書も様々ですが、ピアノ楽譜はさらに多種多様で現在もどんどんと新しいものが出版されています。
日本には”ピアノ教本研究家”なる音楽ライターさんもいらっしゃるとか。

日本に帰った時も知人からは”海外のレッスンで教材は何を使っているの?”
”日本の楽譜はそちらに売っているの?”等聞かれることもよくありますので、まずレッスンで使う教材と入手方法、私のレッスンの場合でご紹介します。

尚、使用教材名等の詳細は、又別途投稿致します。まずは

(シンガポールの楽器屋で日本の出版社の楽譜は売っているか?)

・一部書店にわずかにあるものの(ただし新しいものはない)ほとんどありません。大手楽器店も島内に数店ありますが、まず楽譜があまり充実しておらず、音楽グレードの課題曲楽譜は毎年最新のものが揃っているものの日本の楽器店・楽譜屋さんのように教則本から曲集、ポピュラー曲、連弾曲集など多種類の楽譜が充実しているような状況ではありません。

(では生徒さんはどんな楽譜を使っているか?)

・まず日本から習ってこられた生徒さんはもちろん日本の楽譜を持っていますので、そのまま続けて使用することがほとんどです。日本以外で日本人講師に習ってこられた方は日本の楽譜を使っていた人、その国で手に入れた海外楽譜、様々でした。
よっぽどレベルに合わない楽譜を使用していない限りそのまま続けて使用し、終了したら生徒さんとも話し合いながらこちらで次の日本の楽譜を指定します。

・他国で日本人以外に習ってこられた生徒さんは海外出版楽譜の使用がほとんどです。英語はもちろん中国語、ロシア語出版のものも今までありました。
そのまま終了まで使った例とやはり日本の楽譜の方がいいという生徒さんは途中でそのように変更した例と、臨機応変に対応しています。

・シンガポールにて初めてピアノを習われる生徒さんの場合は日本の教材をおすすめしております。いずれは日本に帰る方が多いこと、レッスン言語は日本語なので教材もそのほうがわかりやすいこと、親御さんも日本語教材を望まれる方が多いこと、などの理由です。

(そして日本の楽譜はどうやって手に入れているか?)

①Amazonにて購入、シンガポールへも海外送料と手数料がかかるものの在庫があれば早い場合1週間以内に届きます。
こちらが購入していただきたい楽譜を指定し情報をお知らせしますので、Amazonはじめ他のサイトからでも購入していただくことができます。

②一時帰国の際に日本で買ってきていただく。
③日本の親族から送ってもらう、もしくは親族が来星される際に持ってきてもらう。
④ご主人が日本出張の際に購入してもらう、もしくは実家に発注していたものを引きとり持って帰って来てもらう。(こちらからご主人に依頼することはございません。生徒さん側から”来月主人が出張なので何か買ってくる本があれば”などとお申し出があり、購入本を指定した例はあります)

そう頻繁に買っていただくことはありませんので、多くの場合①か②の方法です。

ピアノ教材といえば何が思い浮かびますか?
ある年代以上の方はだいたい”バイエル” ”メトードローズ”等使用していましたか?
もちろんそれらは今もありますが、現在は前述したように本当に多種多様で年々新しいものが出版されています。
でも一概に昔の教材は良くなくて新しい物のほうが良い、とは限りません。

一時帰国の時しか実際に手に取って見ながら選べないのがもどかしいですが、良いものであれば持ち帰って紹介したいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

2019年幕開け♪

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

こちらでは1月1日は祝日ですが、2日から地元の学校も仕事場も普通に始まっていき、日本のようなお正月3が日の華やかさやお祝いは特にありません。

ただ、日系スーパーもたくさんある当地ではおせち料理の材料もだいたいそろえることができますので、日本のお正月準備はできる限りやっております。


年末年始はお正月準備のかたわら日本のテレビ番組鑑賞でしたが、
お馴染みの”紅白歌合戦”、日本ではオペラ歌手・声楽家による紅白歌合戦も行われているみたいです。お客様も審査に加わり本家さながらとても面白いのだとか。

そして歌手・タレントのカウントダウンコンサート、これもクラシックコンサートでも行われております。有名なのはTV生中継もある”東急ジルベスターコンサート”(渋谷区東急文化村オーチャードホール)。

関西でも行われており、私も日本在住時にいくつか行ったことがあります。
華やかなオーケストラやソリストの演奏とともに新年の幕開けを皆さんと喜び合うのは幸せな瞬間でした。

お、TVばっかりみていないで練習、初弾きもしなくては。

今月は本帰国の準備により複数のご家庭が退会されることになっています。
寂しいですが熱心に続けてきてくれた生徒さんばかり、最後に思い出に残るレッスンをしたいと思います。

今年もあと半月弱♪

常夏の国では師走感はあまり感じられないものの、年の終わりは何かと慌ただしくはなりますね。
もう冬休みに入った学校もありますし、一足先に日本に一時帰国やバカンスに出られた生徒さんもいらっしゃったりと, 私も一応やはり”年末”を感じております(笑)

当地で指導の仕事を始めるにあたっていろいろと手続きや作業をすすめていたのは数年前のちょうど12月半ばごろだったかなぁとふと思い出しました。

そして年明けより稼働を始めたのですが、その頃からずっと長く続けて習っていただいている生徒さんも何軒かあり有難く思っております。

ただ海外居住ということで残念ながら数年経つとそろそろ本帰国や他国移動のお話もちらほらと今回聞かれるようになりました。

あと、小学校中学年、高学年から習っていただいている生徒さんは来年以降受験準備もあります。

ということで来年以降、枠に空きができる可能性がございますので、
レッスンにご興味がある方はお気軽にお問合せ下さい。

・シンガポール西部まで出張に来てくれる講師はなかなかいなく探している (ただ、移動や時間に限りがありますので、私の居住区に近い地域のお問合せから優先させていただきます)

・19時以降遅い時間のほうがよい

・子供だけでなく大人のレッスンも探している(女性のみ)

・ベテラン、子育て母講師が希望

・楽器の伴奏、ピアノ協奏曲の伴奏等もしてもらいたい(上級レヴェルも可能

などご相談下さい。

(講師は就労にあたり合法な手続きを経ております)

asuka@learning-stage.com

 

クリスマス曲もやっています

常夏の国も12月はクリスマス準備万端?!街中やお店、そして生徒さん宅もそれぞれクリスマスツリーが飾られています。
シンガポールの住居は日本に比べ広いところが多いので、大きなツリーを準備されているご家庭が多いですね。
昨日伺ったお宅では2メールほどもあるリアルもみの木が鎮座しており驚きました!クリスマス終了後は引き取ってくれるのだそうです。

さて、レッスンでは通常の練習曲に加え、気軽に弾けるクリスマスの曲をソロ・連弾含め皆さんにお渡ししています。

持っている楽譜は中・上級のアレンジが多いのですが、完全に出来なくても知っている部分だけでも、弾ける音だけでも拾っていきます。
初級者のものはこちらで購入しました。海外のクリスマスソングと日本のクリスマスソングは違うものも多いですがポピュラーなクリスマスソングは掲載されていますよ。

季節の変わり目が感じにくい当地なのでせっかくだからクリスマス曲を練習してみる、という目的の他にも気軽なよく知られた曲をさっと弾けるようにする(時間をかけて譜読み、練習をするというのではなく)、あまり時間をかけずにさらっと弾けるようになる、という力をつけたい目的もあります。

なので簡単なものが多いので楽しく気楽に弾いて欲しいです。
連弾の場合は伴奏パートが凝って素敵な(・・でもって難しい・・・)ものが多いので単純なメロディも一緒に合わすとゴージャスに聞こえます。
その伴奏パートは講師におまかせ下さい。

 

 

北欧の貴公子

大学時代、このCD写真をみてイケメンだからという理由だけで購入しました(笑)。もちろんこの中の曲を聞きたくて選んだのですが奏者のことはよく知らず、すると音大の同級生が”わぁ、ムストネンだぁ、私も好き~”と教えてくれたので、”あ、有名な奏者なのね・・・”とわかった次第。。

オリ・ムストネン(1967年~)はい、名前からして北欧のフィンランド出身。
作曲家、指揮者、ピアニスト、とマルチな活動を続けています。

そのムストネンが先月来星し、シンガポール交響楽団と超絶技巧のプロコフィエフピアノ協奏曲を共演、懐かしさのあまりすぐにチケットを購入しておりました。そのCDでは何度も聞いておりましたが実際に聞くのは初めて。
その学生時代はまさか〇年後にシンガポールで氏の演奏が聴けるなんてもちろん思ってもいなかったです。

今回は指揮者も北欧の方でした。ムストネンも端正でそれであって個性も存分に発揮された演奏、少々マニアックなプロコフィエフピアノ協奏曲2番も楽しめて観客うけも良かったと思いました。

(北欧の方は背も高く顔も小さく素敵です)

その学生時代のCDは今は日本の実家にあり残念ながら今はこちらにないので、会場で別のCDを購入しサイン会に参加しました。
上記のCDのことをお話すると氏は大変驚かれ(なにせ〇〇年以上前のものなので・・・)、喜ばれ、自分のあのCDはとても気に入っているとおっしゃっていました。
え?日本人?日本は来月、金沢で公演があるんだよ~、などなど後にお客様がたくさん並んでいたのにいろいろとお話して下さり感激でした。

アーティストによりますが、だいたいはこのようにロビーにてサイン会を開いて下さいます。
CDを購入したり、持っている人のみ、もしくは誰でもOKでプログラム等にサインをもらったり、写真撮影もほとんどはOKで、日本でも様々なアーティストにサインをいただいたりお話したことがあります。

ただ日本とシンガポールで違うのは、日本は公演終了後に行い、シンガポールではアーティストの出番終了後の休憩時間のみに行うことです。(だいたいは1部終わりの20分程度の休憩時間)

日本の時は公演終了後で人気アーティストは長蛇の列、時間がかかり終電に間に合うかハラハラしたり、冬の寒い時期は楽屋口から戸外に凍えながら並んだり、いろんな思い出がありますが今なら戸外に長時間並ぶのはちょっとツライかも・・・・

でも休憩時間の15分、20分の間だけでサインや撮影をするのもあわただしく、たぶん2部が開始しても続けているのか、もしくは打ち切っているのか、
今回は早めに番が来て2部開始までに間に合いましたが、あとの列をみているとたぶん2部が始まってもやっていたと思います。
2部の曲も聞きたい場合は悩ましいところですよね。

国によっていろいろと事情も違うので居住地のルールに合わすしかないですが、いつも気になるところです。

上記のCDが出たころは”北欧の貴公子”というキャッチフレースもあったような。現在ムストネン氏は50歳過ぎ、円熟のベテランアーティストです。
又来星して次回は上記 CDの演目もやって欲しいとお願いしておきました!